「天を恨まず・・・」

DSC_9127-20110703-2.jpg

(撮影日:2011/7/3)

東日本大震災の記事の続きです。

昨年の震災後、何度もテレビで報道されましたが

宮城県気仙沼市の中学の卒業式で読まれた答辞を覚えていらっしゃいますか?

わたしは、あの答辞を聞いて、涙々・・・大変感動してしまったのですが

一年後の昨日も、あの男の子がテレビに出て、その後の近況が紹介されていましたね。

彼は、中学卒業後、高等専門学校に入学し、コンピューターの勉強をしているそうです。

そして、これから犠牲者を一人でも減らすために

災害情報をより早く伝えるシステムを開発することを目標にされているそうです。

今日、調べ物をしていたら

一年前の彼の答辞が、平成22年度の文部科学白書に全文掲載されていることを知りました。

極めて異例のことだそうです。

大きな悲しみの中で読み上げられた彼の決意は、日本中の方々を

感動させ、勇気づけたのではないでしょうか。

テレビで報道されたものは、ほんの一部でしたが

僭越ながら、わたしのブログでも、その全文をご紹介させていただきたいと思います。

以下、平成23年3月22日、気仙沼市立階上(はしかみ)中学校卒業式

梶原裕太君の答辞です。

d0083761_20212925.gif

今日は未曾有の大震災の傷も癒えないさなか
私たちのために卒業を挙行して頂き有難うございます。

ちょうど十日前の三月十二日。
春を思わせる暖かな日でした。
私たちは
そのキラキラ光る日差しの中を希望に胸を膨らませ
通いなれたこの学舎を五十七名揃って巣立つはずでした。

前日の十一日
一足早く渡された
思い出の詰まったアルバムを開き
十数時間後の卒業式に思い出をはせた友もいたことでしょう。
「東日本大震災」と名付けられる天変地異が起こるとも知らず…

階上(はしかみ)中学といえば「防災教育」といわれ
内外から高く評価され
十分な訓練もしていた私たちでした。

しかし
自然の猛威の前には
人間の力はあまりにも無力で
私たちから大切な物を容赦なく奪っていきました。

天が与えた試練というには
むご過ぎるものでした。
辛くて
悔しくてたまりません。

時計の針は十四時四十六分を指したままです。
でも時は確実に流れています。

生かされた者として顔を上げ
常に思いやりの心を持ち
強く正しく
たくましく生きて行かなければなりません。
命の重さを知るには
大き過ぎる代償でした。

しかし
苦境にあっても
「天を恨まず」
運命に耐え
助け合って生きていくことが
これからの私たちの使命です。

私たちは今
それぞれの新しい人生の一歩を踏み出します。
どこにいても
何をしていようとも
この地で仲間と共有した時を忘れず
宝物として生きていきます。

後輩の皆さん
階上(はしかみ)中学校で過ごす「あたりまえ」に思える日々や友達が
如何に貴重なものかを考え
いとおしんで過ごしてください。

先生方
親身のご指導
有難うございました。
先生方が
如何に私たちを思って下さっていたか
今になって良く分かります。

地域の皆さん
これまで様々なご支援を頂き有難うございました。
これからも宜しくお願いいたします。

お父さん
お母さん
家族の皆さん
これから私たちが歩んでいく姿を見守っていてください。
必ず
良き社会人になります。

私は
この階上中学校の生徒でいられたことを誇りに思います。
最後に
本当に
本当に
有難うございました。
平成二十三年 三月二十二日
第六十四回卒業生代表 梶原 裕太。

d0083761_20212925.gif

何度読んでも、涙があふれてしまいます。

ほんの一部ですが、昨年テレビで報道された時の動画は、こちらです。

若者や小さな子どもたちの未来が

明るく希望に満ちていますようにと、祈らずにはいられません

P1030223-20090704-5.jpg

(撮影日:2009/7/4)

 東日本大震災

22 Comments

四季  

ありがとうございました

私も、ここで読ませていただいて、更に感涙しました。
これ以上何もいえませんね。

2012/03/12 (Mon) 18:42 | EDIT | REPLY |   

きらり  

私も見ました(聞きました)
私ははじめて昨日知りました。
みーさんと同じ気持ちです。

2012/03/12 (Mon) 19:19 | EDIT | REPLY |   

みー  

★四季さん

涙、出ますよね (T-T) ウルウル
15歳の少年がと思うと、健気で感動しました。
彼は、小学校の時の友達3人を亡くしたらしいですが
亡くなった友達の分まで、精一杯生きて欲しいですね。

2012/03/12 (Mon) 21:17 | EDIT | REPLY |   

みー  

★きらりちゃん

きらりちゃんも、同じ番組見てたのかな?
去年の震災後の答辞の映像は、見ていなかったですか?
ニュース番組とかで、何度も流れていたのですよ。
動画も貼り付けましたので、良かったら見てくださいね。

2012/03/12 (Mon) 21:21 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/03/12 (Mon) 21:50 | REPLY |   

富良野かおり  

みーさん、ご紹介ありがとうございました。

私も当時より今になって色々なことを知り、
人はちっぽけで無力だといいながら
どうして立ち上がることができるのか
その力の不思議さが命というものなのか、と
わが身に重ね合わせ、私にも今必要なのはそういった力なんだと
思い知らされます。

何もできない、しないことを申し訳なく情けなく思いますが
わたしも「当たり前の日常をいつくしむ」ところから
やり直したいなと、思いました。

ありがとうございました。

2012/03/12 (Mon) 21:56 | REPLY |   

みー  

★鍵コメさん

鍵コメさんもご心配ですね。
他にも、3000人以上の方々が、見付かっていないとは
ほんとうに悲しいことです。
こんな悲惨な大災害は、二度と起こって欲しくないですね。

2012/03/12 (Mon) 22:55 | EDIT | REPLY |   

凛佳  

あまりにも重い現実に言葉も見つからず、
自分のブログでは何も書けなくて‥
それなのに、
みーさんはこうやってちゃんと一つの‥いや2つもの記事にされて、
事実に向かわれてる‥復興に関わろうとされている。。
何もできない自分が恥ずかしいです。

⇧の動画‥涙で見えなくなります。。
何か自分でできること、私も探すことにします。

2012/03/12 (Mon) 22:56 | EDIT | REPLY |   

みー  

★富良野かおりさん

いえいえ!
わたし自身が感動したものですから、心に留めておきたくて記事にしました。
読んでいただいた上にコメントまでいただき
こちらこそ、ありがとうございました。

ほんとうに、人はちっぽけで無力ですが
立ち上がって進んでいく力があるものですね。
また、進んでいかなければいけないとも思います。

「当たり前の日常をいつくしむ」・・・
中学生に教えられますね。
わたしも、感謝の気持ちを忘れず
自分の出来ることや、やらなければいけないことを
コツコツとやっていこうと思います。

コメントをありがとうざいました。

2012/03/12 (Mon) 23:23 | EDIT | REPLY |   

みー  

★凛佳さん

いえいえ~! (≧∇≦;)
拙い記事で、こちらこそお恥ずかしい限りですが
今日は、感動した梶原裕太君の答辞の全文を発見してしまったので
予定外にも、記事にしてしまいました(^^;)

動画も見てくださったのですね。
ありがとうございます。
涙出るでしょう?(T-T) ウルウル

2012/03/12 (Mon) 23:35 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/03/13 (Tue) 07:35 | REPLY |   

クロはち  

梶原裕太君の答辞 本当に涙しました。
力強い青年ですね これから経験を通して日本の礎となってくれること
嬉しくも思います。
あの時 これからどうなるって行くか 心配でしたが
これからもずっと みんな協力していきたいですね。

2012/03/13 (Tue) 08:59 | REPLY |   

みー  

★鍵コメさん

おはようございます~♪

ほんと、素敵な青年ですよね。
今回、あの答辞が全文公開になっているのを知って
どうしても記事にしたくなってしまいました。

こういう若者が明日の日本を支えてくれるんですね。

2012/03/13 (Tue) 09:49 | EDIT | REPLY |   

みー  

★クロはちさん

昨年、地震の後、この答辞の報道を見た時は
ほんとうに感動しました。
今年も、あの時の青年がテレビで紹介されていたので
とても懐かしく、元気に学生生活を送っていることに、嬉しく思いました。

被災地では、まだまだ、不自由な生活をされている方がたくさんいますが
この大震災を風化させることなく
しっかりと見守り、協力していかなければいけないなと、改めて思いました。

2012/03/13 (Tue) 10:00 | EDIT | REPLY |   

haniwa  

このニュースは見ていませんでした。
動画は梶原裕太君の悲しみ苦しみが伝わってきます。
若者から勇気をいただきました。

2012/03/13 (Tue) 21:06 | EDIT | REPLY |   

Bluebell  

卒業式

みーさん
こんばんは。
数十年前ですが、
私も卒業させる立場として
何度も卒業式を重ねてきました。
その中で、こんな悲しい答辞を聞いたことはありません。
なぜ、こんなことになってしまったのか?
「天を恨まず」とありますが、
今の私でさえ難しいことのように思えます。
そして、逆境こそが人を育てるとの言葉を思い出しました。
見守ることしかできない私たちですが、
いつかきっと何十倍も素晴らしい人生が返ってきますように。

2012/03/13 (Tue) 21:35 | EDIT | REPLY |   

みー  

★haniwaさん

このニュース、見ていませんでしたか?
我が家は、主人がニュースや情報番組しか見ないからね(^^;)
動画、見てくださったのですね。
これを見て、何度ももらい泣きしてしまいました。

2012/03/13 (Tue) 23:15 | EDIT | REPLY |   

みー  

★Bluebellさん

こんばんは~♪

ほんとうに、こんな悲しい答辞はありませんよね。
残酷な体験をさせてしまったものです。
健気過ぎる言葉には、涙々でした。

逆境こそが人を育てる・・・
そうかもしれませんね。
そうであって欲しいです。
この辛い思いをした若者たちに
素晴らしい人生がめぐってきますように
祈ってやみません。

2012/03/13 (Tue) 23:24 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/03/14 (Wed) 09:13 | REPLY |   

みー  

★鍵コメさん

こんにちは。

記事や動画も見てくださって
ありがとうございます。

ほんとうに、まだまだ震災の影響を受けている方がたくさんいらっしゃり
心が傷みますね。

みなさんが、一歩ずつでも前を向いて歩いて行かれるよう
支援していきたいです。

2012/03/14 (Wed) 14:47 | EDIT | REPLY |   

ロココたえ  

みーさん、おはよう!!

義母の一周忌で富山に行き帰りを千葉に回っていました。
3.11は千葉の出先でしたので2.46分黙祷をしました。

こういう答辞があったのですか。
ベビーをこちらに避難させていてテレビを見る余裕が無い時だったのかな~
知らなかったです。

天を恨まず、ウーン、恨みたくなるほどの犠牲者が出ましたよね。

こういう若者たちがこれからの日本を背負ってくれると
頼もしいですね。

2012/03/15 (Thu) 10:00 | REPLY |   

みー  

★ロココたえさん

おはようございます~♪

お義母様の一周忌の法要があったのですね。
お疲れ様でした。
千葉にも寄られて、お孫さんの顔も見ることが出来たとのこと
何よりでした。

この答辞の報道があった頃は
ロココさんは、ベビーちゃんのお世話で、大変だったので
テレビどころではありませんでしたね。

大震災から10日後くらいのことだったので、答辞の映像は
とても切なかったです。
ほんと、こういう若者たちが、これからの日本を背負ってくれると思うと
頼もしい限りですね。

2012/03/15 (Thu) 10:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment