小野竹喬展に行って来ました。

DSC_0007-20091215.jpg

(撮影日:2009/12/15)以下同

今日12月15日、主人、義母、義妹と一緒に、大阪市立美術館で開催されている小野竹喬(おのちっきょう)展へ行って来ました。
小野竹喬(1889-1979)は、岡山県笠岡市に生まれ、近現代日本画を代表する日本画家です。
14歳から89歳に至る75年間の画業を通して、日本の自然の美しさを描き続けました。

2009年は、竹喬の生誕120年にあたり、これを記念して、初公開作品11点を含む本制作119点と、スケッチ52点が展示されました。

DSC_0008-20091215.jpg

最初の写真から後ろを振り返ると、正面に東京タワーならぬ、大阪の通天閣がそびえます。

DSC_0014-20091215.jpg

今回の展示会は、1999年に行われた生誕110年・没後20年記念展以来
10年ぶりとなる大回顧展とのこと。
出品数の多さは、過去最大だそうです。

DSC_0021-20091215.jpg

↑買って来た絵葉書です。
展示会は、色彩も線の美しさもほんとうに素晴らしく、大変見応えのあるものでした。
義母は、趣味で日本画を描くのですが、東山魁夷よりこちらの方が好きだと言っていたくらいです。
義妹も主人も、絶賛でした。

展示会は、大阪の後、新春には岡山、春には東京でも開催されるようです。
詳しくは、下のサイトをご覧くださいね。

生誕120年 小野竹喬展(NHKプロモーション)←今後のスケジュールは、こちら
大阪市立美術館 生誕120年小野竹喬展
小野竹喬の画像検索
小野竹喬 岡山県笠岡市公式ホームページ

DSC_0010-20091215.jpg

最後の紅葉?
モミジが綺麗に紅葉していました。

明日から、関西もかなり寒くなるようです。
日本海側では、大雪のところもあるとか・・・。
今年は、暖かい日が多く、なかなか冬らしい感じがしませんでしたが
今日は、今年初めて、家の中でセーターを出して着ました

皆様、風邪など引かれませんように・・・

 趣味、芸術

26 Comments

tg戸笠  

立派な美術館ですね。
私の母も日本画を描いておりますが、ニカワを溶かして岩絵の具を作りながらの作業…スゴイなぁって見ております。
近くで見るとザラザラしてて独特です。

小野竹喬さんの6点の葉書を見ると、全てタッチが違うような感じがするのは私だけでしょうか?
どの絵でも画風が似てくるのが普通だと思うのですが、いろんな顔をお持ちなんでしょうね。
尊敬しますねぇ。

料理に関しては、凛さんのレシピに頼っているtg戸笠でした~。

2009/12/15 (Tue) 19:41 | REPLY |   

Katsuya.T  

実は

日曜から風邪ひいて寝てたりします(^^ゞ
しかも、タイヤ交換二台で筋肉痛・・・弱ってる時にするもんじゃないですね(笑)
皆さんは、風邪引かないように気をつけて下さいねー!

2009/12/15 (Tue) 21:39 | EDIT | REPLY |   

クロはち  

芸術家一家で 展示会ね(* ^ー゚)
日本画はヤッパリ落ち着くわ~
深みのある色彩は 淡々とした中にも迫力ありますね

2009/12/15 (Tue) 21:47 | REPLY |   

tearose  

いいですね

ご家族で美術館に行かれるなんて素敵ですね~
お母様日本画をなさるのですね

私は始めて見せていただきました。
本当に画風がいろいろで面白いですね。
右列真ん中の絵とみーさん撮影の紅葉の画像上半分同じ色彩ですね~

東山魁夷には母の苦い思い出が絡みます。
親戚の関係で行った着物の展示会で東山魁夷の留袖を奮発したのは良かったのですが
出来上がると 裁ち間違いで絵柄が逆さま それを言うに言われず嘆いていました。
なんかその思い出が邪魔をして毎年新聞社から送ってくる東山魁夷のカレンダー
掛けたことがありません。
新聞社もたまには目先変えて小野竹喬さんとかにしてくれればいいのに…

2009/12/15 (Tue) 22:17 | EDIT | REPLY |   

みー  

★tg戸笠さん

お~!
tg戸笠さんのお母様も、日本画を描かれるのですか?
日本画は独特ですよね。
義妹は油絵を描くのですが
同じ絵でも、絵の具が違いますね。

買って来た絵葉書、ほんと雰囲気の全然違うものに見えますね。
事実、作風が、いろいろで、とても興味深かったですよ。
竹喬の世界は、二つの頂点があるそうです。
セザンヌの影響により、洋画的手法を果敢に取り入れた30歳前後の時代と
日本の大和絵を新たに解釈し、象徴的な世界に到達した晩年の時代だそうです。
日本画の原点は、やはり墨絵だと
墨絵を極めた時期もあるようです。

晩年、87歳の時に描かれた絵の多さには、目を見張りました。
老いてなお、盛んな芸術への情熱を感じました。

凛さんのブログ、素晴らしいですね。
お料理の達人だなぁ・・・。
尊敬しちゃうわ。
tg戸笠さんのことも、大尊敬~!

2009/12/15 (Tue) 22:51 | EDIT | REPLY |   

みー  

★Katsuya.Tさん

あらら!
Katsuyaさん、風邪引かれたのですか?
体調の悪い時に、重労働は止めといた方がいいですよね。
え~っ!
しかも、タイヤ交換、一台かと思ったら二台もされたのですか?
自分のと奥様の車かな?
それは大変でしたね。
確かに、今週は寒くなると言いますので、準備が必要だったとは思いますが・・・。

どうぞ、お大事になさって、早く治りますように・・・。

2009/12/15 (Tue) 23:03 | EDIT | REPLY |   

kuriko  

美術館、良いですね!
絵ハガキも素敵だけど、みーさんの紅葉も良いねぇ~
場所はみーさんちから近いの?
紅葉狩りはそろそろ出来ないから、今度は美術館巡りかしら~
親孝行はしといた方が良いもんね。笑

2009/12/15 (Tue) 23:08 | EDIT | REPLY |   

みー  

★クロはちさん

芸術家一家さなんて、お恥ずかしいわぁ・・・(;´ω`)ゞ
日本画は、ヤッパリ落ち着くよね。
わたしも、大好きです。
色彩、素晴らしかったですよ~。
大きな絵は、迫力満点でした。

2009/12/15 (Tue) 23:09 | EDIT | REPLY |   

みー  

★tearoseさん

母が日本画、妹が油絵をするので、美術館はよく行くのですよ。
わたしは、おまけですが・・・(^^;)

小野竹喬、初めてご覧になりましたか?
知ったか振りに書いてますが
実は、わたしも知りませんでした(´▽`;)ゞ
でも、ほんとうに行って良かったと思う、素晴らしい展示会でしたよ。

そうそう!
絵葉書の絵と、わたしの写した紅葉の色彩が、似ているでしょう?
よく気が付いてくださいましたね。
ありがとうございます。

東山魁夷に、そんな辛い思い出がおありになったとは・・・。
留袖の絵柄が逆さまだったなんて、愕然でしたね。
お母様、どんなにかお嘆きだったことでしょう!
カレンダーも、掛ける気にはなれませんね。
そうそう!
義母は、竹喬のカレンダーを買っていましたよ。
とても素敵でした。

2009/12/15 (Tue) 23:25 | EDIT | REPLY |   

みー  

★kurikoさん

美術館、いいねぇ。
紅葉も、いい?
ありがとう~♪(´▽`;)ゞ

場所はね、うちから車で1時間以上かかるかな?
でも、大阪の街をドライブ出来て、山もいいけど都会もいいなぁと思いました♪
どっちでもいいんかい・・・ (≧艸≦)ぷぷ

そうそう!
紅葉狩りは、もうおしまいだから、次は美術館巡りだね。
親孝行なことです(^^;)
何をやってるとか、場所を調べたりは、わたしの役目です( ̄∇ ̄;)

2009/12/16 (Wed) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Yu  

おはようございます

日本画、素敵ですね。
出品数が多くて、見ごたえがあったでしょうねv-410
私は何年か前に、近場の画廊で‘日本画1日講習’っていうのに行ったことがあります。
ハガキ大の大きさの・・・台紙?なんだろ?v-408菖蒲の絵を描きました。
ニカワを溶かしたり、絵の具を混ぜたり・・・おもしろかったです。
展覧会のような大きな絵を描くのは、大変だな~~~v-356
絵葉書・・左下の絵が好きですv-398
まだ、モミジが見られてv-34オマケ付きで、よかったですね~v-432

昨日の夜から、冷えてきましたね~~~e-191

まだ大掃除しなきゃいけないから、風邪ひけないわ。・・・・いや・・・
ひいたら、掃除しなくても・・・・アカン、アカンe-329e-281

2009/12/16 (Wed) 08:59 | EDIT | REPLY |   

みー  

★Yuさん

おはようございます~!
Yuさんも、日本画一日講習、行ったことあるのですか?
絵心があるから、ちょちょいのちょいだったでしょうねv-218
でも、大きな絵は、描くの大変だろうなと思います。
竹喬は、87歳の時に描いた絵が、たくさん展示してあって
巨大な絵はないにしても、老いてなおすごい芸術活動だなぁと、感心しましたv-424v-405

絵葉書、左下のが好きですか?
素敵ですよねv-300
モミジの紅葉も見れて、よかったですよ~v-221

今週は、寒くなるようです。
風邪引かないように、気を付けてくださいね。

2009/12/16 (Wed) 10:16 | EDIT | REPLY |   

haniwa  

ご家族で行かれるなんていいですね。
皆さん絶賛なんて ぜひ竹橋にいかなくては~

年々 絵は明るく穏やかなのが好きになっていて
好みも変わっていきますね。

2009/12/16 (Wed) 11:32 | EDIT | REPLY |   

ロココたえ  

みーさん、こんにちは!!

日本画に余り興味がなくて油絵を習っていたころに先生から
これ見てごらんと貸して下さった本が
速水御舟の本でした。
素晴らしいタッチに驚きそれから日本画にも興味を持つように
なりました。

小野竹喬さんも大胆なタッチの方のようですね。
まだ見たことがないのですよ。

美術館も最近行ってないな~
良い時間を過ごされましたね。

2009/12/16 (Wed) 15:27 | REPLY |   

みー  

★haniwaさん

母も妹も、絵を見に行くのが好きなんですよ。
竹喬、とても良かったです。

東京でも春に開催されるようですので
ご都合が合えば、是非行ってみてくださいね。

2009/12/16 (Wed) 16:49 | EDIT | REPLY |   

みー  

★ロココたえさん

こんにちは~!

お~!
ロココさん、日本画には、あまり興味がなかったのですね。
わたしも、以前はほとんど興味がなかったのですが
母が描くので、身近になりました。
母の絵、わたしが言うのもなんですが、とても素敵なんですよ。
額にガラスが入っているので、写真撮りにくくて
以前チャレンジはしたのですが
なかなかいい写真が撮れません。

竹喬の絵、色も線も、大胆かつ繊細な感じで
素晴らしかったです。
わたしも、美術館は久しぶりでした。
主人が、母を連れて行きたくて企画したのですよ。
母のお陰で、わたしもいいものを見ることが出来ました。

2009/12/16 (Wed) 17:03 | EDIT | REPLY |   

tg戸笠  

大尊敬って…嬉しいですが、まだまだ半人前な私です。
いやいや素直にありがとうございます。
私もみーsan尊敬しておりますよ♪

2009/12/16 (Wed) 20:25 | REPLY |   

sissi  

みーさん、こんばんは~♪

みーさん、ご無沙汰してしまいました(汗)
少々みんなの趣味園の方で、ガタついて、やっとこ落ち着いたら、今度は、ちょっと忙しかった日が続いていたので、ダウンしておりました。

小野竹喬、私は、日本画が好きで、家の中に飾ってある絵は殆ど日本画なのですが、彼の作品を、まだ見たことがないんです。
東京にも来るのですね、楽しみ~♪

顔料の発色が好きなんです。
なんだか、ほっとするんです。










2009/12/16 (Wed) 22:14 | EDIT | REPLY |   

みー  

★tg戸笠さん

お料理上手な方は、みんな尊敬してしまいます♪
ケーキ寿司、とても綺麗でおいしそうでした。
植物のことも、いろいろ教えていただいて、感謝です。


うわぁ!
わたしのことも尊敬してくださっているとは
お恥ずかしい・・・(⌒◇⌒;)

2009/12/17 (Thu) 01:00 | EDIT | REPLY |   

みー  

★sissiさん

いえいえ!
ご無沙汰は、こちらこそです。
ふたつもサイトの運営をされていて、お忙しいことと思います。
口内炎の方は、その後いかがですか?
疲れがたまると、弱いところに出るので、どうぞお気を付けくださいね。

お~!
sissiさん、日本画がお好きでいらっしゃいますか?
日展に行かれた記事を拝見しましたが
お知り合いも、日本画家の方でしたね。
審査員をされていらっしゃるとは、ご立派な方なのですね。
日本画は、顔料の関係か、温かな感じがして、ほんとうにほっとします。
手前味噌ですが、義母の日本画も、とても素敵なんですよ。

小野竹喬、お好きかどうかわかりませんが
とても見応えのある展示会でした。
ご都合が合えば、是非行ってみてくださいね。

2009/12/17 (Thu) 02:21 | EDIT | REPLY |   

ritsu  

日本画・・・昨年日本画家さんの個展を見に行く機会がありましたが、すでにお名前も
忘却の彼方(T_T)、
日本画というと画風よりも絵の具(という表現であっていますか?)が高価!と、すぐ
俗世間的な連想をしてしまう、
そんな俗物な私であります。
日本画好きのsissiさんや美術に長けたみーさんと同じ土俵では語れません(>_<)
絵葉書6枚のうち、左下と右下ではまったく感じが違うのですね。
同じ画家でも、画風というか筆のタッチというか、こんなに違うものが描けるのか、と
初めて知りましたです。

お義母さま、日本画をお描きになるのですね。優雅な趣味だわ。かっこいい。

2009/12/17 (Thu) 09:05 | EDIT | REPLY |   

みー  

★ritsuさん

日本画展、昨年見に行かれたのですか?
わたしも、名前、すぐ忘れる方でして・・・(@@;)
母が、もう一人好きな画家さんがいると言っていたのですが
もう、その名前忘れちゃいました(ーー;)

日本画の顔料は、高いのでしょうか?
それも知らないわたしです(汗)
美術に長けているなんて、とんでもないですよ~ (≧ω≦*)
小野竹喬だって、知らなかったし・・・ ( ̄ω ̄;)

絵葉書、たくさんの中から適当に選んだものですが
作風が様々ですね。
いろいろな描き方を模索していたようで
色使いも線の美しさも、素晴らしい作品がいっぱいでした。

妹は油絵ですが、母は、日本画を描くのですよ。
優雅な趣味でしょうか?
ありがとうございます。
母の絵、大好きなのですよ。

2009/12/17 (Thu) 10:24 | EDIT | REPLY |   

haniwa  

春の小野竹協喬展がある国立近代美術館の最寄駅が 
竹橋にあるので竹橋と書いてしまいました~
毎度 ごめんなさ~い。(^_^;)

2009/12/17 (Thu) 15:18 | EDIT | REPLY |   

みー  

★haniwaさん

お~!
さすが、最寄駅を知っている人の間違い方!
竹喬と竹橋・・・めっちゃ似てる~!
いえいえ!
あやまらないでください。
わたしも、いろいろ間違いだらけですから~(^^;)

2009/12/17 (Thu) 21:28 | EDIT | REPLY |   

ami  

小野竹喬展、観られてきたんですね。
姉が行きたがっていたのですが、大阪に行くのが面倒で、といいつつ買い物には行くのですが。

本物の絵を見るのと図録で見るのでは色の発色が全く違いますよね。
出来るかぎり実物を見るべきですね。

勝手に持っていたイメージから和菓子屋さんの包み紙に似ていると思ってまして、竹喬さんすみません。福田平八郎とかみたいに、そのタイトな画風にもっていくまでの過程がすごいんですよね。
略歴を見ると大正時代にヨーロッパにも行ったんですね。
たぶんなにかの美術展では見たことがあるはずなんですが、ひとりの画家の流れを知るとても貴重な機会だったんですよね。
みーさんのご説明を読んですごい展覧会だったんだ~、行けばよかったと思いました(笑)

みーさんの最後のお写真は竹喬風ではないですか♪

お義母も日本画を描かれるのですか!おお、美術一家なんですね♪

2009/12/24 (Thu) 01:47 | EDIT | REPLY |   

みー  

★amiさん

こちらにも、コメントありがとうございます。

お姉様、竹喬、見たいって言われていたのですか?
わたしは、名前知らなかったんですが(^^;)
主人が、絵の好きな母を連れて行きたいと言うので調べていたら
たまたま、母も妹も見に行きたいと思っていた展示会だったのですよ。
展示作品数も多くて、個性あふれる見応えのある展示会でした。
やはり、絵は、写真や本で見るより、実物を見るのが一番ですね。

竹喬は、30代の頃ヨーロッパに行きましたが
クールベやモネ、セザンヌなどに影響を受けたようです。
その頃の作品も、とても興味深いものでしたよ~。
時代によって、くるくると変化、もしくは進化していく作風には
目を見張るようでした。

また、機会があったら、ご覧になってくださいね。

最後の写真、竹喬風ですか?
ありがとうございます。
実は、後で知ったのですが、大阪市立美術館のある敷地は、旧財閥の住友家より寄贈されたもので
隣接して住友家の庭園(慶沢園)が公開されているそうですね。
ちらっと庭のようなものが見えたので、わたしは行ってみたかったのですが
主人は、全く興味がないので、そのまま帰ってしまいました。
紅葉も綺麗だったようですよ。
惜しかったです。
写真の紅葉は、駐車場までの帰り道、道すがらにあったモミジでした。

2009/12/24 (Thu) 21:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment