FC2ブログ

伊吹山〜醒ヶ井梅花藻日帰りバスツアー その2

IMG_7281-blog.jpg
(撮影日:2019/8/10)
ちょうど12時頃から登り始め
ネットなどには、西登山道は山頂まで40分くらいと書いてありましたが
花の写真を撮りながらゆっくり登ったので
着いたのは13時過ぎでした。
標高は、1,377mです。
山頂の標識のところで、ぽんちゃん、みゆきさんと3人で写真を撮りたかったのですが
みゆきさんは、恥ずかしがって入ってくれなかったので
ぽんちゃんとのツーショット(^_^;)
仁王立ちのわたしが、笑えます(≧∀≦)
DSC_0229-blog.jpg
標識スポットは、賑わっていました。
次々に、記念写真。
DSC_0225-blog.jpg
山頂は広いです。
伊吹山は石灰岩が多いので、ゴツゴツしていますね。
DSC_0226-blog.jpg

DSC_0231-blog-2.jpg
大和武尊(やまとたけるのみこと)の石像が建てられていました。
ブログを書くに当たって
なぜここに、日本武尊の石像があるのか調べてみて、伝説を初めて知りました。
勉強不足です(;´д`)
大和武尊から醒ヶ井の湧き水に繋がるのですね。
伝説をコピーしますので、ご興味のある方は、読んでくださいね。
d0083761_20212925.gif
【伝説】日本武尊(やまとたけるのみこと)が東の国征伐から帰る途中、伊吹山に荒神がいることを聞き、その荒神を
    征伐するために伊吹山に登られました。
    山頂近くに達すると大きな白いイノシシが現れたため、尊は弓矢で威嚇してさらに進まれました。
    しかし、なぜか急に毒気にあたって熱を出し気を失われました。実は、このイノシシは山の神の化身で、その
    怒りにふれたからです。 
    家来は、尊を背負って退散し、麓の清水が湧くところで尊に冷水を含ませると、たちまちに目が醒められまし
    た。
    以来、この地は醒ケ井と呼ばれています。また、一説には、日本百名水の一つ、山麓の大清水の泉神社湧水とも
    伝わります。
DSC_0227-blog.jpg
山頂には、お店もたくさんありました。
暑くてたまらなかったので、みんなでかき氷を食べました。
よもぎ餅も美味しそうだったので、食べました。
食べるのに夢中だったので、写真はありません(^^;;
DSC_0240-blog-2.jpg
眼下に、バスの停まっているスカイテラス駐車場が見えました。
あそこから上がって来たのですね。
アップで撮っていないので、残念ですが
黄色い花は、アキノキリンソウ(秋の麒麟草)と思われます。
少し、頂上を散策して、お花の写真に撮ることにしました。
DSC_0237-blog.jpg
イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)
伊吹山の「イブキ」だということを、初めて知りました(;´д`)
DSC_0235-blog.jpg
ミヤマトウキ(美山当帰)
別名、イブキトウキ(伊吹当帰)の花後かな?
線香花火のようでした。
DSC_0252-blog-2.jpg
キンバイソウ(金梅草)
DSC_0257-blog.jpg
キンバイソウ(金梅草)
たくさん咲いていました。
DSC_0259-blog.jpg
イブキフウロ(伊吹風露)
花弁の先が3尖裂しているのが、特徴のようです。
DSC_0278-blog.jpg
クルマバナ(車花)
DSC_0216-blog-2.jpg
クルマバナ(車花)
DSC_0219-blog.jpg
クルマバナ(車花)
DSC_0276-blog-2.jpg
可愛い小鳥もいました。
ホオジロのようです。
d0083761_20212925.gif
さてさて、観光バスでの集合時間が3時なので
2時頃、そろそろ下山を始めました。
DSC_0299-blog-2.jpg
下りは、東登山コースで、階段になっています。
下り専用なので、一方通行ですね。
DSC_0295-blog.jpg

DSC_0306-blog.jpg
青空も見え、とても気持ちが良かったです。
DSC_0291-blog.jpg
東登山道にも、たくさんのサラシナショウマ(晒菜升麻、更科升麻)が、群生していました。
DSC_0290-blog.jpg
サラシナショウマ(晒菜升麻、更科升麻)
DSC_0304-blog.jpg
サラシナショウマ(晒菜升麻、更科升麻)の斜面
すごいです。
咲いたところが、見てみたいです。
DSC_0310-blog.jpg

DSC_0308-blog.jpg
サラシナショウマの蕾に止まったトンボ
赤トンボでしょうか?
  tonbo-blog.jpg
登りに比べて、下りは足場も良く、とても楽チンでした。
3時に、スカイテラス駐車場からバスが出発して
次は、醒ヶ井の梅花藻見学に向かいました。
       mono87_20110122232811.gif
UPしていなかったので、主人とドライブした時の伊吹山の写真を貼り付けます。
2016年4月18日の画像
以下、iPhone撮影です。
20160418-5のイメージ
(撮影日:2016/4/18)
4月半ば過ぎなのに、山は真っ茶色でした。
この日も、お天気は良くなかったのですが
山並みの向こうに、薄っすらと琵琶湖が見えます。
20160418-4のイメージ
↑琵琶湖がわかりますか?
手前の白い点々や、山の途中の白く見えるのは、多分石灰岩だと思います。
伊吹山は、石灰岩が広く分布しています。
20160418-7のイメージ

20160418-9のイメージ
バスを降りて、ここから山頂を目指して登った場所です。
茶色い世界で、なんて寂しそうな山なんだろうと思ってしまいました。
20160418-10のイメージ
お〜!
琵琶湖が見えますね。
20160418-12のイメージ
ここから山頂を目指します。
主人が、登って来たら?と言ってくれたのですが
何の花も咲いていないように見えたので、行きませんでした。
2016041814のイメージ
下山途中の風景です。
植物が何も見えないので、伊吹山はハゲ山のように見えました。
d0083761_20212925.gif
以下は、今年、8月10日に行った時の下山のバスの窓からの風景です。
IMG_7285-blog.jpg
2016年4月18日に行った時に比べると、緑に覆われて
別の山のように見えました。
IMG_7286-blog.jpg

IMG_7287-blog.jpg
一路、醒ヶ井の梅花藻見学に
次は、その3に続きます。

 伊吹山〜醒ヶ井

0 Comments

Leave a comment