また、映画行って来ました(^^;)「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

323363view002.jpg
(C)2004 Miramax Film Corp. All Rights Reserved.

映画友達との映画はほんとうに久しぶりですが、月曜の夜お友達から電話がかかってきて急に昨日、映画館へまた行って来ました。ご夫婦揃って映画好きなお友達は、目ぼしい映画はほとんど既に見ていて結局「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」を見ることにしました。
323363view003.jpg「プルーフ~」は好きな女優さんグウィネス・パルトロウが出ているし、アカデミーの有力候補と前評判も聞いていましたが、地味な映画なのであまり期待はしていませんでした。それに既に見ていた次女が「めちゃくちゃ暗い映画だった。」なんて言うので「え~っ!?」と思いながら・・・。
でも、これが期待していなかったせいか、とてもいい映画だったのです。きっと子どもには「暗い映画」でおもしろくなかったでしょうが・・・。
323363view015.jpgご興味のない方、申し訳ありません。ざっとストーリーをご紹介させていただきます。グウィネス演じるキャサリンの父親は天才的な数学者。しかし精神を病んでからは数学界からも教壇からも離れ、キャサリンの世話を受けて生活していました。長年に渡り一人で父親の面倒を見ていたキャサリンはその父親のたぐいまれな才能を受け継ぎながら、精神の病も受け継いでいるのではないかという不安をかかえていました。323363view013.jpgその父親の死後、書斎から天才的な研究を証明した貴重なノートが発見されます。そのノートを書いたのは自分だと言うキャサリン・・・。でも、それを証明するものは何もありません。父親とキャサリン、一体どちらが書いたというのでしょう。
発見された世紀の数学の「証明」をめぐる謎解き、また父親への深い愛情、姉との関係、父の教え子である数学者との展開・・・キャサリンの「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」「人生の証明」が丁寧に描かれ、思わず引き込まれる映画でした。323363view019.jpg父親役のアンソニー・ホプキンス、いい味出してぴったりの役でした。今注目の俳優ジェイク・ギレンホールも、お顔の好き嫌いはあるかもしれませんが、良かったと思います。もちろん、小奇麗な役ではない地味な役なのにグウィネスの演技力は光っていました。
精神を病んだ数学者と言えば2002年にアカデミー賞4部門を受賞した「ビュ-ティフル・マインド」が思い出されます。天才の頭脳というのは繊細で壊れやすいものなのでしょうか。
でもこの映画、思いの他良かったです。このブログでは、あまり批評的なことは書くまいと思っていたわたしですが、思わず語ってしまいました。大変失礼致しました。

さて、今年のアカデミー賞は1ヶ月後の3月8日に発表されるようです。今年の候補は「とにかく地味なラインアップ」と言われているだけあって見ていない映画がいっぱい・・・。どうなるのでしょうね。

323363view009.jpg
(C)2004 Miramax Film Corp. All Rights Reserved.

 映画 は行

11 Comments

ami  

みーさん 映画のお話も面白いし画面の構成もすてきです。
(ところで写真は使って大丈夫ですか?←小さい声で)
アンソニーホプキンスは見たい役者さんでそいえばジョディーフォスターと共演した「羊達の沈黙」は怖いけどAホプキンスを見るのに好きな映画です。

ジェイク・ギレンホールは「ブロークバックマウンテン」という男同士の愛の物語でヒースレジャーと仲良くなる役の方ですね。ゴールデングローブ賞で幾つか賞を取っていた映画なのでアカデミー賞もある、らしいです。
そのゴールデングローブ賞でグウィネスパルトローがセシルBデミル賞という功労賞をAポプキンスにあげてましたが役者さんを映画以外で見るとびっくりするぐらい老けてることがあります。(そして奥さんはたいがい若い)
ロバートレッドフォードさんなんかとんでもないですよね。

また映画の紹介してください。楽しいです♪

2006/02/08 (Wed) 15:15 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/02/08 (Wed) 18:50 | REPLY |   

TOMMY  

みーさんのブログって、ホントオシャレですね。

画像の入れ方、大きさなどめちゃくちゃお上手です。

雑誌の編集ができるんじゃないですか????

早くボクの講演に来てくだしゃい!
(次は札幌講演です)

日に日にみーさんのことを美化しているトミーでした。

被り物かぶって、トミーの肩をトントンみたいな~。
映画のワンシーンのような、お洒落な出逢いで~。

ほんでもって、被り物を後ろ向きでゆっくりはずして~、

超~ゆっくり下向き加減でトミーのほうへ振り返る~。

BGMは冬ソナのようなバラードソングが流れていて~

そして・・・・・・・・・・・・・・・・。

うお~~~(爆)。

想像しているだけでワクワク。

激しく感動するやろな~・・・・・。

ちゃんとトミーの顔の変化を観察してくださいね。

営業顔なのか?本気顔なのか?素顔なのか?(笑)。

園芸番組に興味のある方々は、ボクの顔を知っていて、
 ボクはみなさんのお顔を知らないって、
  結構、寂しいもんなんですよい。

2006/02/08 (Wed) 18:59 | EDIT | REPLY |   

みー  

amiさん、すてきなコメントありがとうございます。
amiさんは映画のこともお詳しいのですね。

そう、わたしも写真の件は前回から気になりながらなのです・・・。
他のブログをざっとですが見たところ、写真を使っているものもあったので、いいのかなぁと思ったのですが・・・(++;)
ダメかも・・・Σ(|||▽||| )
取り合えずお借りしたサイトの写真のところにあった出展のようなものをくっ付けてみました。そんなんじゃ、ダメかしら・・・(><;)
どっちにしても写真使い過ぎ????
お借りした「yahoo!ムービー」さんへあわててお問い合わせメールしておきました(≡д≡)←聞かんでもわかるやろって?(T T;)
そんな訳で、近日中に写真取り払うかも・・・。
ネットのことを良く知らないで、いけないことをしているかもしれない初心者なわたし、皆様どしどしチェック入れてくださいねヾ(_ _。)ハンセイ…

amiさん、「ブロークバック・マウンテン」アカデミー賞に7部門もノミネートされていますね。最近「男同士の愛の物語」って結構多いですよね。
ロバート・レッドフォード、昔わたし好きでした。
でも、最近ほんとにちょっと・・・な感じですよね~o(@.@)o
かつてのファンとしては見るに忍びない・・・。

映画の話題、楽しんでいただけてうれしいです。
これからもいろいろなことに気を付けながらご紹介させていただかなくてはと思っています。
カキコありがとうございました。
 

2006/02/08 (Wed) 20:57 | EDIT | REPLY |   

みー  

トミー先生、こんばんは~♪
そんなわけで、画像の入れ方とか褒めていただいてとてもうれしいのですが、写真取り払うかもしれません。
これからも映画のご紹介をすると思いますので、気を付けなければいけませんね。
知らなかったでは済まないことなので、ネットのマナーには充分配慮してサイトの運営をしなければいけないと反省した次第です。

ところでトミー先生、たくさん美化していただいて恐縮です~┐(´~`;)┌
実際にお会いしたらショックで心臓麻痺にならないように、充分お気を付けいただかなくてはいけませんね~。
被り物どころか着ぐるみを用意しよ~っと♪←脱げないヤツ!(^^;)
でもほんとうに自分だけ知られてるって不公平ですよね。
カキコありがとうございました~m(__)m

2006/02/08 (Wed) 21:20 | EDIT | REPLY |   

ぽん  

あっ、トミー先生~

私も みーちゃん(みーちゃん もう聞いちゃった?)
蘭の育て方で聞きたいことがあるんですけど
ディネマとトミー先生のブルースターです
詳しくは、みーちゃんの2月3日の「お買い物に行きました」
を見てくださいなっ♪
みーちゃん関係ないコメントでゴメンネ

2006/02/08 (Wed) 21:40 | EDIT | REPLY |   

ami  

みーさんこんばんは。へんな書きかたしてごめんなさい~。
例えば20世紀FOXでは「ウェブサイト上の写真、イメージ画像、商標、文章等を含むすべての資料(以下「資料」という)の複写、複製、再制作、ダウンロード、掲示、伝送、配布は、非営利的かつ個人的用途である場合」はよいようです。

(伝説のような話ですが)ディ○ニーなどはアメリカのいなかでおじいさんが孫を喜ばせようとして納屋にミッキー○ウスの絵を描いても駄目だそうで、しかし、とにかくみーさんのブログは非営利だからOKですよね!(強調)わたしもネットのことはぜんぜん知らないくせにへんに中途半端なこと書き込んですみませんでした。

ということで、再び映画のお話楽しみにしてます♪

2006/02/08 (Wed) 21:41 | EDIT | REPLY |   

みー  

いえいえ、amiさん、へんな書き方では全然ないですよ~。
いつも心あたたまるコメントをしていただいてうれしく思っています。
20世紀FOXのこと、ディ○ニーのこと、なるほどです。
ありがとうございました♪

2006/02/08 (Wed) 23:01 | EDIT | REPLY |   

みー  

ぽんちゃん
先程はありがとね~♪

トミー先生のちょっと前のブログ読んだ?
(2月3日「鬼は外」のコメントの中・・・。)
わたしの「園芸店に行って来ました。」にも追記したけれど
ブルースターってトミー先生がクローン増殖されたんだってね~。
びっくりしたよ~オオーw(*゚o゚*)wスゴイ!

あ、「トミー先生のブルースター」って書いてたとこを見ると記事読んでたのですね。
失敬失敬・・・(^^;)☆\

2006/02/08 (Wed) 23:19 | EDIT | REPLY |   

げこ  

みーさん!!
映画の情報ありがとうございました。
フライトプランも良いけど、こっちの方がみたくなっちゃっいました。
みーさん、映画の説明も画像もお上手!!
新聞でこちらの映画館を探してみたけど、今はやってなかった、、。
ちょっと注意して忘れない様にしておきますね。

昨晩は<幽霊はここにいる>阿部公房原作、出演者は小澤征悦、なんてお芝居をみてきました。
ピンチヒッターだったので、鑑賞料は無料です。
小雪まじりのお天気でしたけど、頑張ってみてきました。
阿部公房と聞いただけで、ちょっと暗いかなと思いましたけど、
まあ良かったかもです。
みーさんのようなに上手に説明できなくてごめんなさいね。

また、みーさんの感性で素敵なもの、何でもご紹介して下さいね。
愉しみにしていますから~。


2006/02/09 (Thu) 11:27 | REPLY |   

みー  

げこさん、すご~い!
お芝居なんてご覧になるのですか?
おもしろかったのでしょうね~。
どなたかが、形になって残るものより形のないものの方が価値があると言っていました。
お芝居もその時その場で見るもので、消えてなくなるものですよね。
でも心の中に残る・・・。
映画もDVDとかはありますが、やはり大きい意味では形のないものではないかと思います。絵を見に行ったり、コンサートに行く、旅行に行ってきれいな海を見て感動するというのも形のないものではないでしょうか。
品物には代えられない大切なものが心の中に残るような気がします。

フライトプランは純粋な娯楽作品と思いますが、こちらの映画はちょっと心に染みる映画です。わたしはどちらも好きですが、選択の邪魔にならないご報告になればいいなと思っています。

いつもコメントありがとうございます♪

2006/02/09 (Thu) 12:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment