キルタンサス2014
2014/04/13(Sun)
DSC_2895-20140404-8.jpg

(撮影日:2014/4/4)

キルタンサス
(学名)Cyrtanthus mackenii
(英名)Fire lily
ヒガンバナ科キルタンサス属
半常緑多年草
草丈:30~50cm
開花期:晩秋~春
原産地:南アフリカ

今年も、キルタンサスが咲きました。
たくさん咲いて綺麗だったので、いつも2階テラスで人知れず咲かせているのですが、今年は下の玄関先に持って降りました。

我が家の前庭は、道路に面しているので、水遣りとか作業をしている時に、声を掛けられることが、時々あります。
以前からご近所の方で、この植物は何という名前ですか?と、よく聞かれる方がいらっしゃり、先日も、いくつかの植物の名前を聞かれたのですが、キルタンサスが、どうしても思い出せませんでした
植物の名前、忘れることがよくあります
植物園でもあるまいし、ボケ防止に、自分の庭に植えてある植物の名前くらい覚えておくべきですが、名札を付けておかないといけないなぁと、いつも思います
その方は、名前だけでなく、これは何科ですか?とも聞かれる勉強家で、この日も、メモ用紙を探して来られて、忘れないようにいろいろ書き留められていました

CIMG5953-20090301_20140413131642dcc.jpg

(撮影日:2009/3/1)

キルタンサスの記事をUPする度に、張り付ける写真ですが

お迎えした時の苗・・・

2009年2月28日に行った京都府立植物園のイベントで買いました。

DSC_0114-20100127.jpg

(撮影日:2010/1/27)

咲き始めの写真しか撮っていませんでしたが

2年目、2010年の様子・・・

ショボイけど、何とか咲いてくれました

DSC_7671-20110427_201404131329391d4.jpg

(撮影日:2011/4/27)

3年目、2011年の写真・・・。

この年は、花茎が1本しか上がらなかったので、これはまずいと思い

花後、鉢増しをしました。

DSC_5380-20120313.jpg

(撮影日:2012/3/13)

4年目、2012年の写真・・・。

植え替えが、功を奏して、花数が増しました

DSC_3178-20130318-2.jpg

(撮影日:2013/3/18)

5年目、2013年。

ますますたくさん咲きました

余談ですが・・・

左に写っているカラスバヒメリュウキンカは、2005年に買って毎年元気に咲いてくれる

とても優秀なお花だったのですが

花後は、地上部がなくなるので、鉢の整理をした時に、知らずに土ごと処分をしてしまったのか

ほんとうに枯れてしまったのか、いつの間にやらいなくなってしまいました

ガックリ・・・

DSC_2889-20140404-3.jpg

(撮影日:2014/4/4)

カラスバヒメリュウキンカの話は、ともかくとして・・・

6年目、今年のキルタンサス。

たくさん咲いてくれました

DSC_2884-20140404.jpg

(撮影日:2014/4/4)

来年も咲いてくれるように、大事に育てたいと思います。

あ、我が家のキルタンサスは、灼熱の2階テラスに一年中置いたままで

水やりもサボりまくっていた時期もありますが、とても元気で丈夫です


FC2 Management
にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ

テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

【2014/04/13 15:13】 | 球根植物 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
シクラメン プラチナリーフ アフロディーテが咲きました。
2014/04/10(Thu)
DSC_1583-20131127-5.jpg

(撮影日:2013/11/27)

最近は、園芸店に行っても、見境なく苗を買うことはなくなったのですが・・・

昨年の11月に、横浜の井上まゆ美さんが、関西にいらっしゃった時に

(その時の記事は、こちら

あいあいパークだったか、陽春園だったか忘れてしまいましたが

めちゃめちゃプラチナリーフで、気になったシクラメンがあったので、つい買ってしまいました

DSC_3210-2014.jpg

ラベルに、アフロディーテという名前が書いてありました。

シクラメン プラチナリーフ アフロディーテ
Cyclamen persicum 'Aphrodite'
サクラソウ科シクラメン属
半耐寒性球根植物
開花期:秋~春
草丈・株の広がり:10~20㎝
主な用途:花壇・鉢植え・プランター・寄せ植え
植え付け:花壇植えは、10~20㎝間隔が目安
       直径30㎝鉢(3~4ポット)、65㎝プランター(4~5ポット)
用土:水はけの良い土
肥料:生育期には、2週間に1度液肥を与えます。
置き場所:日当たりを好みます。
水やり:土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

ラベルの裏に書いてあることを書き写してみました
葉っぱの美しさだけで買ったのですが、どんな花が咲くのかなと調べてみると、なんと、「花色はお任せとなります。」と書いてあるではありませんか
ガーン
変な色(ってどんな色?^^;)が咲いたらどうしよう・・・
まあ、葉っぱが綺麗だからいいか・・・

DSC_2340-20140303.jpg

(撮影日:2014/3/3)

と思っていたら・・・

年が明けて、3月に蕾が上がって来ました。

どうやら白っぽい・・・

ドピンクが咲いたらどうしようと思っていたみたいですσ( ̄∇ ̄;)

DSC_2342-20140303.jpg

(撮影日:2014/3/3)

実はこの葉っぱ、すごいプラチナと思って買ったのですが

我が家の原種シクラメン ヘデリフォリウムの葉っぱと、そっくりな色でした

ヘデリフォリウムも、結構なプラチナリーフなんですね。

水やりをサボっていたせいか、葉っぱがゴワゴワしています

P1050258-20091015.jpg

(撮影日:2009/10/15)

ヘデリフォリウムは、↑こんなお花・・・。

可愛らしくて大好きです

2006年に開催された京都府立植物園の「春を告げる植物展」で買ったのですが

(その時の記事は、こちら

我が家では、どんなに放置プレーをしていても、毎年元気に咲いてくれるお利口さんです

こちらは、秋咲きになります。

DSC_2727-20140327.jpg

(撮影日:2014/3/27)

そして、アフロディーテは↑こんなお花が咲きました。

なかなか可愛いお花です

DSC_2737-20140327-2.jpg

(撮影日:2014/3/27)

よく見ると、ヘデリフォリウムの葉っぱの方が、緑色っぽいです。

DSC_2743-20140327-2.jpg

(撮影日:2014/3/27)

プラチナリーフのシクラメンは、大株の贈答用のものは、とても高価ですが

「美しい銀葉のシクラメンをもっと身近に楽しんでほしい」というコンセプトから

ポット苗・ガーデン向けにも対応できるように工夫され商品化となったそうです。

DSC_3200-20140410-3.jpg

(撮影日:2014/4/10)

来年も咲いてくれるように、大切に育てたいと思います。

追記4/12
そうそう!
プラチナリーフのシクラメンは、chikoさんも買われて、昨年末、葉牡丹の寄せ植えに使われていました。
その時は、お店で咲いたものを買われたようですが、白い葉っぱに、こっくりとした赤い花が、とても似合っていて、わたしのシクラメンも、こんな花が咲いたらいいなぁとコメントしたのですが、名前が、シルバービューティーというものだったので、品種が違うのかな?
赤い花は、残念ながら咲きませんでしたが、もし、こんな渋い赤の花が咲いたものにめぐり合えたら、わたしも育ててみたいなと思います。

chikoさんの記事は、↓こちらです。
2013年12月2日「葉牡丹を寄せました。」
にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ

テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

【2014/04/10 15:32】 | 球根植物 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
連日、地味な作業をしています (;´Д`)
2014/04/05(Sat)
DSC_2692-20140327.jpg

(撮影日:2014/3/27)

次女の庭の華やかなレポートに引き続き、地味な話題で申し訳ありません

我が家には、2階にテラスがあるのですが、完全なバックヤードで

お見せするのは、恥ずかしい場所です

大小たくさんの鉢があり、宿根草や花木を置いているのですが

長年植え替えをサボっていたので、一大決心

3月終わりから毎日毎日、鉢の点検と整理、植え替えに明け暮れています

写真にならない地味~な作業ですが

実はガーデニングでは、水遣り以外で、これが一番大切な作業だったりします。

DSC_2983-20140404.jpg

(撮影日:2014/4/4)

全体は↑こんな感じ・・・。

の数、すごいでしょう?

この鉢を少しでも減らすのも、目的のひとつです。

当たり前の話ですが、狭い庭では育てられる植物に限りがあります

右は、ちゃんとしたテラスなのですが

左のスペースは、玄関の上の単なる屋根の上です

P1020600-20090611-2.jpg

(撮影日:2009/6/11)

ご存知の方も多いと思いますが、↑こんな柵なし禁断スペース・・・

も人間も、落ちたら大変です

左は、ジャカランダ。

CIMG4780-20071007-2_201404050824095d0.jpg

(撮影日:2007/10/7)

きっかけは、南向きの大きな窓が暑いので、少しでも日陰を作るため

を置いてはどうかということで

2007年、当時お隣に住んでいたご主人が、家にたくさんあったシマトネリコの木

ここに鉢植えにして置いてくださいました。

DSC_9382-20110720.jpg

(撮影日:2011/7/20)

その後、ここに置いていたカンナ ベンガルタイガー

DSC_9449-20110721_20140405003613a43.jpg

(撮影日:2011/7/21)

2009年からこの鉢に植えていたのですが

プラスチックの鉢が、根っこで割れていることに、以前から気が付いていました

今年は、どうしても植え替えようと思い切りました

DSC_2827-20140402.jpg

(撮影日:2014/4/2)

見よ

この根っこの威力

こんなに鉢が割れていても、元気に咲いていたのですから、植物の力ってほんとにすごいです

って言うか、ここまで放置しているわたしもわたしです・・・

言い訳ですが

2004年にこの家を建ててから10年の間に、義父、自分の母、義母を見送り

主人の大病を経験して、物理的にも精神的にも、十分な園芸作業の時間を取れなかったのも

やっぱ事実かなぁ・・・

そんな言い訳はともかく・・・

植物の神様にあやまりながら 必死で鉢から株を引きずり出してみると・・・

DSC_2840-20140402.jpg

(撮影日:2014/4/2)

大きな鉢(13号)を買って来たつもりなのですが

元の鉢の方が大きいのに気が付き これ以上大きな鉢も置けないので

DSC_2841-20140402.jpg

(撮影日:2014/4/2)

急遽、株を半分以下に、ノコギリでガシガシ切り分けたものを植え付けることにしました。

切った方は、さらに切り分けて、3人の花友さんたちにもらっていただきました。

みなさんのところでも、元気に育って楽しんでいただけたらとても嬉しいです

DSC_2797-20140331.jpg

(撮影日:2014/3/31)

そんなこんなで、ひとつずつ鉢をチェックして、枯れたものは処分したり鉢増しをしたり

前庭に植えられるものは持って降りたり

故きを温ねて新しきを知る・・・という地道な作業を連日繰り返しています

植物の神様にあやまりながら・・・

クリスマスローズたちも、恥ずかしながら古いものは8年以上も植え替えていないので

今年こそは秋に全部植え替えてやらなければと、固く決意をしています

しかし、それでも咲いているのですから、クリスマスローズって、丈夫な品種はほんとに丈夫ですね

DSC_2967-20140404-2.jpg

(撮影日:2014/4/4)

庭作業をゆきちゃんが見守ってくれていました

DSC_2970-20140404-2.jpg

(撮影日:2014/4/4)

「まま がんばってるね~

と言ってくれていることにしよう・・・ (^_^;A 
にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2014/04/05 12:38】 | 庭の植物 | トラックバック(0) | コメント(26) | page top↑
次女の家の庭づくり(その3)
2014/03/30(Sun)
DSC_2809-20140329.jpg

(撮影日:2014/3/29)

次女の家の庭づくりをその後全然UPしていませんでした

枯らしたらどうしようかと、ドキドキするとか言ってましたが

久しぶりに行ったら、なかなか頑張って水遣りしてくれてましたよ~

↑この寄せ植えは・・・

DSC_2242-20140217-2.jpg

(撮影日:2014/2/17)

植え付けた時は、こんな感じでしたが

ちゃんと咲いてきてくれて、ホッとしました (〃´o`)=3 フゥ

DSC_2811-20140329.jpg

(撮影日:2014/3/29)

2つ並んでいるので、↑こんな感じ・・・

DSC_2196-20140217.jpg

(撮影日:2014/2/17)

ツインのポットに植えたマーガレットも

風でひとつ落ちて割れちゃったらしいですが

同じものを買って来て、植え替え・・・

DSC_2814-20140329-6.jpg

(撮影日:2014/3/29)

もりもりに咲いてきてくれました

DSC_2040-20140206-3.jpg

(撮影日:2014/2/6)

そして、これもUPしていませんでしたが

2月の始めに、次女夫婦が買って来た一輪車に寄せ植えをしてみました。

DSC_2045-20140206-2.jpg

(撮影日:2014/2/6)

一輪車に直接植えるのではなく、黒ポットに植えたものを寄せています。

レンガは、次女の旦那さんが敷いてくれました。

DSC_2231-20140217-2.jpg

(撮影日:2014/2/17)

それから、次女の旦那さんのお母様はアンティークものがお好きで

寄せ植えを置いた大きなミルクポットや

ツインのマーガレットを置いたブリキの花台も、お母様のところでいただいたものらしいのですが

↑この水道の蛇口が付いた置き物も、いただいてきたそうです。

寄せ植えを置いてみました。

DSC_2840-20140329-3.jpg

(撮影日:2014/3/29)

そんなこんなで、玄関周りは、こんな感じです

次女は、始めはお花を育てたことがないから常緑で、水遣りの楽なものと言っていたので

カラーリーフの宿根草や多肉を中心に植えるつもりでしたが

お花を植えると、やはり可愛いなぁと言い

結局、一年草いっぱいのこのようなカラフルガーデンになりました (^_^;A

次女は、今のところ頑張って水遣りをしてくれているようですが

今後はどうするか、一緒に考えていければいいなと思っています。

DSC_2832-20140329-3.jpg

(撮影日:2014/3/29)

最初に植え込みをした小さな植え込みも、順調に育っていますよ~。

DSC_1334-20131221-2.jpg

(撮影日:2013/12/21)

そして、まだまだ手付かずの裏庭ですが・・・

↑引っ越した当時の裏庭

DSC_2790-20140329-2.jpg

(撮影日:2014/3/29)

作業道具を入れる小屋を作りたいということで

いつもお世話になっている元お隣のご主人に、小屋づくりをお願いしています。

最初は小さいものかと思っていましたが

結構大きなものが希望とのことで、6畳くらいの大きさがあるんですよ

まだまだ基礎工事の段階で、どんなものになるのか、これから楽しみです。

DSC_2787-20140329-2_201403301333199e1.jpg

(撮影日:2014/3/29)

また、前々から野菜が作ってみたいと言っていましたが

裏庭の一角に、キッチンガーデンのスペースも、旦那さんが作っていました。

昨日は、レンガが足りないと言って、ふたりで買い物に行っていましたよ~

いろいろと楽しみですね

DSC_2815-20140329.jpg

(撮影日:2014/3/29)


にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2014/03/30 13:50】 | 次女の家の庭づくり | トラックバック(0) | コメント(24) | page top↑
4本目のNZパープル、やっと切りました (;´Д`)
2014/03/23(Sun)
DSC_2541-20140319-2.jpg

(撮影日:2014/3/19)

2月11日に、3鉢のNZパープルを切り、後1鉢だけ残っていた株を

やっと切りました

風雪に耐えたNZパープル・・・

たくさん付いている蕾は、暖かくなったら花が咲くかもしれませんが

下葉が枯れて、スカスカになっているので、切るのが正解ですね

DSC_2555-20140319.jpg

(撮影日:2014/3/19)

バッサリ・・・

DSC_2553-20140319-2.jpg

(撮影日:2014/3/19)

あ・・・長さ、測るの忘れちゃった・・・

DSC_2560-20140319.jpg

(撮影日:2014/3/19)

幹は、↑こんなに太いです。

まるで木ですね

ゴミ袋に入れるのに、ノコギリで切るのも大変・・・

植え替えようかなとも思いましたが

めんどうなので、もう一年このままでいくことにしました

DSC_2086-20140211.jpg

(撮影日:2014/2/11)

そして、この真ん中の二股になった株を前庭に地植えにしてみることにしました。

DSC_2490-20140318.jpg

(撮影日:2014/3/18)

もっと深く掘る方がいいと思うのですが、これくらいが限界・・・

さて、植えようかと思ったら、鉢から苗が抜けません

DSC_2494-20140318.jpg

(撮影日:2014/3/18)

裏返してみると、鉢底から根っこが出ているのですが

が食い込んでいるので、どうにもこうにも、びくともしません

飛び出た根っこをノコギリで切ろうと試みたのですが、無理だったので・・・

DSC_2496-20140318.jpg

をロールケーキを切るように、切ってしまいました

プラ鉢だから出来たことですね。

陶器なら割らないといけない・・・

どっちにしても、この鉢は、もう使えなくなりましたが・・・

DSC_2506-20140318.jpg

(撮影日:2014/3/18)

何とか、無事植え込むことが出来ました (;´Д`)

DSC_2631-20140323.jpg

(撮影日:2014/3/13)

そして、バッサリとみんな地上部を切ってしまいましたが

昨年からの4株には、全部新芽が見えていますので、たぶん無事越年してくれたと思われます

種をお送りしたみなさんは、4月、桜の咲く頃から種まきが出来るようですので

どうぞ挑戦してみてくださいね。

ヒマ(トウゴマ)の詳しい育て方は、こちら↓をご覧ください。

http://happamisaki.jp-o.net/flower/t/tougoma.htm

それで、7月から9月までの間に種を収穫してお分けした後、もう花はおしまいかと思っていましたが

その後も花が咲き、種を収穫しました。

DSC_1609-20131128.jpg

(撮影日:2013/11/28)

昨年、11月終わりの風景・・・。

この後、寒さが来るというので、付いていた花穂を切り取って室内に取り入れました。

DSC_1626-20131128-2.jpg

(撮影日:2013/11/28)

この時、切り取った花穂・・・。

室内に置いていたら、パチンパチンと、大きな音を立てて弾けてびっくりしました

DSC_1651-20131206-2.jpg

(撮影日:2013/12/6)

部屋中、どこに飛んで行ってしまうかわからないので

↑こんなふうに、ザルで工夫して、キャッチしました。

始めは、ビニール袋の中に入れていたのですが

乾燥を進めるためには、ビニール袋ではない方がいいように感じたので

風通しがいいザルに変えてみました。

DSC_1690-20131209.jpg

(撮影日:2013/12/9)

こんな感じで、室内で追熟した種で、発芽率の程はわかりませんが

見た目は、遜色がないように思われます。

これでもよろしければ、お送りすることが出来ますので

もし、まだ欲しいと思う方がいらっしゃいましたら

前回同様、コメント欄の「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて

住所やお名前を教えてくださいね。

お送りさせていただきたいと思います

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村 花ブログ 花木・庭木へ にほんブログ村 花ブログ 宿根草・多年草へ

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2014/03/23 14:42】 | ヒマ(トウゴマ) | トラックバック(0) | コメント(66) | page top↑
| メイン | 次ページ