但馬高原植物園・・・その1

CIMG6677.jpg待雪草さんから連絡があり、ご主人との旅行の途中、関西に立ち寄られ、但馬高原植物園へ行かれるとのことで、お誘いをいただきました。おじゃまではないかと心配していたところ、amiさんもご都合が付かれたとのことで、ご一緒させていただくことに致しました。

追記2010/5/7
但馬高原植物園の住所、電話番号は
  兵庫県美方郡村岡町和池709
   0796-96-1187

参考サイト
  但馬高原植物園公式HP
  但馬高原植物園(Wikipedia)

amiさんとは、昨年秋、植花夢に待雪草さん達がいらっしゃった時のことを、モウズイカさんのドンジャラでご報告させていただいた時から、ネットでお話させていただくようになりました。
その後12月11日、京都植物園で開催された森先生の講演会のご報告では、モウズイカさんに「ami+みー」で「アミーズ」なんてお名前までちょうだいしてしまいました。
( モウズイカさんがその時のスレッドをメモリアル化してくださいました。http://mozmoz.web.infoseek.co.jp/morilive2.htm )
講演会では、二人とも参加しながらすれ違いで、今回の但馬高山植物園が初めてのご対面となりました。amiさんは、お若くて、わたしとコンビを組むのは申し訳ないくらい素敵なお嬢さんでした。それに、かねがねわたしのブログでも、わからない植物の名前をすぐさま教えてくださったり、ほんとうによく植物のことをご存知で、とても研究熱心な方です。
今回の植物園散策でも、植物の名前を数多くご存知なのには、心底驚きました。待雪草さんは元よりですが、実は後日この記事の件で、ご案内いただいた阿南さんにお電話した時、「あの方々は一体どういう方々なんですか?」と、聞かれてしまいました。だいたい学名がポンポン出て来る見学者というのもあまりいらっしゃらないようです。みなさんすごいですね(^^;)

CIMG6657.jpgそんなこんなで、植物園訪問もさることながら、待雪草さんやご主人、amiさんとのご対面など、とても楽しいひと時を過ごさせていただきました。
・・・のは良かったのですが、今回大変ショックなことがありました。それは予想以上に写真を写して、カメラのメモリーが足りなくなってしまったこともありますが(←これも相当ショック@@;)写した写真を改めて見てみると、引きの写真、遠景の画像がことごとくピンボケになっているのです。いつものカメラでいつものように写したのですが、なにが悪かったのでしょうか。それとも、知らない間にどこか触ってしまったのでしょうか。
わたしのへっぽこカメラは、クローズアップが全然ダメですが、引きもダメなら、いいとこ無しです。最初に貼り付けたこの3枚の写真も、小さくしてごまかさなければいけないくらい、激しくピンボケなのです|||(-_-;)|||||| ドヨ~ン!
やれやれ・・・レポートどうなることやらわかりませんが、ともかくもまとめさせていただきます。

相変わらず長い前置きになってしまいました(@@;)

CIMG6679.jpgさて、待雪草さんご夫妻が前日明石にご宿泊だったため、9月11日月曜日、朝9時30分に明石での待ち合わせとなりました。amiさんとのうれしい初対面を済ませ、待雪草さんのご主人が運転される車に乗って、一路但馬へ向かいました。
但馬高山植物園へ着いたのは、ちょうど12時頃でした。待雪草さんが、やはり見て回るのなら案内してくださる方をお願いしようということで、受付でお聞きすると、30~40分待っていただけますか、とのこと。待つ間、急いでそばのレストランで昼食を取ることに致しました。
CIMG6646.jpg


ご案内くださったのは、阿南さんとおっしゃる植栽部の方で、解説は丁寧でわかりやすく、とても楽しいものでした。
やはり広い植物園は、自分達だけで回ると見逃すものも多く、許されるならば園の方に説明していただくというのが、一番いい鑑賞の仕方ではないかと思います。(園内で迷子にならないためにも^^?)
阿南さん、ご案内いただきどうもありがとうございました。(お写真を掲載するお許しをいただきました。)




CIMG6647.jpg
最初に教えていただいたのがカリガネソウです。


カリガネソウ(雁金草)
(学名) Caryopteris divaricata
(別名)ホカケソウ(帆掛草)
クマツヅラ科カリガネソウ属
多年草
草丈:1~1.5m
花径:約1cm
開花期:8月~秋
原産地:日本~中国




CIMG6763-2.jpg
阿南さんが、カリガネソウの葉っぱをちぎって「匂ってみていただけますか?」とおしゃいます。
順番に匂ってみると「うへ~っ!」と言うようなにおい!
覚えにくくても、このにおいを嗅げば忘れないでしょう?と言われたように、独特の臭いにおいがします。花がかわいいのに臭いとは、残念ですね~。
たくさん咲いていました。丸いつぼみも種も、かわいい花です。



CIMG6763.jpg

CIMG6651.jpg
右の写真も小さくてとてもかわいらしい花、名前もかわいい・・・水玉草。

ミズタマソウ(水玉草)
(学名)Circaea mollis
アカバナ科ミズタマソウ属
多年草
開花期:晩夏~初秋

果実が球形で白毛が密生しているので、これを水玉に見立てたものだそうです。

CIMG6877.jpg

キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)
(学名)Kirengeshoma palmata
(英名)Yellow Wax-Bells
ユキノシタ科キレンゲショウマ属
多年草
花径:3~4cm
草丈:約1m
開花期:7~8月
原産地:東アジア、日本(本州~九州)


先日の六甲高山植物園でも見たキレンゲショウマ。英名のとおり、ロウのような質感の花を咲かせます。つぼみが丸くて愛らしいです。



CIMG6659.jpg

CIMG6665.jpg CIMG6664.jpg

小さな橋のたもとに、紅白のミズヒキが植えられていました。

CIMG6649.jpg

ミズヒキ(水引)
(学名)Polygonum filiforme
タデ科タデ属
多年草
花径:約0.2~0.3cm
草丈:約50~80cm
開花期:8~10月


花が上から見ると赤、下から見ると白いところから水引という名前が付きました。



CIMG6654.jpg

白花の白い斑入りはとてもきれいですが、庭植えにすると旺盛過ぎて、待雪草さんのお宅ではお困りのようでした(^^;)



CIMG6680.jpg

CIMG6691.jpg

CIMG6689.jpg

キセルアザミ(煙管薊)
(学名)Cirsium siebolbdii
(別名)マアザミ
キク科アザミ属
多年草
草丈:50~100cm
開花期:9~10月
生育地:湿地




これからがちょうど見頃なのか、たくさんつぼみが付いて咲き始めていました。うつむいて咲く姿が可憐な感じがしますが、姿がキセルに似ているのでその名前が付いたそうです。

CIMG6695.jpg

CIMG6694-2.jpg
ツリフネソウ(釣船草)

(学名)Impatiens textori
(別名)ムラサキツリフネ(紫釣船)
ツリフネソウ科ツリフネソウ属
一年草 
花径:約3~4cm
草丈:約50~80cm
開花期:8~10月

ホウセンカの仲間で、熟した果実にちょっと触れるだけで種を勢いよくはじき飛ばすそうです。日本のインパチェンスだとおっしゃっていました。

CIMG6062-2.jpg

右は六甲高山植物園で写したハガクレツリフネです。ハガクレの方は、上から見ていたら咲いているのが全然わからず、ひっそりと咲いていますが、色も目立たない白・・・。ツリフネソウの方は派手なピンクで、とても目立ちますね。






CIMG6708.jpg
フシグロセンノウ(節黒仙翁)
(学名)Lychnis miqueliana
ナデシコ科センノウ属
多年草
花径:約4.5~6cm
草丈:約40~80cm
開花期:7~10月

花茎の色が黒っぽいところから、この名前が付きました。独特の美しい花色で、咲いていると目を引きます。


 

 但馬高原植物園

22 Comments

げこ  

前回の名無しは、大当たり、げこでした。
今日は失敗なしです。
但馬植物園は去年今年とビズにも紹介され、とても清々しく整備されていて、
一度は行ってみたい所です。
amiさんや待雪草さんがご一緒ならますます楽しかったでしょうね。
我が家のカリガネソウは去年植えて今満開を過ぎているところです。
そんなに変な匂いがするのですか?知りませんでした。
お花はうんと可愛いのにね~。今年は斑入りのカリガネソウを見つけて、また植えてますが、。思ってたより大きくなって、植える所を考えなくてはね。
説明する人が付き添ってくれて、皆さんも植物にも詳しく、そんなツアーがあったらぜひ参加してみたいですね。
みーさんレポート、楽しみにしていま~す。

2006/09/13 (Wed) 15:04 | REPLY |   

ミュー  

いつも丁寧なレポートで、よく分かりますし、みーさんがお出かけされた後は、楽しみにしています。
水玉草は初めてですが、かわいい名前のお花があるのですね。
明日も珍しいお花が見られるのを楽しみにしています。

2006/09/13 (Wed) 16:08 | REPLY |   

みー  

●げこさん
早速のご訪問、ありがとうございます。
きのうどうしてもUP出来ず、今日になってしまいました(^^;)

カリガネソウは、あまりカンカン照りのところでは育ちにくいのでしょうね。
げこさんは日陰に植えていらっしゃいますか?
げこさんのところのように、山野草は冷涼なところの方が良く育つような気がします。
お花がかわいいのに臭いとはかわいそうですが、げこさんがあまり気が付かれないのなら、そんなに激しいものではないのかもしれませんね。
斑入りのものは、葉っぱも楽しめますね。

植物園散策は、ガイドしてくださる方がいらっしゃった方が、やはりいいですね。
小さい花や咲き終わったものなどは、絶対見逃してしまいますもんね。
また、げこさんともいつかご一緒したいものですね~♪

2006/09/13 (Wed) 16:11 | EDIT | REPLY |   

みー  

●ミューさん
レポート、楽しみにしていただいてうれしいです♪
ありがとうございます。
今回はでも、写真がひどくてがっかりしているのです。
遠景写真が没だと、全体の雰囲気が伝わらないですよね~。
あ~!残念!

水玉草、かわいい名前ですよね。
山野草は、可憐なものが多いです。
この花も、ガイドさんに教えていただかなくては、小さくて見逃していたと思いますよ。

2006/09/13 (Wed) 16:17 | EDIT | REPLY |   

クロはち  

楽しみにしておりました。但馬高山植物園恐るべし!ですね
ワクワクする花ばかり またまたみーさん解説付きで 楽しませていただいております
カリガネソウのつぼみ可愛いのに葉ウヘーなんですか 忘れられない?凄そうです・・・
キレンゲショウマ八ヶ岳のあの子ですね これ欲しい!
キセルアザミは始めて見ました
本当に珍しい草木がワンサカ ありがとうございました(^o^)/  
 

2006/09/13 (Wed) 17:00 | EDIT | REPLY |   

みー  

●クロはちさん
但馬高山植物園、今頃はお花ないのかと思って行ったのですが、たくさん咲いていたのでうれしい驚きでした。
ほんとうに高山植物恐るべしです。
山野草のことは、なんにも知らないのだなぁとつくづく思いました。
長々しいレポート、いつも楽しみにしていただいてとてもうれしいです。
お聞きしたお話を全部覚えていられないので、充分なレポートではありませんが、写真もお話もできるだけご紹介できればと思っています。
お陰でいつも長くなって申し訳ないのですが・・・(^^;)

カリガネソウはかわいいのに臭いなんてね~。
なるべく触らないで育てるってのはどうかしら・・・(^^;)
キレンゲショウマ、クロはちさんのところで大株にしてみてください♪
葉っぱもお花もすっきりして、とても素敵な植物ですよね。
キセルアザミはかわいかったので、写真をたくさん撮ってしまいました。
また、がんばって続きをまとめま~す!

2006/09/13 (Wed) 17:46 | EDIT | REPLY |   

takumama  

またまた素敵なお出かけ、羨ましいです。
続きもあるようで、楽しみ~~♪
みーさん、頑張って書いて下さいね。

メモリアル化スレッドも楽しく読ませていただきました。
数年前に東京で開かれたモウ様の講演会へ行ったことがあるのですが、その時に皆さんが胸にHNをつけていて下さったらいいのにな~なんて思ったことを思い出しました。^^

2006/09/13 (Wed) 18:55 | EDIT | REPLY |   

ami  

みーさんこんにちは。
先日は御世話になりました~。
初めてお会いしたのにまえからお友達だったようなあの不思議な感覚はネットの交流ならではですね。
生みーちゃんの携帯待ち受けも見せていただき♪
お会い出来てほんとにうれしかったです。

おお、みーさん、ご一緒して同じところを歩いた筈なのに着眼点が違います。
最初のお写真のコニファーがある庭園みたいなとこはどこにあったのでしょう?
ミズヒキもキセルアザミもキレンゲショウマもみんなきれいに撮れてますね~。
続きが楽しみです。








2006/09/13 (Wed) 19:14 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/09/13 (Wed) 20:24 | REPLY |   

chiemi  

と言って、良いのでしょうか・・・
改良されないお花。
観賞用でなく、自然のお花は、
なんて綺麗なんでしょうか・・・・・・
野に咲くからこそ、美しいのでしょうね。
私も、早く足を治して、お花を見ながら歩きたいです。

2006/09/13 (Wed) 20:54 | REPLY |   

みー  

●takumamaさん
コメントありがとうございます。
わたしは元々が出不精なもので、誘っていただかなくてはなかなかどこへも行かないタイプです。
今回も誘っていただいたので、行くことが出来ました。
ありがたいことです。

メモリアル科スレッド、お読みいただいたのですか?
自分で貼り付けといて言うのもなんですが、恥ずかしいです(@@;)
ずいぶん調子に乗ってカキコしたものです(ーー;)
ドンジャラの住人の方々は、みなさん心やさしい、いい方ばかりです。
(このところ、すっかりご無沙汰・・・x_x;)

モウ様の講演会、いらっしゃったのですか?
ほんとうにHNの名札がいりますよね(^^;)
また、いつかtakumamaさんともお会いできるといいですね~♪

2006/09/13 (Wed) 21:38 | EDIT | REPLY |   

みー  

●amiさん
お~!amiさ~ん!
こちらこそ、先日はありがとうございました。
お会いできてとてもうれしかったです。
お会いするのは初めてですが、ネットでは長くお話させていただいてるので、ほんとうに前からのお友達のような感じですよね。
ネットつながりって、おもしろいです。

先程やっとわたしもドンジャラ拝見しました。
amiさんのお写真もとても素敵です~♪
ツリフネソウもフシグロセンノウも、すごく神秘的に撮れてますね~♪
同じものを撮ってもアングルが違ったり、おもしろいものですね。
久しぶりにわたしもカキコさせていただかなくっちゃ~と、思ってしまいました。

2006/09/13 (Wed) 21:53 | EDIT | REPLY |   

みー  

●管理人のみ閲覧様
コメントありがとうございます。
な~るほど!
わたしも、そういうこともあるかもしれないと薄々思いました。
遠景の写真をよく見ると、カメラ中央に焦点が合ってなくて、手前のものにピントが合ってるのです。
中央のピント合わせの四角が、赤から緑にならないなぁとは思っていたのですが、こんなことになるとは愕然でした。
赤のままで平気で写していた方も写していた方です。
チューリップマークにはせず、全部オートフォーカスで撮っていたつもりだったのですが、なにかの拍子に作動させたのかもしれませんね。
ご意見、ありがとうございました。

2006/09/13 (Wed) 22:05 | EDIT | REPLY |   

みー  

●chiemiさん
ほんとうに自然のお花は美しいです。
お庭に植える花は仮の姿、やはり野に咲く花が本来の花の姿のような気がします。
時には山や野に出向いて、自然に触れるのはとてもいいことかもしれませんね。
意匠を凝らす庭造りが、ちょっと恥ずかしくなったりします。
chiemiさんも、早く足が治るといいですね。

2006/09/13 (Wed) 22:15 | EDIT | REPLY |   

ぽん  

UPを待ってたよん (^O^)/

今回も六甲と同じく案内してくださる方がいらしてよかったですね
やっぱり植物園の方に案内して頂くのは見所が分かって良いです
でも、植物の説明は待雪草さんやamiさんがいらっしゃるから同じかな

私が但馬高原植物園へ行ったのは8月18日だから
みーちゃんが行くのは 1ヶ月も経たないんだけど
また 違う花が咲いているみたいね 楽しいです
節黒センノウ、黄レンゲショウマは咲いてたけど 
ミズヒキはまだだし カリガネソウも咲いてなかった
わぁん キセルアザミ!アザミフェチだから見たかったなぁー
いなばやさんが憧れたって言う但馬高原のサラシナショウマ
サラシナショウマは 私が行った時は すでに蕾が沢山あったけど咲いていたかしら?
UPが楽しみだわん

amiさん 
今回はご一緒出来なくて残念です
また機会がありましたら お会いしたいですね

2006/09/13 (Wed) 22:47 | EDIT | REPLY |   

みー  

●ぽんちゃん
やっと、その1をUPしたよん。
しかし、今回は参った!
写真が、それでなくてもイマイチなのに、引きの写真がほぼ全滅なの・・・トホホ・・・(p_q*)シクシク
こんなことは初めてで、ちょっとショックです。
これからは気をつけようっと・・・(×_×)

ガーデンフィールズの時も20日しかたってなかったのに、とても変化していましたが、但馬もまた違う花が咲いてるかな?
キセルアザミは魅力的な花だったから、写真バシバシ写しちゃった(^^;)
サラシナショウマも咲いてたよ~!
わたしは初めてみたので、ほんとに感動した!
きれいだったよ~♪
でも巨大だった。
野生のものは大きいんだね~。

amiさんは北山も来られるみたいよん。
だから会えるです♪

2006/09/13 (Wed) 23:45 | EDIT | REPLY |   

HUKUHUKU  

 さすが、みーさん、レポート、読み応えあります。
勉強になります・・・。
インパクトのあるアザミですね。初めてみました。
ミズタマソウもはじめて、名前もお花も愛らしい
ですね・・・。
メモリー不足・・、きれいに、画像アップされて
いますよ・・・。

2006/09/13 (Wed) 23:57 | REPLY |   

ささゆり  

こんばんは
 田舎で、ツリフネソウの花びらを10本の指にさして嬉しがっていた小さい頃を、懐かしく思い出しました。
 ミズタマソウ、キセルアザミ、初めて見ました。

2006/09/14 (Thu) 00:14 | REPLY |   

みー  

●HUKUHUKUさん
レポート、お褒めいただいてありがとうございます。
読み応え・・・あり過ぎません(^^?)
文章は簡潔にと思っているのですが、ついつい長くなってしまって申し訳なく思っています。

アザミはなかなか造形的で美しい花ですよね。
好き嫌いがあるかもしれませんが、インパクトのある花です。
ミズタマソウ、かわいいでしょう?
わたしのカメラでは、こんな写真しか撮れませんでしたが、いいカメラで写したら、もっと魅力的な画になるでしょうね。

写真、よく撮れているでしょうか。
なかなかうまく撮れなくて四苦八苦しているのですよ。
ありがとうございます。

2006/09/14 (Thu) 01:16 | EDIT | REPLY |   

みー  

●ささゆりさん
え~!
お子さんの時、ツリフネソウが近くにあったのですか?
それはいいところにお住まいだったのですね。
なるほど、あの花びらを指に?
かわいい遊びをされたのですね。
とても楽しそうです。

2006/09/14 (Thu) 01:21 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/05/06 (Thu) 12:07 | REPLY |   

みー  

★鍵コメさん

コメントをありがとうございます。
確かにそうですね。
気が利かなくて、申し訳ありませんでした。

早速、追記させていただきます。
是非、ご訪問されてくださいね。

2010/05/07 (Fri) 02:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment