FC2ブログ

うわっ!バ、バラが咲きました∑(=゚ω゚=;) マジ!?

CIMG4183.jpg

(撮影日:2006/6/11)

さかのぼりますが4月28日、10日ぶりに実家から帰ってみると2階テラスのバラがウドンコ病で大変なことになっていました。あまりの汚さに、10鉢足らずの鉢数ですが、次5月1日に帰省するまでの間に全部パツンパツンに切り詰め、葉っぱもほぼすべてむしり取ってしまいました。花の盛りの5月を前に、まるで12月の大苗状態でした(=◇=;)
CIMG4252.jpg


すっかりバラは自信喪失・・・捨ててしまおうかとさえ思いましたが鉢とか土とか考えたら面倒なので(そっちかい@@;)思いとどまりました。
その後40日程たちましたが、棒状態になった茎から葉っぱを出し、いつのまにかつぼみも付け、曲がりなりにもなんとか花が咲いたので心底驚きました。不届きな庭主にもかかわらず、健気なバラ達です。バラってほんとうに生命力があるのですね。

写真はアンブリッジ・ローズ(Ambridge Rose)です。昨年はたくさんの素敵な花を咲かせてくれ、鉢植えにはぴったりのコンパクトで優秀な品種でした。純粋なアプリコット色に整ったカップ咲きで、大好きなバラです。下右の写真は白バラチックに写ってしまっている、またかの携帯画像ですが、昨年のものです。(撮影日:2005/6/27)


CIMG4248.jpg 20050627_1814_000.jpg

CIMG4240.jpg

(撮影日:2006/6/12)
次のバラは、パット・オースチン(Pat Austin)です。
カッパーオレンジ(銅橙色)と呼ばれる独特の色合いが印象的な品種です。

CIMG4251.jpg

CIMG4220-2.jpg

(撮影日:2006/6/12)
3つ目はメイヤー・オブ・キャスター・ブリッジ(Mayor of Casterbridge)です。
ソフトピンクのやさしい色合いですが、旺盛によく伸びます。

CIMG4246.jpg

今回のウドンコ騒動では、バラはもうよそ様のを見せていただくだけでいいかなぁと思ってしまいましたが、実際家のバラが再び咲いたのを見ると、やはりバラには抗し難い魅力があることを感じます。
不出来な栽培者ですが、数少ないバラをなんとか育てていければいいなと思っています
ヾ(^∇^;)カナリヨワキ・・・。

 バラ

14 Comments

うずら  

おはようございます。
どのバラもとってもステキ。キレイに咲きましたね~。
アンブリッジもパット・オースチンも大好きなバラです。
棒状態からここまでとは、さすがお手入れの程がよくわかります。
やはりウドンコ騒動(?)は、一時的なものだったのですね。
みーさんがお留守なのでバラたち淋しかったのでしょう。
ホントにバラって淋しがりのワガママ娘。(笑)
毎日目をかけてあげると、ちゃんと答えてくれるんですね。
うちのもここのところウドンコがチラホラ出てますが(オーガニックなのです)、
ガンバって育てようと気力が湧いてきました。
美しいバラをありがとうございます。

2006/06/14 (Wed) 08:38 | EDIT | REPLY |   

みー  

うずらさん、心やさしいコメントありがとうございます(TmT)ウゥゥ・・・
わたし、むかしはほんとに熱心な庭主だったのですが、最近は手抜きが多くて我ながらあきれ返っています。
「お手入れの程」なんて言っていただくと、穴があったら入りたいくらいです。
バラもオーガニックと言えば聞こえが良すぎますが、「あ~、肥料やらないとな~。」とか「今、薬撒くのがいいんだろ~な~!」とか思うばかりで水遣りしかしていないという、お粗末な栽培者です。
棒状態の写真はあまりにショックで撮っていませんが、よくぞここまで復活したと懺悔したい気持ちです。
肥料や薬散をもっとちゃんとすれば、もっと本来のきれいな花を咲かせると思いますが・・・。
他の宿根草や木は、水さえやっていれば健康に育って花も普通に咲くのに、やはりバラはそうは行かないお嬢様だなぁとつくづく思います。

2006/06/14 (Wed) 09:07 | EDIT | REPLY |   

さくら  

あのバラはどうなったのかなぁと気になっていましたが 
本当によかったですね!
うちもうどんこがひどくて 早々に花後剪定しましたが
新芽の葉はきれいでほっとしています。
さすがに選りすぐりの美しいバラです。
一番暑い時の前で いい色でてますね。
おめでとう!!

2006/06/14 (Wed) 10:52 | REPLY |   

みー  

さくらさん、ありがとうございます(TwT。)
気にしてくださっていたのですね。
我が家のバラ、切られむしられ、あわてて咲いたのかな?(^^;)
ほんとうに暑くなる前、ぎりぎり開花が間に合ったという感じかもしれませんね。
まだまだ葉っぱは美しいという状態ではありませんし、花もベストな開花ではありませんが、すったもんだしながらでも、何とかこのお嬢様達に付き合っていけたらいいなと思っています。
ありがとうございました。

2006/06/14 (Wed) 11:34 | EDIT | REPLY |   

ぽん  

わ~い 咲いたじゃん! 良かったね 
私もあのバラ達はどうなったのだろうと思ってました
どうしてもダメな時は 一時預かりか 引き取りに行こうかと思ってました
元気になって良かった、良かった(^O^)/

ウドンコも気温30℃を越えると収まるよん
もう少し辛抱をしてね
10~25度で湿度の高い日にウドンコの菌が発生しやすいんです
で、乾燥した暖かい日に菌に飛散するの
だから、バラの鉢も乾燥と湿気が繰り返されると広がっちゃうよ
最近、思うんだけど 土から黒点の跳ね返りを気にしないで
蕾や新芽のうちは 水遣りは頭からたっぷりと遣ってればある程度は防げるみたいね

2006/06/14 (Wed) 23:58 | EDIT | REPLY |   

みー  

うぉ~!
ぽんちゃん、あの棒状態にしちゃったの、咲いたんだよ~!
いい花じゃないけど、こんなに咲くなんて思ってもみなかったわ~m(;∇;)m
バラってお嬢様には違いないけど、なかなか根性あるじゃん!なんて思ってしまいました。
もしかして、「捨てるぞ!」と脅したのが良かったのかな?なんちって( ̄∇ ̄;)

ふ~ん、ウドンコって真夏は発生しにくいんだ。
咲く前にも青虫やらアブラムシやらで、虫に好かれるお嬢様たちだけど、聞こえがいい無農薬・・・(ただの横着・・・σ@@;)
よくぞ咲いてくれたと感謝状を進呈しましょう♪

>どうしてもダメな時は 一時預かりか 引き取りに行こうかと思ってました
ヨヨッ・・・(TwT。)
こんな出来の悪い生徒なのに、あたたかいお言葉ありがとうござりまするO(-人-)O アリガタヤ・・
いいお師匠さんがいっぱいいるのだから、わたしもがんばるじょ~!
また、見に行く時も買いに行く時も、懲りずに誘ってね~♪

2006/06/15 (Thu) 08:49 | EDIT | REPLY |   

ami  

みーさんこんばんは。
おお!復活開花!おめでとうございます♪
瀕死の植物の復活は最高の喜びですね~。
その蘇るさまを観察していると自分の細胞もいきいきしてくるようです。
これはまさに園芸療法ですね(笑)

うちはバラは5鉢だけで、その内4鉢ミニバラ。置くとこないのでベランダの柵にちょうど収まる逆円錐形のローズポットで育てているんですがそのひとつが「お、これがうどん粉病か!」という症状が出ています。一応スプレーがあるんですが自分が吸引しそうになるし、めんどくさいので葉っぱをちぎったりしてました。
ぽんさんのレスを拝見してさっき頭から水ごりをさせておきました。そんなときなぜか雨の日。

2006/06/15 (Thu) 20:44 | EDIT | REPLY |   

おじょう  

みーさんこんばんは
画像を見ていると とても綺麗な姿で棒状態なんて想像出来ませ~ん
葉っぱもツヤツヤですね♪
そして・・・やはり株数が着々と増えてますよね~
私もこの時期になるとあれもこれもと目移りしてしまって
収拾がつかなくなってしまうんです
で・・・冬に大苗が到着して ちょっと後悔したり・・・(^^;

>amiさん
頭から水を掛けるのは乾燥したお天気の良い日の午前中がベストですよ! ハダニにも効果大です♪
夜間や湿度の高い日にすると 葉に掛かった水滴がなかなか乾かずに
黒点病を発症しやすくなってしまう様です

2006/06/15 (Thu) 21:33 | EDIT | REPLY |   

みー  

>amiさん
うるうる・・・(T▽T)
コメント、ありがとうございます。
棒状態の件、自分のブログでちらりとご報告しましたが、他の方々のブログでは散々ぼやいていました( ̄∇ ̄;)

>瀕死の植物の復活は最高の喜びですね~。
>その蘇るさまを観察していると自分の細胞もいきいきしてくるようです。
>これはまさに園芸療法ですね(笑)
お~!
まさにそうかもしれませんね~♪
さすがamiさん、的確な表現で頭が下がります。
「自分の細胞もいきいき」するように、これからもがんばりま~す!
園芸療法、バンザイ!

2006/06/15 (Thu) 23:04 | EDIT | REPLY |   

みー  

>おじょうさん
>画像を見ていると とても綺麗な姿で棒状態なんて想像出来ませ~ん
そうでしょうか。
写真撮るのがうまいのかしら・・・(^^;)
それにしても、自分でも信じられないくらいの復活ではありました。
以前、おじょうさんの言葉で「冬に枯れて(?)全部葉っぱがなくなっても、春になると新しい葉が出て来て、またまっさらになるのよ。」と言われたのが、とても心に残っていました。
今回は、まさにそんな感じでした。
まだまだ、健康状態は完全ではありませんが、みなさんを見習って、わたしもがんばらなければと思っています。

おじょうさんも、バラ増えたでしょうね。
見たら欲しくなるのは、人間のサガですよね~。
わたしはバラは七転八倒中ですが、他の植物が増えに増えて満員御礼になりました。
もうこれ以上、一鉢も増やせない・・・置くとこないし状態です。
増やすどころか減らさないと、収拾が付かないくらいです。
身の程知らずで困ったものですね。

また、おじょうさんちの新入りバラ姫たち、見せてくださいね♪
カキコありがとうございました<(_ _*)>

2006/06/15 (Thu) 23:29 | EDIT | REPLY |   

ami  

おじょうさん はじめまして。
重要事項、教えていただいてありがとうございます。
考えなしなわたしです。
バラは病気が多いですね。あまりかかったことなかったのですが、そういえば今年初めてつぼみを片っ端から食害した尺取り虫みたいなもの(検索して名前を調べたんですがすっかり忘れちゃいました)が付きました。
発見したときは恐ろしかったです。




2006/06/16 (Fri) 03:07 | EDIT | REPLY |   

おじょう  

amiさん こちらこそはじめましてです
病気にあまり掛かった事が無いという事は、とても良い環境で
丈夫に育てられているのでしょうね♪
我が家は欲張って所狭しと植え込んでしまい、日々病気&害虫との闘いなんです(^^;
それでもまだまだ欲しくて・・・困り者です

2006/06/16 (Fri) 10:12 | EDIT | REPLY |   

みー  

>amiさん
おじょうさんちはバラをたくさん育てていらっしゃって、他の植物もお上手でとても素敵なお庭なんですよ。
オープンガーデンもされています。

頭からの水掛け・・・
>夜間や湿度の高い日にすると 葉に掛かった水滴がなかなか乾かずに
>黒点病を発症しやすくなってしまう様です
わたしも気を付けよ~っと(^^;)
アドバイスありがとうございました。

2006/06/16 (Fri) 11:25 | EDIT | REPLY |   

みー  

>おじょうさん
え~!?
おじょうさんちも病気や害虫、出るんですか?
やっぱりバラって、宿根草みたいにほっといても丈夫で元気なんていうわたしみたいなタイプ(^^;)ではないのですね~。

>それでもまだまだ欲しくて・・・
バラ愛好家の方って100も200も持ってる人でも、やっぱり他のが欲しくなるもののようですね。
恐るべしバラの魅力・・・(魔力^^?)!

2006/06/16 (Fri) 11:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment