FC2ブログ

『美女と野獣』

縮小 
皆様、こんにちは。
今日は、久しぶりに映画記事です。
な、なんと!
調べてみると、ブログで映画記事をUPするのは、2014年3月の『ゼロ・グラビティ』以来でした(・・;)マ、マジ!?...
どんだけサボっていたんでしょうか (゚o゚;
なかなか映画には行けませんが、それでも、ちょこちょこは行っています。
4月26日は、映画友達Bと、『美女と野獣』を見に行きました。
映画友達Aは、残念ながら体調が悪く、欠席。
友達と映画に行くのは、前回いつだったか忘れてしまいましたが、もう1年以上前だったように思います。
ずいぶん久しぶりでした。
映画友達Aとも、また元気になったら一緒に行きたいと思います。
この日は、レディスデイで、満席。
ネットで早めにチケットを買っていて良かったです。
前後左右、おばさん達でいっぱいでした(自分たちもね ^_^;)
縮小2 
映画、とても良かったですよ~!
小さい子の見る映画と言うより、大人のメルヘン、大人のエンターテインメントという感じでしたが。
実は、『美女と野獣』実写版、前にも見たと思っていたのですが、ストーリーが違う。
家に帰ってネットで探すのですが、どうしても見付けられず、気になってあれこれ検索している内に、『オペラ座の怪人』だったことに気が付きました。
全然違うじゃん!
やれやれ、わたしって本当にバカね (;´Д`)
因みに、『オペラ座の怪人』を見たのは2004年だったようです。
ブログを始めたのが2006年なので、それよりまだ前のことでした。
あの映画も良かったです。
予告編動画は、こちらをご覧ください。
IMG_6345-2.jpg 
『美女と野獣』の主人公ベルは、ハリー・ポッターシリーズで、ハーマイオニーを演じたエマ・ワトソン。
『ハリー・ポッターと賢者の石』でデビューしたのは、10歳の時だったようです。
あれから17年も経ち、今では27歳のお嬢さんになったのですから、月日の経つのは本当に早いものです。
美しい大人の女性になりましたね。
親戚のおばさんみたいに、感無量です。

『美女と野獣』は、改めて調べてみるとフランスの異類婚姻譚(いるいこんいんたん)で、1740年に最初に書かれ、現在広く知られているのは、それを短縮して1756年に出版されたボーモン版らしいです。
『白雪姫』や『シンデレラ』と同じように、古くからある民話が元になっているのですね。
ウォルト・ディズニー制作のアニメーション映画が上映されたのは、1991年ということなので、わたしの年齢では、『白雪姫』(1937年)や『シンデレラ』(1950年)、『不思議の国のアリス』(1951年)などに比べると、あまり馴染みがないはずです。
33d3d45f590c399d04c6b003ece.jpg 
主人公のベルは、美しいだけでなく、読書が大好きな聡明で行動力のある女の子。
村の人々からは「変わり者」と呼ばれています。
アニメ映画『美女と野獣』が作られた時、ベルのモデルとなったのは、キャサリン・ヘップバーンが演じた『若草物語』(1933年)のジョーとのこと。
他にも、ヴィヴィアン・リー、オードリー・ヘップバーン、ジュディ・ガーランドが外見のモデルとなったそうです。
ただ美しいだけでなく、利発で自我を確立した凛々しいベル
大人になり美しく成長したエマ・ワトソンが、その気丈な役を見事に演じていたと思います。
4月21日に、テレビで放送された『シンデレラ』(2015年)を見ましたが、それもとても良かったです。
やっぱりディズニー作品は、夢があって映像が美しく素晴らしいですね。
ひと時、夢のような世界に浸って、楽しく過ごすことが出来ました。

 映画 は行

2 Comments

キャットママ  

今更ながら~(^_^;)

えへへ、みーさんコンニチハ!
今更ながらノコノコ出てきてゴメンナサイね。
実は映画の記事をときどき拝見していまして、それで遊びに参りました。
以前、市川雷蔵の映画の事も書かれていたでしょう。
ワタシ雷様ファンでして、昔仕事を抜け出して「雷蔵祭り」の映画に通ったこともありました。写真集も本もたっぷりあります(^.^)あんなに目張りのにあう役者はいないと惚れ込んでおりました。声もいいし~。
あぁなんであの時こちらにコメントを入れなかったんだろう。

いえいえ今日は雷様の話ではなくて、「美女と野獣」のお話なんです。
つい最近WOWOWで放映されていたので観て、実写版のあまりの出来の良さに驚愕!本当に素晴らしい映画でしたねー!!
あぁ 映画館のスクリーンで観れば良かったと後悔してます。
WOWOWですとアニメと実写、しかも字幕版と吹き替え版を繰り返して放映してくれるのでたっぷり楽しめました。
が、最近の吹き替えに大いに不満有りです!ワタシ怒ってます。
なんでプロの声優さんを使わずに、名の売れてるらしき(ここがミソ)俳優・女優もどきばっかり並べるんでしょうね。
声質・抑揚・印象がまるで合わないモノばっかりで、がっかりすることが多いです。
声優ってものすごく大変なんですよね。役者の演技や表情を声だけで表すんですから。それだけの勉強や苦労を積み重ねている方々を差し置いて、会社のトップは話題作りや動員集めばっかり考えているんでしょうね。
美女と野獣に関しては、歌はさすがにプロのオペラ歌手だけの事はありますが、後のセリフに関してはもう。。。。。。。。。
とても録画して取っておく気になりませんでした。

やはり面倒でも字幕スーパーを目で追いつつ生の声がよろしい!
なーんて愚痴をこぼしに来ました。スミマセン。
では 長々とお邪魔いたしました~(^.^)

2018/04/17 (Tue) 12:00 | REPLY |   

みー  

to キャットママさん

わぉ!
キャットママさん、今晩は!
キャットママさんが、わたしの映画記事を読んでくださっていたなんて、びっくり!
大感激です。
市川雷蔵さんのこともファンだったのですね。
雷蔵さんの記事も読んでいてくださっていたとは、嬉し過ぎます!
写真集や本もたくさんあるなんて、本当に大ファンだったんですね。
教えていただいて、とても嬉しいです。

『美女と野獣』は、WOWOWでご覧になったのですね。
映画館のスクリーンだと、音響も良く画面も大きく素敵ですが
家のテレビで見るのは、落ち着いて何度も見られるし良いですよね。
たくさん楽しめて良かったです。

吹き替えについては、わたしも不満で、ほとんど吹き替えで見たことはないです。
でも、『アナと雪の女王』だけは、何も予備知識なくなぜか吹き替えで見たんです。
そうしたらアナとエルサの声がとても素晴らしく、あれは誰が歌っているの?と
後から神田沙也加と松たか子のことを知ったんです。
神田沙也加も松たか子も、舞台のミュージカルで活躍していたことを知りませんでした。
本当に素晴らしい歌声だと思いました。

でも、話題作りか何か知りませんが
有名な女優や俳優を吹き替えに使うのは
その人のイメージがチラついて役に入り込めないということもあり
わたしも好きではありません。
キャットママさんの言われるように、声優は生半可じゃ出来ない大変な仕事ですよね。
わたしも、断然字幕で見る派です。
3Dとか4D映画は、字幕が邪魔なので吹き替えで見た方が
画面に集中出来るという説もありますが
やっぱり字幕で見てしまいます。
でも、3Dも4Dも、メガネがうっとうしいので、最近は2Dで充分だと思いますけどね (^_^;A

コメント、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

2018/04/17 (Tue) 22:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment