映画、連チャンしました(^^;)・・・「ウルトラ・ヴァイオレット」

pageBG.jpg
連続ですが、28日も映画に行って来ました。
「ウルトラ・ヴァイオレット」は驚異的な能力を持つ<超人間(ファージ)>とその撲滅を目指す政府が対立する近未来を舞台に、人間の少年を守るため、両勢力を敵に回したファージの女戦士の戦いを、息をもつかせぬアクションの連続で描きます。
監督は「リベリオン」カート・ウィマー。ファージの戦士ヴァイオレットを「フィフス・エレメント」「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチが熱演します。
こちらはオープニング・タイトルはアメコミ・・・。原作がアメコミかと思いましたが、そうでもなさそうです。でも映画はアメコミそのものです。ultraviolet7.jpgとにかくミラが細くて強くてめちゃくちゃカッコイイです。往々にして主人公は強いものですが、玉(弾の間違い!)当たりません(^^;)最強です。
わたしは見ていないのでわかりませんが、「リベリオン」の女性版?「イーオン・フラックス」(それも見ていない!)にも似ているらしいです。ミラの披露する華麗なアクションは、この映画のために、1年間もの歳月をかけてオリンピック選手並みのトレーニングを積んだそうです。笑っちゃうくらいアメコミチックなのは、返って痛快で理屈抜きに楽しめました。
実はこの日、「トランスポーター2」を見ようと約束していたのですが、6月3日がロードショーだったと言うのに先週、もう終わってしまっていたのです。それで何を見るかと相談してこれになったのですが、「トランスポーター2」も今回守るのは子どもでした。「ヴァイオレット」も子どもを守るので、期せずして子どもつながりの映画でした。
27日の「インサイド・マン」はちょっとクールな心理戦ドラマでしたが、この日の「ヴァイオレット」は美しく最強のミラを堪能する痛快娯楽作品・・・。どちらも満足の(なんでも満足か^^?)映画でした。

*公式サイト
324443view002.jpg
Copyright (C) 2006 FLIX LTD. / WELVA CORP. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2006 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

 映画 あ行

8 Comments

TOMMY  

みたいみたいみたいみたいみたいみたいみたいよ~(爆)。
ところで、

>往々にして主人公は強いものですが、玉当たりません(^^;)最強です。

玉当たりませんって、ピストルの弾?

それとも、『たまりません』?
『たまあたりません』?

結構、悩んでいます(笑)。

教えてくだしゃい。トミーより

2006/06/29 (Thu) 21:14 | EDIT | REPLY |   

みー  

いや~ん!
トミー先生、にこやんさんみたいじゃありませんか?(^^;)
そのままです。・・・って言うか悩ませてしまってすみません。
玉=ピストルの弾です。
あ、玉って・・・字が違うのですね(≧≦)
「弾」でした!ごめんなさいヾ(^-^;)
『たまりません』でも間違ってはいなかったりするかな?

2006/06/29 (Thu) 21:40 | EDIT | REPLY |   

TOMMY  

みーしゃんへ

にこやんさんじゃないですよ~。

こにやんさんです。

いや~ん、間違わないでくだしゃいよい。

2006/06/29 (Thu) 23:06 | EDIT | REPLY |   

みー  

ありゃ!
間違いました。
間違いだらけですね(^^;)
失礼しました。
こにやんさん、ごめんなさ~い!

2006/06/29 (Thu) 23:33 | EDIT | REPLY |   

ami  

みーさんこんばんは。
ミラジョボビッチは「マルチパス!」のリールーの印象が強いです。
妹が「ウルトラバイオレットってどうかね」と聞いてきましたがちらっと見た目おっしゃるように「イーオンフラックスに似てそうな、SF?」とそのときシャリーズセロンが思い出せずなんか似ているアシュレイジャドしか出てこなくていらいらしました←意味なし

この映画ではかなりりりしいですね。
SFはテンポがよくないと設定、その世界観に感情移入できず見ていられません。
アメコミっぽいなら楽しそうですね。

2006/07/01 (Sat) 02:49 | EDIT | REPLY |   

みー  

amiさん、こちらにもコメントありがとうございます。
「マルチパス!」ってなんでしょか(^^;)
検索してみたのですが、よくわかりましぇん。
ゲーム?
アシュレイ・ジャドも素敵な女優さんですね。
このミラ・ジョヴォヴィッチは「バイオハザード」路線でしょうか。
アクション映画はみんな、主人公が死なないのが不思議なくらい強かったりしますが、マトリックスみたいにあり得ないくらいのシーンは、非現実的ですがいっそのこと楽しめたりします。
「ウルトラ・ヴァイオレット」にも「マトリックス」を彷彿とするシーンが出て来ますよ。

2006/07/01 (Sat) 23:39 | EDIT | REPLY |   

ami  

わわ、みーさん 変なこと書いてすみません~パソ復旧お祈りいたします。
「マルチパス」はフィフスエレメントで言葉のたどたどしいリールーの台詞です。

2006/07/02 (Sun) 01:45 | EDIT | REPLY |   

みー  

amiさん<
「マルチパス!」ってリールーの台詞だったのですか。
「マルチパス リールー」で検索すると結構たくさん出てくるのですが、どうしても意味がわかりませんでした。
「フィフス・エレメント」何度か見たのですが気が付きませんでした。
amiさん、通ですね~!

2006/07/02 (Sun) 14:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment