カラタネオガタマ(唐種招霊) 2018

DSC_3923-20180421-4.jpg 
(撮影日:2018/4/21)
カラタネオガタマが、今年も日陰の庭で咲きました。
モクレン科なので、良い香りがします。
バナナのような香りがすることから
英名で「banana shurb(バナナ シュラブ)」や「banana tree(バナナ ツリー)」とも
呼ばれているそうです。
DSC_3926-20180421.jpg 
(撮影日:2018/4/21)
お茶花のような風情ですが
ひとつのお花は、1日か2日で散ってしまいます。
和の庭に似合いますね。
神霊を招き寄せる意味の「招霊(おきたま)」から転じた名前で
かつては神の依代(よりしろ)として、寺社を中心に植栽されていたそうです。
DSC_4280-20180503.jpg 
(撮影日:2018/5/3)
原産地は中国で、日本には江戸時代に渡来したとのこと。
中国では、この花が完全に開かず、半開きの状態で咲く様子が
含み笑いをしているように見えることから
「含笑樹」「含笑花」と読んで愛されているそうです。
DSC_4055-20180422-2.jpg 
(撮影日:2018/4/22)
含み笑いしているように見えるでしょうか? (*´艸`*) 
DSC_4289-20180503.jpg 
(撮影日:2018/5/3)
DSC_2074-20150430-2.jpg 

 ごあいさつ

0 Comments

Leave a comment