何気ないけど好きな花(その1)・・・ヒメフウロ2016

DSC_5010-20160507.jpg

(撮影日:2016/5/7)

ヒメフウロ(姫風露)
(学名)Geranium robertianum L.
(別名)シオヤキソウ(塩焼草)
フウロソウ科フウロソウ属
一年草または越年草
草丈:40㎝
花径:1.5~2.0㎝
開花期:5~8月
原産地:日本(近畿・四国)、ユーラシア大陸(広く分布)、南北アメリカなどに帰化

「ヒメフウロソウ(姫風露草)」で検索すると、別名エロディウム、学名Erodium × variabile、フウロソウ科エロディウム属の植物がヒットします。
名前がよく似ていますが、「ヒメフウロソウ」は草丈5㎝くらい、上に伸びずマット状に生育するこんなお花です。

誰が名前を付けたのかわかりませんが、こちらは「ヒメフウロ(姫風露)」
ややこしいですね
塩を焼いた時の匂いがすることから「シオヤキソウ(塩焼草)」とも呼ばれます。

DSC_5013-20160507.jpg

(撮影日:2016/5/7)

我が家のヒメフウロは、植えたものではなく、10年前くらいに

どこかから種が飛んで来て生えたものです。

CIMG2603-20060414-2.jpg

(撮影日:2006/4/14)

その存在に気が付いた頃の写真

3階のベランダに置いているチューリップやシャクヤクの鉢に出て来ました。

葉っぱフェチのわたしは、葉っぱのおもしろさが気になって抜かずに置いていたのですが

可愛いらしい小さなゲラニウムのような花が咲きました。

CIMG3659-20060516.jpg

(撮影日:2006/5/16)

ひと株がとても大きく育ち

上の写真から一か月後には、こんなにたくさん開花しました。

園芸種ではなく、ほとんど雑草に近いと思いますが

どこからかやってきた名も知らない植物が、こんなに愛らしい花を咲かせてくれ、とても嬉しくなりました

DSC_5100-20160510-3.jpg

(撮影日:2016/5/10)

以来、毎年必ずあちこちから顔を出してくれます。

何気ない小さな花ですが、大好きです

DSC_5009-20160507.jpg

(撮影日:2016/5/7)

今年の前庭のヒメフウロ

小さな星みたいに可愛いです

DSC_5110-20160510-2.jpg

(撮影日:2016/5/10)

んと・・・これは放置し過ぎ

植えっ放しのアロカシアの鉢にも、今年はいっぱい出て来ました

可愛いので、ついそのままにしてしまいました

アロカシアさん、ごめんなさい

居着いて10年にもなると、だんだん図々しくなります

DSC_5118-20160510-2.jpg

(撮影日:2016/5/10)

でも、アロカシアとのコンビネーションも、なかなか素敵です。

DSC_4878-20160505.jpg

(撮影日:2016/5/5)

ジャーマンアイリスの背景にも・・・

これは、他の鉢に生えたものが、たまたま背景になりました。

DSC_5021-20160507.jpg

(撮影日:2016/5/7)

何気ないけど好きな花(その1)でした。



 庭の植物

2 Comments

tearose  

No title

あぁ これ大好きです。
一度山野草好きのお友達のところで見て葉っぱも花も繊細で印象に残りました。
その時名前がわからなかったのですが
姫フウロと姫フウロ草があるんですね
姫フウロ草は一度買った記憶があります。
花は似たかんじだけど葉っぱが全然違うんですね
やっぱりこっちのほうが好きです。
みーさんのおかげで名前がわかって嬉しい(^^♪

2016/05/13 (Fri) 01:32 | EDIT | REPLY |   

みー  

★tearoseさん

お返事が遅くなってごめんなさい。
ヒメフウロ、好きなお花でしたか?
繊細な葉っぱと小さくて可愛いお花が印象的ですよね。
10年前に、どこかからやって来たのですが
毎年どこかから出て来てくれるんですよ。
多過ぎてじゃまだと思ったら抜いてしまっても大丈夫です。
ヒメフウロソウも可愛いですが
背が低くて全然違うものですよね。
わたしも買ったことがありますが
枯れてしまいました。

2016/05/15 (Sun) 21:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment