マーガレット スプリングブーケ
2014/04/21(Mon)
DSC_3541-20140417.jpg

(撮影日:2014/4/15)

最近は、通販を全然買わないのですが

先日、シクラメン シルバービューティを買った時、可愛いマーガレットが目に留まったので

思わず注文してしまいました (^_^;A

小さい苗が届くのかと思ったら・・・

DSC_3430-20140415-3.jpg

(撮影日:2014/4/15)

こんなにたくさん咲いた大きな株が届いてビックリ

箱からあふれそうです

ピンクがかったイエローで、優しい色でしょう?

花色がパステルイエローからパステルピンク、ピュアホワイトへと変化する楽しいマーガレットだそうです。

最後は、真っ白になるんでしょうか?

DSC_3434-20140415.jpg

(撮影日:2014/4/15)

箱から出して写真を撮っていたら

いつものように、誰かさんが来ました (*´艸`*)

DSC_3436-20140415.jpg

(撮影日:2014/4/15)

 「くんくん・・・」

DSC_3458-20140415.jpg

(撮影日:2014/4/15)

 「まま かわいい おはなだね~

DSC_3536-20140417-2.jpg

(撮影日:2014/4/17)

ありあわせの苗で、寄せ植えを作ってみました。

めずらしく、玄関前が華やか~ (^_^;A

DSC_3543-20140417.jpg

(撮影日:2014/4/17)

来年も残ってくれるといいんだけどなぁ・・・。

DSC_3553-20140417.jpg

(撮影日:2014/4/17)


FC2 Management
にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ

テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

【2014/04/21 23:37】 | 庭の植物 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
永山裕子さんの水彩画展が、4月24日から開催されます。
2014/04/18(Fri)
img011-4.jpg

<永山裕子さん水彩画展のお知らせ>

DVD第四弾 『永山流 水彩画法 ―永山裕子 花と静物を描く― 基本と応用』 発売記念

会期:2014年4月24日(木)~30日(水)
時間:平日11:00~19:00 土日祝11:00~18:00 (最終日11:00~17:00)

会場:テレビ朝日本社1F イベントスペース umu(ウム)
http://www.tv-asahi.co.jp/hq/umu/

東京都港区六本木6丁目9−1(地図)
http://www.tv-asahi.co.jp/hq/contents/access.html

※会期中不定期にデモンストレーションをされるそうです。

img012.jpg

DSC_3484.jpg

この案内状、すごく大きいんです

DSC_3487-2.jpg

右下が、普通の大きさのハガキ・・・。

今回のは、B5サイズですね。

このまま壁に飾りたくなります。

今回、桜の絵もたくさん描かれたようですが

とても素晴らしい動画も、YouTubeにUPされました。

の花が、生き生きと浮き上がって来る様子が、ほんとうに感動します



お近くの方は、是非お立ち寄りくださいね。


にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2014/04/18 13:21】 | 趣味、芸術 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
コンテナシクラメン シルバービューティー 
2014/04/17(Thu)
DSC_3483-20140416-2.jpg

(撮影日:2014/4/16)

先日、アフロディーテをUPした時に、シルバービューティの話が出ましたが

ブロ友さんから通販サイトに、シルバービューティが残っているという情報をいただきました

早速、「出来れば赤花が希望」と書いて注文したのですが、残っていなかったのでしょうね。

とても立派なたくさん花の付いた株が届いたのですが

残念ながら、アフロディーテとそっくりな白と赤のバイカラーでした。

DSC_3489-20140416.jpg

(撮影日:2014/4/16)

でも、この2つ、イメージが全然違うんです。

並べてみると、シルバービューティは、アフロディートより葉っぱもお花も格段に小さいです。

専門的なことはわかりませんが

アフロディーテが、クリスマスやお正月のギフト用にも出回るような普通種で

シルバービューティは、原種シクラメンに近いDNAが入っているような気がします。

葉色は、アフロディーテの方が白っぽいです。

DSC_3485-20140416.jpg


(撮影日:2014/4/16)

可愛いですね。

わたしは、小さいシルバービューティの方が好きです

DSC_3494-20140416.jpg

(撮影日:2014/4/16)

アフロディーテは咲き進んでくると、白い部分にもピンクがにじんできますが

シルバービューティもそうなのでしょうか?

下からのぞくと、ポッとはにかんだようなピンクが可愛いです

まだまだたくさん蕾の付いた、いい株を送っていただきました

どちらも、来年も咲いてくれるように、頑張って夏越しさせたいと思います

乙葉5号さん、ご紹介ありがとうございました


にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ

テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

【2014/04/17 14:58】 | 球根植物 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
キルタンサス2014
2014/04/13(Sun)
DSC_2895-20140404-8.jpg

(撮影日:2014/4/4)

キルタンサス
(学名)Cyrtanthus mackenii
(英名)Fire lily
ヒガンバナ科キルタンサス属
半常緑多年草
草丈:30~50cm
開花期:晩秋~春
原産地:南アフリカ

今年も、キルタンサスが咲きました。
たくさん咲いて綺麗だったので、いつも2階テラスで人知れず咲かせているのですが、今年は下の玄関先に持って降りました。

我が家の前庭は、道路に面しているので、水遣りとか作業をしている時に、声を掛けられることが、時々あります。
以前からご近所の方で、この植物は何という名前ですか?と、よく聞かれる方がいらっしゃり、先日も、いくつかの植物の名前を聞かれたのですが、キルタンサスが、どうしても思い出せませんでした
植物の名前、忘れることがよくあります
植物園でもあるまいし、ボケ防止に、自分の庭に植えてある植物の名前くらい覚えておくべきですが、名札を付けておかないといけないなぁと、いつも思います
その方は、名前だけでなく、これは何科ですか?とも聞かれる勉強家で、この日も、メモ用紙を探して来られて、忘れないようにいろいろ書き留められていました

CIMG5953-20090301_20140413131642dcc.jpg

(撮影日:2009/3/1)

キルタンサスの記事をUPする度に、張り付ける写真ですが

お迎えした時の苗・・・

2009年2月28日に行った京都府立植物園のイベントで買いました。

DSC_0114-20100127.jpg

(撮影日:2010/1/27)

咲き始めの写真しか撮っていませんでしたが

2年目、2010年の様子・・・

ショボイけど、何とか咲いてくれました

DSC_7671-20110427_201404131329391d4.jpg

(撮影日:2011/4/27)

3年目、2011年の写真・・・。

この年は、花茎が1本しか上がらなかったので、これはまずいと思い

花後、鉢増しをしました。

DSC_5380-20120313.jpg

(撮影日:2012/3/13)

4年目、2012年の写真・・・。

植え替えが、功を奏して、花数が増しました

DSC_3178-20130318-2.jpg

(撮影日:2013/3/18)

5年目、2013年。

ますますたくさん咲きました

余談ですが・・・

左に写っているカラスバヒメリュウキンカは、2005年に買って毎年元気に咲いてくれる

とても優秀なお花だったのですが

花後は、地上部がなくなるので、鉢の整理をした時に、知らずに土ごと処分をしてしまったのか

ほんとうに枯れてしまったのか、いつの間にやらいなくなってしまいました

ガックリ・・・

DSC_2889-20140404-3.jpg

(撮影日:2014/4/4)

カラスバヒメリュウキンカの話は、ともかくとして・・・

6年目、今年のキルタンサス。

たくさん咲いてくれました

DSC_2884-20140404.jpg

(撮影日:2014/4/4)

来年も咲いてくれるように、大事に育てたいと思います。

あ、我が家のキルタンサスは、灼熱の2階テラスに一年中置いたままで

水やりもサボりまくっていた時期もありますが、とても元気で丈夫です


にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ

テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

【2014/04/13 15:13】 | 球根植物 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
シクラメン プラチナリーフ アフロディーテが咲きました。
2014/04/10(Thu)
DSC_1583-20131127-5.jpg

(撮影日:2013/11/27)

最近は、園芸店に行っても、見境なく苗を買うことはなくなったのですが・・・

昨年の11月に、横浜の井上まゆ美さんが、関西にいらっしゃった時に

(その時の記事は、こちら

あいあいパークだったか、陽春園だったか忘れてしまいましたが

めちゃめちゃプラチナリーフで、気になったシクラメンがあったので、つい買ってしまいました

DSC_3210-2014.jpg

ラベルに、アフロディーテという名前が書いてありました。

シクラメン プラチナリーフ アフロディーテ
Cyclamen persicum 'Aphrodite'
サクラソウ科シクラメン属
半耐寒性球根植物
開花期:秋~春
草丈・株の広がり:10~20㎝
主な用途:花壇・鉢植え・プランター・寄せ植え
植え付け:花壇植えは、10~20㎝間隔が目安
       直径30㎝鉢(3~4ポット)、65㎝プランター(4~5ポット)
用土:水はけの良い土
肥料:生育期には、2週間に1度液肥を与えます。
置き場所:日当たりを好みます。
水やり:土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

ラベルの裏に書いてあることを書き写してみました
葉っぱの美しさだけで買ったのですが、どんな花が咲くのかなと調べてみると、なんと、「花色はお任せとなります。」と書いてあるではありませんか
ガーン
変な色(ってどんな色?^^;)が咲いたらどうしよう・・・
まあ、葉っぱが綺麗だからいいか・・・

DSC_2340-20140303.jpg

(撮影日:2014/3/3)

と思っていたら・・・

年が明けて、3月に蕾が上がって来ました。

どうやら白っぽい・・・

ドピンクが咲いたらどうしようと思っていたみたいですσ( ̄∇ ̄;)

DSC_2342-20140303.jpg

(撮影日:2014/3/3)

実はこの葉っぱ、すごいプラチナと思って買ったのですが

我が家の原種シクラメン ヘデリフォリウムの葉っぱと、そっくりな色でした

ヘデリフォリウムも、結構なプラチナリーフなんですね。

水やりをサボっていたせいか、葉っぱがゴワゴワしています

P1050258-20091015.jpg

(撮影日:2009/10/15)

ヘデリフォリウムは、↑こんなお花・・・。

可愛らしくて大好きです

2006年に開催された京都府立植物園の「春を告げる植物展」で買ったのですが

(その時の記事は、こちら

我が家では、どんなに放置プレーをしていても、毎年元気に咲いてくれるお利口さんです

こちらは、秋咲きになります。

DSC_2727-20140327.jpg

(撮影日:2014/3/27)

そして、アフロディーテは↑こんなお花が咲きました。

なかなか可愛いお花です

DSC_2737-20140327-2.jpg

(撮影日:2014/3/27)

よく見ると、ヘデリフォリウムの葉っぱの方が、緑色っぽいです。

DSC_2743-20140327-2.jpg

(撮影日:2014/3/27)

プラチナリーフのシクラメンは、大株の贈答用のものは、とても高価ですが

「美しい銀葉のシクラメンをもっと身近に楽しんでほしい」というコンセプトから

ポット苗・ガーデン向けにも対応できるように工夫され商品化となったそうです。

DSC_3200-20140410-3.jpg

(撮影日:2014/4/10)

来年も咲いてくれるように、大切に育てたいと思います。

追記4/12
そうそう!
プラチナリーフのシクラメンは、chikoさんも買われて、昨年末、葉牡丹の寄せ植えに使われていました。
その時は、お店で咲いたものを買われたようですが、白い葉っぱに、こっくりとした赤い花が、とても似合っていて、わたしのシクラメンも、こんな花が咲いたらいいなぁとコメントしたのですが、名前が、シルバービューティーというものだったので、品種が違うのかな?
赤い花は、残念ながら咲きませんでしたが、もし、こんな渋い赤の花が咲いたものにめぐり合えたら、わたしも育ててみたいなと思います。

chikoさんの記事は、↓こちらです。
2013年12月2日「葉牡丹を寄せました。」
にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ

テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

【2014/04/10 15:32】 | 球根植物 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
| メイン | 次ページ