但馬高原植物園・・・その3

CIMG6850-5.jpg

CIMG6850.jpg
アケボノソウ(曙草)
(学名)Swertia bimaculata
リンドウ科センブリ属
二年草
分布:北海道~九州
生育地:山野の湿地
草丈:約50~80cm
花径:約1.5~2cm
開花期:9~10月


CIMG6851.jpg




この花、初めて見ました。星のような形で模様がとても美しいです。
「曙草」という名前は、花びらの斑点を夜明けの星空に見立てて付けられたそうです。
花びらにある黄緑色の二つの班点から蜜(みつ)を染み出させ、虫を誘うそうです。


CIMG6704-2.jpg

CIMG6745.jpg


カクトラノオ(角虎の尾)
(学名)Physostegia virginiana
シソ科フィソステギア属
多年草
分布:北海道~九州
生育地:日当たりが良く、水はけのいい場所
草丈:約40~120cm
花径:約2~3cm
開花期:8~9月
原産地:北アメリカ





CIMG6745-2.jpg



茎の断面が四角いので、和名の「角虎の尾」という名前が付きました。
1683年にヨーロッパに紹介され、日本には大正時代に渡来したそうです。






CIMG6748.jpg

CIMG6751.jpg


カワミドリ(河碧、川緑)
(学名)Agastache rugosa
シソ科カワミドリ属
多年草
分布:北海道~九州
生育地:山地の草原
草丈:約40~80cm
花穂:約5~15cm
花径:約1cm
開花期:8~10月
  


この花、以前育てたことのある、アガスターシェ(アニスヒソップ)にそっくりです。でも、こちらは日本原産のもののようです。先日、六甲高山植物園でUPしたヒゴタイとルリダマアザミがそっくりなのと同じですね。
葉をもむと、ハッカのような特有な香気がします。地上部を乾燥させたものを漢方でカッコウと呼び、芳香健胃薬として胃腸疾患に用いるそうです。

CIMG6756.jpg

オオナルコユリ(大鳴子百合)
(学名)Polygonatum macranthum
ユリ科ナルコユリ属
多年草
分布:北海道~九州
生育地:日陰を好む
草丈:約100cm
花長:約4cm
開花期:6月下旬~7月中旬


確かこれはオオナルコユリと言われたと思うのですが、黒い実がたわわに生っていました。



CIMG6758-2.jpg



フジの蔓が巻き付く大木・・・。

植物では、他の木につるを巻いて動けなくさせる「シメゴロシ」と呼ばれるものがありますが、阿南さんがおっしゃるには、中でもフジが一番きついそうです。
実際に巻き付かれて枯れてしまった木も、見せていただきました。

植物もサバイバルですね。






さて、次はいよいよ但馬高山植物園の最大の見所、樹齢1000年以上の「大カツラ」見学なのですが、張り切って写したたくさんの写真はことごとくピンボケでありました(ーー;)ア~ァ!

CIMG6809.jpg  CIMG6799.jpg

↑雰囲気はこんな感じ・・・(^^;)

CIMG6805.jpg

CIMG6804.jpg
日量5,000tもの湧水は、この園内のシンボル「大カツラ」の木が瀞川山から呼び寄せているそうです。夏でも水温が10度前後という、ひんやり冷たいこの自然水、わたし達ももちろん味わいました。
本当に冷たくておいしいお水でした。ここのお水は観光客用に自由に飲めますが、他の場所では販売もしているそうです。

ここで阿南さんが、落ちているカツラの葉っぱを出来るだけ拾ってみてくださいとおっしゃいました。わたし達は、なんのことやらわからないまま落ち葉を集め、それを阿南さんに渡しました。すると、しばし手の平の中でもむようにされ、匂ってみてくださいとおっしゃいます。
順番に匂うと、なんとも言えない甘いような香りがします。

カツラの木は別名コウノキ(香の木)とも呼ばれ、「香りが出る=香出(かづ)」から次第に「かつら」になったと言われるそうです。阿南さんは、「なんの匂いに似ていると思われますか?説明するのにむつかしいのですが・・・。」とおっしゃっていました。確かに表現しにくい匂いです。甘茶のような匂いかな?という意見が出ました。ネットで調べてみると、「落ち葉はしょうゆのような匂いがする」と書いてあるサイトがありましたが、う~ん、しょうゆの匂いではないような気がします・・・(@@;)
もし、カツラの木がお近くにあったら、落ち葉を集めて匂ってみてはいかがでしょう。また、感想をお聞かせくださいね。

 但馬高原植物園

23 Comments

unknown  

アケボノソウは模様がかわいいですね。あんなところから蜜が出るんですか?
お花の仕組みは不思議ですね。
水のそばに生えているので、庭では育たないのでしょうね。

2006/09/15 (Fri) 16:19 | REPLY |   

ミュー  

↑  私です。
送信をクリックしまいました。すみません。

2006/09/15 (Fri) 16:21 | REPLY |   

polepole  

はじめまして!

履歴からお邪魔いたしました。
但馬高原植物園からのレポート 素晴らしいです!
まさに植物図鑑ですね。
知りたいと思うツボを押さえられていてすごい!

私も植物が好きで 写真を撮ったり 絵を描いたりしています。
どっちもあまり見られたものではありませんが・・・
日本テリアという珍しいワンコと暮らしております。
コメント欄にミューさんのお名前を発見しました。
嬉しいです。

またお邪魔させていただきますね。

2006/09/15 (Fri) 17:04 | EDIT | REPLY |   

inabaya  

曙草 一回 育てたことがあります。確か種がついてそれをまた蒔いたような・・・(記憶がはっきりしない)。
見つめる瞳のような(?)キュートな花が特徴的だったような・・
ようなような連続だな~(苦笑)。
ともかく一目会ったその日からとりこになること まちがいない!
でも、真上から見ないとくらっと来ないですがね^^;。

2006/09/15 (Fri) 17:57 | REPLY |   

ぽん  

アケボノソウ 初めて見ました
白に紺の斑点が江戸時代の着物の配色みたいで面白い
画を見るとホトトギスの花ぐらいの大きさかと思ったら
1.5~2cm と小さな花なんだ  おっ センブリの仲間なのね
センブリの花も星みたいで可愛いよね 昔でよく見ました

いなばやさん 何でも育てたことがあるのですねぇ 感心

2006/09/15 (Fri) 20:03 | EDIT | REPLY |   

さくら  

アケボノソウ、美しいですね。はじめて見ました。
ちょっと見にはホトトギスみたいですけど
もっとほっそりしているようですね。
カクトラノオがあるのに びっくらです。
カクトラノオとはなんぞや、ルピナスが野草みたいなことなのかな?

2006/09/15 (Fri) 20:32 | EDIT | REPLY |   

げこ  

曙草って面白いお花ですね。皆さんの反響もすごいですね。
本物を見てみたいです。
その1に出ていたカリガネソウ、葉っぱは変な匂いでした。
枯れこむまで放ったらかしにしてたので、気が付かなかったのかも、。
今度はカツラの木を何処かで試してみましょう。
花の匂いじゃなくて葉っぱの匂いってあまり気にしなかったけど、色々あるんですね。

2006/09/15 (Fri) 20:48 | REPLY |   

みー  

●ミューさん
アケボノソウ、かわいいでしょう?
立ったまま見ていたのではわかりませんが、近付いてよく見ると模様に気が付きます。
こんな感じの模様のお花はあまりないですよね。
黄色いところが蜜線とは、ネットで調べてわかりました。
おもしろいところにありますね。
ほんとに不思議です。

沢のようなところに生えていました。
お水が好きみたいですね。
家で育てるとしたら、水遣りが大変かな・・・?

2006/09/15 (Fri) 22:48 | EDIT | REPLY |   

みー  

●polepoleさん
初めまして!
ようこそ、おいでくださいました。
たぶんミューさんのところから、おじゃまさせていただいたのだと思います。
のぞき見でごめんなさい。
polepoleさんのブログのお菓子みたいなバラ、ケーキの上に乗ってるバラみたいにきれいでした。
ぶんちゃんもかわいいですね。
それにそれにボタニカル、お上手でびっくりしました。
また、是非おじゃまさせていただきますね。

ブログお褒めいただいて、ありがとうございます。
polepoleさんの写真はとてもすてきですが、わたしのは失敗ばかり・・・。
カメラも腕もイマイチなので、お恥ずかしい限りです。
また、遊びに来てくださいね。

2006/09/15 (Fri) 23:17 | EDIT | REPLY |   

陽介@【植物自由区・区長】  

カツラの葉ですが、砂糖を焦がしたにおいがしませんでしたか?
カツラの葉が展開して少しの間は、葉が風に揺れるたびに、砂糖を焦がしたにおい(ワタアメと同じにおい)がします。

歩いていると、この香りがするだけで近くにカツラの木があると想像がつきます。

落ち葉も、落ちて間もない頃は、ワタアメと同じにおいがすると思いますが、いかがでしょうか。
やっぱり醤油の臭いかしら?

2006/09/15 (Fri) 23:20 | EDIT | REPLY |   

みー  

●いなばやさん
アケボノソウ、育てたことがあるとは、さすがいなばやさん!
家でちゃんと咲いたのですか?
すご~い!
わたしは初めて見ました。
ほんとうに、「一目会ったその日からとりこになること まちがいない!」です(^^;)
愛らしいので、写真バシバシ撮りました♪ 

2006/09/15 (Fri) 23:25 | EDIT | REPLY |   

みー  

●ぽんちゃん
ぽんちゃんもアケボノソウ、初めて見る?
>白に紺の斑点が江戸時代の着物の配色みたいで面白い
なるほどね~。
和風っぽいと言えば和風っぽいね。

センブリの花、調べてみました(知らない σ ^^;)
星型でそっくりな花なんだ~。

いなばやガーデンって、なんでもありそうよね。
探索してみたい・・・(^^)♪

2006/09/15 (Fri) 23:43 | EDIT | REPLY |   

みー  

●さくらさん
アケボノソウ、きれいな花ですよね。
さくらさんも、初めてご覧になりますか?
一度見たら忘れられないくらい、かわいい花ですよね。

>カクトラノオがあるのに びっくらです。
>カクトラノオとはなんぞや、ルピナスが野草みたいなことなのかな?
そう言われれば、確かに不思議な存在?
自然に日本の野山に生えているもんなんですね。

2006/09/15 (Fri) 23:59 | EDIT | REPLY |   

みー  

●げこさん
アケボノソウ、注目の的ですね~(^^;)
確かにわたしも、見た時はかわいくて目が釘付けでした。
今度、げこさんも本物見てくださいね。

カリガネソウ、匂ってみましたか?
やっぱり変な匂いでした(^^?)
今度はカツラの葉も匂ってみてくださいね。
木の葉っぱを匂うなんて、あまり思い付かないですが、不思議ですね。
阿南さんがおしゃっていましたが、わたし達が匂った葉っぱは湿っていましたが、乾燥するともっと香るそうです。

2006/09/16 (Sat) 00:07 | EDIT | REPLY |   

みー  

●陽介さん
わ~!
さすがオールマイティー陽介さん!
カツラの葉のこともご存知でしたか?
「砂糖を焦がしたにおい」確かにそうそう・・・。
そう言えば、amiさんが、わたアメのようなにおいがすると言っていたような・・・。
ネットにも、木のそばにいるだけで香りがすると書いてありましたが、やはりそうなのですね。
ほんとうに「香の木」と呼ばれるはずです。
醤油より、わたアメに1票です(^^)♪

ありがとうございましたm(._.*)mペコッ

2006/09/16 (Sat) 00:19 | EDIT | REPLY |   

HUKUHUKU  

みーさん
 すばらしいレポートですね。毎回、勉強になります。
 やはり自然のトラノオは、立派ですね。
 より、凛としていますね、花芽もしっかりしているし。
 
 こういうところでいただくお水は、また、格別ですよね。
 新鮮なお水が、身体にしみわたっていきそうですね。

 爽快!!!!!

2006/09/16 (Sat) 01:14 | REPLY |   

みー  

●HUKUHUKUさん
レポート、お褒めいただいてありがとうございます。
もう、調べまくりですが・・・(^^;)
こちらこそ、自分でもいいお勉強になります。

みんなお花が生き生きしてました。
肥料も水も多分やってないと思いますが、自然の力はすごいですね~。

お水はほんとうに冷たくておいしかったです。
買って帰ったら良かったかなぁと思いましたが、あの場で飲むお水は、やはり格別かもしれませんね。
1日に5,000tも湧き出るなんて、すごいですよね。
だいたい5,000tって、どれくらいか想像も付きませんが・・・(^^;)

2006/09/16 (Sat) 02:35 | EDIT | REPLY |   

ちか  

こんにちは~!!!
アケボノソウってアップで見たらすっごく変わった模様ですね~。でも遠めだとほんと小さいお花なんですね~。
それにフジの蔓の「シメゴロシ」はかなりビックリしてしまいました。
そんな力があるんですね~。
大木も負けちゃうだなんて!!!
この写真の木もなんだか苦しそうで可哀想!!
それとカツラの葉っぱが匂うなんて詳しい人がいないとわからないもんですね。
こういう詳しい説明を聞いて周るのって勉強になるし楽しいですね~♪
う~んどういう匂いか匂ってみたいな~!!

2006/09/16 (Sat) 15:54 | REPLY |   

みー  

●ちかちゃん
アケボノソウって、不思議な模様してるよね~。
しげしげ見ちゃったよ。
フジの「シメゴロシ」・・・ほんとビックリ!
何年もかかってだろうけど、すごい力があるんだね。

カツラの葉っぱのことは、わたしも他の人もみんな知らなかったので、ガイドさんに教えてもらって勉強になりました。
独特の匂い・・・実際に匂ってみなければわからないよね。
今度機会があったら匂ってみてね。

2006/09/16 (Sat) 16:27 | EDIT | REPLY |   

ささゆり  

こんばんは
 アケボノソウを見に、但馬高原植物園へ行きたくなりました。
 植物の進化は人間の進化より優れているそうですから、
こんなところから蜜を出すのも納得してしまいます。
 桂の木も大好きで庭に植えたいのですが、大きくなるというので、
断念しています。
 私もどこかで葉を揉んで、香りをかいでみたいです。

2006/09/16 (Sat) 22:55 | REPLY |   

みー  

●ささゆりさん
季節季節で、咲いているものが違うので、折々に行けるといいですが、少し遠いですね。
でも、アケボノソウは必見かもしれないですね。
小さな花ですが、近寄ってみるとその愛らしさにとりこになりました。

植物の進化と言えば、ランの昆虫を蜜腺に導く進化と来たら驚くものがありますね。
カツラの木は葉っぱが丸くてとてもかわいいです。
またどこかで木を見つけて、香りを確かめてみてくださいね。

2006/09/16 (Sat) 23:14 | EDIT | REPLY |   

chiemi  

二日仕事依頼が来て、仕事をしたため、
少し熱を出して寝ていました。
ご無沙汰しました。寂しかったですが・・・
今までの分など、ずっと過去に遡って楽しませていただきました。

自然の息衝きが聞こえてきそうな・・・そんな風景ですね。
部屋の障子を開けたら、さらさらと小川が流れているような、
とっても気持ちの良い写真をたくさん見れて、
心が安らぎ、穏やかな気持ちになりました。

2006/09/17 (Sun) 19:44 | REPLY |   

みー  

●chiemiさん
お熱はいかがですか?
なかなかすぐには、いつもどおりには行きませんね。
お仕事の依頼が来るのはありがたいことですが、少しづつ体慣らしをして行かなければいけませんね。
無理をされませんよう・・・。

ブログ、過去に遡って読んでくださったのですか?
ありがとうございます。
美しい言葉でお褒めていただいて、大恐縮です。
うれしくてとても励みになります。
でも、chiemiさんのブログの方こそ、心が安らぎ、穏やかな気持ちになりますよ。
いつも「今日はなんのお写真かしら?」と楽しみに拝見しています。

2006/09/18 (Mon) 00:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment