初めてのお泊りオフ会(その5)恵泉蓼科ガーデン1

DSC_0808-20150628-5.jpg

(撮影日:2015/6/28)以下同じ

ブログを始めて9年・・・
今まで一度もテンプレートを変えたことがなかったのですが(めちゃくちゃ保守的)、大きな写真を貼り付けたくなって、変えてみました。
久々にテンプレートをいじったので、時間かかった~
シンプル画面ですが、これからもどうぞよろしくお願いします

20090902_898899.gif


オフ会2日目の朝、最初の訪問先は、恵泉蓼科ガーデン
この日も、朝から晴天に恵まれました
恵泉ガーデンは、恵泉女学園が保有されていますが、一般公開はされていなくて、卒業生や関係者の研修目的のみの見学と聞いていましたが、真理子さんが、当施設の専属ガーデナーをされている小澤文子さんとお知り合いということで、見学出来るとお聞きし、是非訪問させていただきたいと思いました。
真理子さん、ありがとうございました
最近は、一般でも研修目的なら見学させていただけるようです。
また、訪問前、施設内は撮影禁止と聞いていて、残念に思っていましたが、当日、撮影もオッケーとお聞きして、みんな大喜び
テンションも上がりました
また、営利目的でなければ、Facebookやブログに写真をUPしてもいいとお聞きしたので、こうして記事にさせていただくことが出来ました。
感謝感激です

上の写真は、一番最初に撮ったものです。
美しい芝生に、広々とした空間が広がり、期待が膨らみました

DSC_0810-20150628-2.jpg

ガーデン長をされている素敵な小澤文子さんに案内していただきました。
小澤さんは、恵泉女学園短期大学園芸生活学科および専攻科卒業後、同学園花卉の副手として勤務され、1999年から恵泉蓼科ガーデンの専属ガーデナーをされていらっしゃるそうです。
16年も、この恵泉ガーデンのお世話をされて来られたのですね。
お話には、長年この庭を管理されて来られた重みがありました。

DSC_0809-20150628.jpg

小澤さんは、最初に、普通の庭園と、この恵泉蓼科ガーデンとの違いを説明されました。
普通の庭園は、常にお客様が来られ、常にお花を美しく植えたり飾っておく使命があります。
この恵泉ガーデンは、一年に一度、宿根草の株分けや植え替えをされるそうですが、その他の植え替えはほぼなく、植えられた植物たちが、一年を通して自然に育っていく様子を観察するそうです。
お金を掛けて、しょっちゅう植え替えをする庭園と違って、より一般の家のお庭と、ポリシーが近い気がしました。
規模は、桁外れに違いますが・・・

DSC_0816-20150628-5.jpg

美しい宿根草ボーダーガーデン

青、白、黄、ピンクと色分けされ、その中で、花や葉の色合わせや、草姿の組み合わせを楽しめるようになっています。

向かって左側は、バックに大きな木立があり、午後から日陰になるので、日陰向きの植物を

右側は、一日日当たりがいいので、日差しを好む植物を植え込まれているそうです。

DSC_0820-20150628-2.jpg

銅葉の木は、ディアボロ

DSC_0826-20150628.jpg

ピンク色のお花は、ヤナギラン

DSC_0824-20150628-3.jpg

DSC_0827-20150628.jpg

高性の植物が、倒れないで美しく直立している秘密を教えてくださいました。

DSC_0831-20150628.jpg

よく見ると、園芸用の細い紐が、格子状に渡してあるのです。

植物の雰囲気に合わせて、丸く囲むこともあるそうです。

DSC_0833-20150628.jpg

他には、木の枝を切ったものを支柱代わりに突き挿してありました。

ナチュラルで目立たないですね。

DSC_0837-20150628-4.jpg

こんもりと咲いていたクラウンベッチ

DSC_0837-20150628-3.jpg

可愛いお花です

DSC_0850-20150628-2.jpg

DSC_0840-20150628.jpg

カワミドリのオーレア?

次に行ったつどいの里山野草園で、苗を見付けたので買いました。

DSC_0842-20150628.jpg

カワミドリ(Agastache rugosa )は、山の草地に生える高さ1mほどのシソ科の多年草。

全草にハッカに似た独特の香りがあります。

DSC_0853-20150628.jpg

↑この花は、なんでしたっけ?

追記7/14
ミューさんに、ロックローズ(シスタス)と教えていただきました。
ありがとうございます
ロックローズは、地中海沿岸原産、ハンニチバナ科コジアオイ属の耐寒性常緑低木。
一日花とのこと。

DSC_0857-20150628-4.jpg

次のコーナーは、整形的に作られたハーブガーデン。
綺麗に刈り込まれているのは、ドウダンツツジ。
イギリスでは、このような刈り込みには、常緑のセイヨウツゲ(ボックスウッド)が、よく使われますが(ガーデンフィールズでも、ボックスウッドが使われていました。)、蓼科では、茶色く寒さ焼けしてしまうということで、寒さにも刈り込みにも強いドウダンツツジが植えられています。

DSC_0859-20150628-2.jpg

ドウダンツツジは、春の芽吹きの色、秋の紅葉、そしてすべて落葉した茶色い枝の姿と、四季折々楽しめるそうです。
美しく紅葉した秋の様子は、↓こちらからご覧くださいね。
http://www.keisen.ac.jp/institution/tateshina/calendar/post-10.html

DSC_0862-20150628.jpg

このハーブガーデンには、薬効のある実のなるガリガローズ、香水を採るダマスクローズ

日本の原種で、実をジャムに出来るハマナシなどのバラも植えられています。

↑あでやかに咲いていたロサ ムンディ(ロサ・ガリカ・ヴェルシコロール)

DSC_0865-20150628.jpg

DSC_0863-20150628.jpg

DSC_0868-20150628.jpg

↑フォンテンガーデン。
実際には、作られませんでしたが、噴水が中央に上げられる予定だったため、フォンテンガーデンと呼ばれるそうです。
コンセプトは、それぞれの葉が持つ色や形、質感を楽しむグリーンガーデンとのこと。
ほんとうに美しい葉色やテクスチャーの違う木々たち・・・。
痺れました。

DSC_0885-20150628.jpg

一番奥にあるフォンテンガーデンから振り返ると

入口から通って来た庭が、一直線に見通すことが出来ます。

DSC_0874-20150628.jpg

足元に、八重のドクダミ草が咲いていました。

可愛い・・・

DSC_0879-20150628.jpg

フォンテンガーデンに植えられていたニワナナカマド。

たくさんの蕾が付いていました。

これが咲いたら、綺麗でしょうね~

DSC_0975-20150628.jpg

左が、ニワナナカマドの木。

奥に、ゲートがあり、次の秘密の花園に続きます。

DSC_0972-20150628-2.jpg

「百瀬メモリアルガーデン」と書いてありました。

恵泉蓼科ガーデンの創設に貢献された百瀬和子氏のご逝去に際して

1988年に、「フォンテンガーデン」「ハーブガーデン」と共に、作られたそうです。

DSC_0890-20150628-2.jpg

アイアンのゲートを開けると、そこはバラ園でした。

DSC_0891-20150628.jpg

イチイの生垣に囲まれたバラ園には、草花と低木のボーダーに、バラが配されています。

DSC_0892-20150628.jpg

DSC_0977-20150628-4.jpg

DSC_0979-20150628.jpg

DSC_0894-20150628.jpg

バラ園を振り返ったところ。

奥にアイアンのゲートがあります。

どこも、芝生が美しくて感動しました。

いつも、ぽんちゃんから、芝生を美しく保つのは、他の植物を育てるより難しいと聞いていました。

ほんとうに管理の行き届いた庭園だとわかります。

DSC_0896-20150628.jpg

写真が、たくさんになり過ぎますので、申し訳ありませんが

恵泉蓼科ガーデン、二つに分けさせていただきます。

続く・・・。


 恵泉蓼科ガーデン

2 Comments

ミュー  

No title

写真も沢山アップして下さって、詳しい説明に、お庭を思い出します。
ニワナナカマド、撮ってらっしゃったのですね。
ここまでの大きさは無理ですけど、沢山の蕾が付いて、うちのもこんな風にならないかなと見ていました。
オレンジの可愛いお花はロックローズ(シスタス)だったと思います。
倒れない工夫はナイショで教えて下さったのかと思ったのですが、そうでもなかったのですね。
ドウダンツツジの紅葉する頃、また行ってみたいですね。

2015/07/14 (Tue) 15:26 | REPLY |   

みー  

★ミューさん

コメントありがとうございます。
写真、全部UPすることはないのですが
多過ぎてお恥ずかしい限りです (≧∇≦;)
ニワナナカマド、立派でしたよね。
あれが咲いたら、どんなに綺麗だろうと思いました。
オレンジ色のお花は、ロックローズというんですか?
ありがとうございます。
追記させていただきますね。
倒れない工夫は、ナイショだったんですか? ∑(゜ロ゜ノ)ノ
それは、聞いてなかったということで・・・ (;゜∇゜)
ドウダンツツジが真っ赤になったところも、見てみたいですよね。
秋や冬の様子も、ほんとうに素晴らしいガーデンですね。

2015/07/14 (Tue) 20:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment