11月20日、母を見送りました。

CIMG0075-20061025-5.jpg

(撮影日:2006/10/25)

以下、写真は実家の庭からです。

プライベートなことですが、ここ最近の出来事をご報告させていただきたいと思います。

d0083761_20212925.gif

今月7日の朝、施設の看護婦さんから電話が入り、母の胸から気になる音がするので

病院に連れて行かれた方がいいのではないかと思うと、連絡がありました。

前々日に施設に行った時は、いつもと変わらず元気にしていましたので

急に具合が悪くなったようです。

高齢者は、風邪から肺炎になったりするので、用心しなければいけないと、主人と話しながら

慌てて介護タクシーの予約をした後、施設に向かいました。

病院に連れて行き、レントゲンを撮って看ていただいたところ

心不全の疑いがあるので、大きな病院で入院して調べてもらった方がいいと思うと

言われました。

そして、血液中の酸素が足りないとのことで、酸素吸入をしていただいたのですが

酸素吸入をすると、介護タクシーでは運べないので、救急車で移動することになりますと言われ

生まれて初めて救急車に乗りました。

CIMG0074-20061025-2.jpg

(撮影日:2006/10/25)

大きな病院に移り、いろいろな検査をしていただいたのですが

胸の音の原因が、心臓が悪くて肺に水が溜まることもあるものの

それほどたくさんの水は溜まっていないとのこと。

それより、腎臓の数値が悪く、機能が落ちているため、心臓に負担がかかっている可能性がある

と、言われました。

実は、広島からこちらに連れて来て4ヶ月ほど経った2010年の10月

血圧がどうしても下がらなくて、検査入院をした時、腎臓に何か腫瘍があるようだと言われていました。

しかしながら、母は高齢だし認知症があるので、様々な検査や長期の入院には耐えられそうもなく

もし悪性のものだとわかっても、手術をしたり辛い治療にも耐えられそうもないので

検査や治療はしないことに決めました。

DSC02957-20091014.jpg

(撮影日:2009/10/14)

それでも、元気で施設での生活を送ってくれていましたが

心臓は、元より心不全になったことがあり、何度もカテーテル治療を重ねて

ステントがたくさん入っている身・・・。

少しずつ進んだ腎臓の機能低下は、心臓にもかなり負担が掛かっていたようです。

そして、胸のゼロゼロいう音は何かと、先生もかなり判断に苦慮されているようでしたが

誤嚥したものが肺に入っている可能性があるとのことで、これ以上誤嚥しないように

10日から絶食になりました。

それでもゼロゼロは止まらず、入院後にも肺炎が進んでしまいました。

入院して何日かは、また元気になって施設に戻れると信じていましたが

毎日、先生からお話を聞くたびに、次々に良くない事態になっているという報告を受け

土日になるたびに、週末は危ないかもしれないと言われました。

CIMG3254-20060506-2.jpg

(撮影日:2006/5/6)

そして、20日の午前1時34分

母は、ついに帰らぬ人となってしまいました。

住み慣れた広島からこちらに連れて来て2年と5ヶ月

ご縁を得た施設で、皆様に良くしていただいて落ち着いて生活してくれていましたが

施設にごあいさつに行った時、お世話になった方が

このところ特に毎日みんなに、ありがとう、ありがとうと言っていた。

もしかしたら、お別れがわかっていたのかもしれないと言われ、胸が詰まりました。

DSC_0409-20100421-2.jpg

(撮影日:2010/4/21)

いつもおしゃれで若々しく元気だった母が、年老いていくのを見るのは

辛い時もありましたが

一人っ子のわたしは、ほんとうに生まれた時から両親に可愛がってもらいました。

見守られる立場から、見守る立場に変わって

甘える立場から、甘えられる立場に変わって

至らない娘でも、少しは恩返しが出来たでしょうか?

ほんとにほんとにありがとう。

お母さん・・・。

 家族

32 Comments

ロココたえ  

みーさん、寂しくなりましたね。
広島から連れて行くと言われていたときを思い出します。
私の母も生きていたら88才だったのだな~と感慨深いです。
亡くなって直後はあまり分からないのですがしばらくして寂しくなりますよ。
私など10年も経っても良く思い出します。
好きだった花など見る度に。
みーさんは一人っ子だったのですね。
さぞご両親に可愛がられて育てられましたのでしょうね。
ご冥福をお祈りいたします。

2012/11/30 (Fri) 05:34 | REPLY |   

mikan  

しばらくfbにも来られてなかったので、お母様の具合が良くないのかと思ってましたが、
そうだったのですね。
ご心境、どう察して良いのかと思いますが、
昨夜、そのまま寝てしまったのが
悔やまれます。
みーちやんと仲良くしてると思いますよ。
ご冥福をお祈りします。

2012/11/30 (Fri) 06:56 | EDIT | REPLY |   

chiko  

みーさん、おはようございます。
突然のことで、お気持ちの整理もまだ出来ていないと思いますが
ここに記事を残すことで、ひとつの気持ちの区切りが
つくといいですね。
広島へ何度も通い、ご実家の整理をされ、
お忙しい日々を過ごしながらも近くにお母様を寄せて
新たな生活を整えていらっしゃったあの日のことを
つい最近のように思い出すのですが、もう2年も前のことですか。
時が経つのは早いですね。

暫くFBでお会いできていなかったので、
どうしたのかなーと思っておりました。
そして昨日みーさんから届いた葉書で
理由がわかり、案じておりました。

幼少の頃からのお母様とのたくさんの思い出は、
亡くなられた今も、これからもずっと消えることはないですね。
素敵な思い出と共に、みーさんが少しでも安らかに過ごされますよう、
それと、お母様のご冥福をお祈りしております。

2012/11/30 (Fri) 08:15 | EDIT | REPLY |   

020  

みーさん、
お母様、最期まで「ありがとう」の気持ちを
お持ちでいらっしゃって、立派で素敵な方でしたね。

ご実家への帰省やお母様のお引越しや施設へのお見舞い等、
たくさんの親孝行、おつかれさまでした。
みーさんの恩返しのお気持ち、お母様にも伝わったと思いますよ。
ご冥福を心よりお祈りしております。

2012/11/30 (Fri) 08:24 | EDIT | REPLY |   

amocs  

一人っ子のお嬢さんを可愛がって来られたご両親は
とてもお幸せだったと思います。
だから恩返しは、もうすんでいると思います。

私も同じ一人っ子。両親を亡くし、しばらくしてそんな風に思いました。

心よりご冥福をお祈りします。
お疲れが出ませんように。ご自愛ください。

2012/11/30 (Fri) 08:55 | EDIT | REPLY |   

凛佳  

しばらくお声を聞いてなかったので、気になりながらも
お伺いすることもなかったのが悔やまれます‥。
みーさん一人っ子でらしたんですね。
お一人で‥さぞお辛かったこととお察し致します‥
ご主人様や娘さん達が支えてくださったとは思いますが‥
>こちらに連れて来て 
と、みーさんは気にされてますが、
この数年間の事、みーさんが傍におられて、さぞお母様も嬉しかったのではないかと
(勝手に)想像しています。
みーさんがこちらに書かれる記事も、(そのうち同じ経験をするだろう)私にとって、
示唆に富む内容でした。
同じことがあっても、私はみーさんほど優しくできるだろうか?と自分に対しての戒めにもなり、
道標でした。
>いつもおしゃれで若々しく元気だった母
さぞや!みーさんのお母様なのですから当然ですね(^^)
まだ暫くお寂しいと思いますが、
きっと今も傍でみーさんを見守られていることと思います。みーちゃんと(^^)
‥お母様のご冥福をお祈りしています。

2012/11/30 (Fri) 08:58 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/11/30 (Fri) 09:02 | REPLY |   

キャットママ  

みーさん、大変でしたね。
大切なお母様の旅立ち・・・心痛お察しいたします。

>見守られる立場から、見守る立場に変わって
>甘える立場から、甘えられる立場に変わって
・・・・この言葉に胸が締め付けられ涙が出てしまいました。
私なんてまだまだ親孝行ができていなくって心が苦しいです。

今頃きっとお母様、天国でみーちゃんと並んで座っているかも。。。。

心からご冥福をお祈りいたします。

2012/11/30 (Fri) 09:56 | REPLY |   

乙葉5号  

お疲れが出ませんように

お母さま、お亡くなりになったのですね。
みーさんはじめご家族の皆さまにはさぞかしお力落としのことと思います。
お悔やみ申し上げます。

私もみーさんと同じ一人っ子です。
ありがたいことに両親ともに存命で、私たち家族と同居していますが、毎日の生活で「二人とも歳をとったなぁ」と感じることが度々あります。
守ってもらっていた立場からいつのまにか守る立場なった今、これから先の事を考えると自分がしっかりしなくては!と思います。
いざとなると、みーさんみたいにちゃんとできるかしら・・・。

今ごろはお母さまはみーちゃんをお膝にだっこされているのではないでしょうか。
しばらくはみーさんも思い出されては涙される日が続くと思いますが、くれぐれもお身体には気を付けてください。
どうかお疲れが出ませんように。
お母さまのご冥福を心よりお祈りしております。

2012/11/30 (Fri) 13:25 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/11/30 (Fri) 15:51 | REPLY |   

ムク  

お葉書を戴いてただただ、驚きました。
具合が悪いようなお話はされていなかったのになあ…と思っていたら、急に逝かれてしまったのですね。
私は母がいなくなることなんて想像もできませんが、ひとりっこで可愛がられて育ったなら尚更お辛いでしょうね。。
どうか、お気落としありませんように。

お母様のご冥福をお祈りいたします。

みーちゃんと一緒にいてくれるといいですね。

2012/11/30 (Fri) 16:02 | EDIT | REPLY |   

ももまま  

御愁傷様です。。。

みーさん、お母様の事、御愁傷様ですゥ・・・
上手く言えないですが、苦しまずに逝って下さった事が何よりですね。
私も一人っ子なので、「母の介護」と覚悟をしてた矢先、誤嚥が原因であれよあれよと言う間に逝ってしまいました。。。
みーさんの様に決して可愛がってもらった記憶はないのですが(笑)  私が3歳の時に父は病死し、母が働かないといけなかったのでね。
でも晩年は好きな趣味にと楽しんでいました。
日に日に寂しさが募ってくると思いますが元気出してね。

風邪などひかれません様に~

2012/11/30 (Fri) 16:17 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/11/30 (Fri) 21:14 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/11/30 (Fri) 21:26 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/11/30 (Fri) 22:32 | REPLY |   

Aozoraharuka  

長く更新がなかったので気になっていました
お母様が亡くなられたのですね
心よりご冥福をお祈りいたします

高齢になると誤嚥性肺炎は多いですね
私の父も直接的な原因はそれでした

広島からみーさんの傍にいらして
温かい対応をしてくださる施設への入所で明るさを取り戻したとの記事が印象的でした
きっとお母様もお喜びだったと思います
それを含めてみーさんの対応は私も同感です

同じく一人っ子の私も母のそんな決断をしなくてはいけない日がいずれ来ると思います

時が経つと共に淋しさも増すと思いますが
どうかゆっくりでも元気になってくださいね

2012/12/01 (Sat) 00:21 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/12/01 (Sat) 09:38 | REPLY |   

きらり  

悲しいお気持ちお察しします。
お母様にとっていちばんの幸せは一人娘のカワイイカワイイみーさんが幸せである事。
だから幸せである事を確信して天国に旅立たれた事と思います。
いちばんの親孝行ですね。
これからはもっと近くでみーさんを見守ってくれていますよ。

ご冥福を心からお祈りいたします。

2012/12/01 (Sat) 10:04 | EDIT | REPLY |   

mosshaven  

お母さまの愛したお庭には 今もこんな風に美しく 静かに花がさいているのでしょうか。
寂しくて悲しくて つらい事ですね。 いつかは、と思っていながらも考えたくないお母さまとのお別れ、

でも皆さまのおっしゃるとおり、きっと お母さまは みーさんのおそば近くに移られ、
そして 周りの方に愛されて お幸せな晩年だったことと存じます。
何より優しいみーさんというお嬢さんに恵まれて 安心してご自分を任せて
そして 過去の愉しい思い出とともに旅立たれたことと存じます。

みーさん お疲れが出ないように ご自愛くださいね。
心からご冥福をお祈りいたします。



2012/12/02 (Sun) 17:08 | REPLY |   

みー  

★コメントをくださった皆様へ

たくさんの方々に温かいコメントをいただき
ほんとうにありがとうございます。
ひとつひとつのコメントが、心に染みました。
まとめてのお返事でお許しくださいね。

亡くなってあわただしく12日が過ぎましたが
親の老後を支え、無事見送るのは、子どもとしての大きな役割でもあり
恩返しでもあるような気がします。
何とか曲がりなりにも、子どもとしての務めを果たすことが出来、ホッとしています。
母は入院して2週間という短さで急逝してしまいましたが
辛い闘病生活が長く続かなかったのは、せめてもの救いだったかもしれません。

今頃は天国の父に再会し、みーちゃんと遊んでくれているかな?
これからも、近くでいつも見守ってくれていると思います。
皆様、ほんとうにありがとうございました。

2012/12/02 (Sun) 17:41 | EDIT | REPLY |   

愛  

みーさん、こんばんは。久しぶりにpcを立ち上げて、こちらを訪問したら、お母様が旅立たれたとの記事。
心よりお悔やみ申し上げます。

みーさんは一人っ子さんだったのですね。
広島からご自宅の近くの施設に引き取られて、みーさんは献身的に介護されていたとお察しいたします。
悲しみはなかなか癒えないでしょうが、お母様にはみーちゃんも一緒ですし、天国できっと楽しく過ごしていることでしょう。

みーさんにはゆきちゃんがついていますものね!
すこしずつ元気取り戻してくださいね!!

2012/12/02 (Sun) 19:56 | REPLY |   

みー  

★愛さん

こんばんは。
お悔やみの言葉をいただき
ありがとうございます。

そうなんです。
わたしは、一人っ子なんですよ。
みなさんのコメントを読むと、一人っ子の方が、結構多いのでびっくりしました。
広島までしょっちゅう帰るのは、なかなか大変だったし
母も、もう一人では生活できない状態だったので
近くに連れて来ざるを得ませんでした。
でも、家には義母がいるし、一緒には住めないので施設に入れたので
介護というようなカッコイイことは全然していないのですよ。
施設のたくさんの方々に支えていただいて
母は安心して生活することが出来、感謝感激でした。

これからは、天国でゆっくり楽しんでくれるといいなと思います。
ありがとうございます。

2012/12/03 (Mon) 00:22 | EDIT | REPLY |   

げこ  

大変ご無沙汰しております。
ツワブキの画を拝見した時、私の実家の庭に咲いていたツワブキを思い出しました。
お母様のご冥福を心からお祈りしております。
今年は亡母の13回忌、再来年は亡父の13回忌となります。
親というものは、人生の生き方、最後の亡くなり方まで、身をもって教えてくれる大切な存在です。
私も近い将来どのようになっていくのかを考えつつ、今を大切に過ごして行こうと思います。
みーさん、これからも今までどおりに癒し癒され、少しづつお元気でお過ごし下さい。

2012/12/03 (Mon) 09:03 | REPLY |   

Napoli  

愛するお母様が旅立たれたのですね。
みーさんの心痛お察しいたします。

お葉書を頂きながら伺うのが遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

文章を読みながら、お母様の思い出とお庭の花を見ながら、
お母様が愛情こめて草花のお手入れをされているお姿が目に浮かびました。

見送るのは辛いですが、
お母様、天国でみーちゃんと再会されて
きっと幸せに日々を送られていることでしょう。
みーさんの愛情にも感謝されていると思いますよ。

2012/12/03 (Mon) 09:23 | EDIT | REPLY |   

みー  

★げこさん

わわっ!
げこさん、お久しぶりです~!
お元気でしたか?
コメントいただき、とても嬉しいです。

>今年は亡母の13回忌、再来年は亡父の13回忌となります。
まぁ!
げこさんは、ずいぶん早くにご両親を亡くされたのですね。
お母様の方が先に亡くなられたのですか?
奥さんを亡くすと、男の方はガックリされるでしょうねぇ。
わたしのお友達のところも
お義母さんが亡くなられた後、1年くらいしてお義父さんも亡くなられたのですよ。

>親というものは、人生の生き方、最後の亡くなり方まで、身をもって教えてくれる大切な存在です。
>私も近い将来どのようになっていくのかを考えつつ、今を大切に過ごして行こうと思います。
ほんとにその通りですね。
わたしも、今回母の世話をして、つくづくそう思いました。

げこさん、来年の春には、お会いできるといいですね。
コメントいただき、ほんとうに嬉しかったです。
ありがとうございました。

2012/12/03 (Mon) 11:05 | EDIT | REPLY |   

みー  

★Napoliさん

温かいお悔やみの言葉をいただき
ありがとうございます。

母は、元気な頃は庭を花でいっぱいにしていたのですよ。
わたしも、こちらで買っていろいろな花の苗を送りました。
高齢になると、重いプランターを運んだり
土作りをすることが出来なくなってしまいますよね。
それに、転んで大腿骨骨折をしたり
軽く済みましたが、脳梗塞をしたり
心不全になったり・・・年をとると不測の事態になります。
自分の老後のことも考えさせられました。

今、Napoliさんの過去記事を探したら、昨年の夏の素敵なご両親の写真を発見!
Napoliさんも、どうぞご両親を大切になさってくださいね。
コメント、ほんとうにありがとうございました。

2012/12/03 (Mon) 11:34 | EDIT | REPLY |   

nanako  

お母様のご冥福を心よりお祈り致します。

“いつもおしゃれで若々しく元気だった母が、年老いていくのを見るのは辛い時もありましたが・・・” よくわかる気がします。

ご実家のお庭のお写真 とても癒されますね。
とても 大切に手入れをして育てていらっしゃたのでしょうね。

2012/12/04 (Tue) 13:26 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/12/04 (Tue) 15:53 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/12/05 (Wed) 21:36 | REPLY |   

みー  

★nanakosさんと、鍵コメさん

皆様、お返事が遅くなって申し訳ありません。
まとめてのコメントでごめんなさいね。

温かいお悔やみの言葉をいただき、ありがとうございます。
父を亡くしてからもうすぐ27年になりますが
ついに母も亡くし、淋しい限りです。
もっと早くにご両親を亡くされた方もいらっしゃると思いますので
86歳まで、母が生きていてくれたことは、感謝ですね。
人は永遠に生きられるものでもなく
順番が入れ違うことなく、看取ることができたことは
良かったかなと思っています。

寂しさは、後から押し寄せてくるかもしれませんが
しっかりと受け止めて偲んで行かなければいけませんね。
あ~あ・・・
そういう時、姉妹や兄弟のいる人は、共有できるので
いいなぁと思いますよ~。

皆様、コメントありがとうございました。



2012/12/07 (Fri) 23:12 | EDIT | REPLY |   

daizy  

おくればせながら・・・・

ひさびさにブログを更新したので、ブログのお友達周りをしてたんですが・・・・大変だったんですね。ここのところ、仲良くしているママ友達のお母様が亡くなったり、去年も別の仲良しの友達のお父様が亡くなり、小さいころ一緒に住んでいて、毎年うちにも遊びにきていた私の祖母も今年7月に病院で息を引き取りました。人が亡くなるのは本当に辛いですよね。

私もみーさんと同じで一人っ子なんです。父はおりませんので、母は今元気ですが、周りのお友達をみていて、やはりいざというときのことも考えたりします。きっと寂しくなりますよね。

ご冥福をお祈りいたします。
みーさんが一日も早く元気に過ごせるようになりますように。

2012/12/12 (Wed) 20:23 | EDIT | REPLY |   

みー  

★daizyさん

お返事が遅くなってごめんなさいね。
コメントありがとうございます。

まあ・・・。
身近で亡くなる方が多かったのですね。
我が家も、15年飼っていたみーちゃんも8月に亡くなって
ほんとうに、身近な人が亡くなるのは、辛いものです。

daizyさんも一人っ子なんですね。
わたしのブロ友さんも、一人っ子の方が結構多いので驚いています。
わたしも、父は27年前くらいに亡くなっていますので
これで一人になったなぁと、やはり寂しいですが
一人っ子同士、一緒に頑張りましょうね。

ありがとうございました。

2012/12/14 (Fri) 11:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment