北山植物園・・・その4 「北山山荘」

CIMG7063.jpg
午後1時から3時までの講習会を終え、歓談の後、本来なら金、土、日しか公開されていないという北山山荘をご案内してくださると、職員の方に言っていただきました。
わたしは何度か北山には行きましたが、北山山荘を見るのは初めてでした。

北山山荘は北山植物園内にあり、敷地面積約2,000平方メートル、建物面積約270平方メートルを有します。
故木村吉太郎氏寄贈の基金により、西宮市制60周年を記念して、昭和60年に建設されたもので、わが国の伝統的な建築・造園技術の粋を集めたものとのことです。
建物は京都の北山杉を用いた木造銅版葺平家建ての数寄屋造りで、庭の奥には茶室もあります。


CIMG7059.jpg



この山荘は、主に茶会や句会などわが国古来の文化的催しや、西宮市来訪の国内外からの賓客を迎える場として作られたそうです。

庭園は、甲山(かぶとやま)の山麓に連なる自然環境を生かし、美しい緑を見ることが出来ます。






CIMG7073.jpg
みなさんは、水琴窟(すいきんくつ)ってご存知ですか?わたしは知りませんでした。

水琴窟とは、地中に埋められた逆さにした瓶の中に、水が滴れたときの音が、瓶の中を反響して、琴の音色の様に聞こえる音響装置です。
写真のようにひしゃくでそ~っと、瓶が埋められているあたりに水を流すと、お琴のような音色が聞こえます(耳を澄まさなければ聞こえませんが)

静岡県、田村造園さんのサイトでは、その構造が見れ、音まで聞けますよ♪
http://www2.tokai.or.jp/hikaru/01.html


CIMG7054-2.jpg

左はヒメカンアオイ・・・。
とってもモコモコと旺盛に茂っていました。
場所もいいのでしょうが、手入れもいいのでしょうね。

ん?このあんよは誰の?(^^;)
一応、大きさの比較で入れたつもり・・・な~んちって(;¬_¬)




CIMG7071.jpg

こちらは苔のように、きれいに密生した葉っぱでした。
シダの一種かと思いますが、名前がわかりません。


CIMG7072-2.jpg

CIMG7072.jpg

CIMG7079.jpg

左は現地でamiさんにスギゴケとお聞きしました。
とてもきれいで、かわいい感じです。
amiさん、なんでもよく知ってるね~♪







CIMG7079-2.jpg

ピントボケなのにアップにしてみました
(^^;)☆\バコッ!
触っても痛くなくて、柔らかい感じ・・・♪
日陰の植物は我が家ではなかなか無理ですが、ヒメカンアオイやスギゴケも興味深く、下のツワブキも最近とても気になる和の植物です。



CIMG7064.jpg

CIMG7077.jpg


こういう日本建築、日本庭園を見ると、やはりホッとします。
日本人ですね~。

庭園は、春の石楠花(しゃくなげ)から可憐なヤマツツジ、秋の紅葉からツバキへと、四季折々花木の競演を楽しめるようです。
この時期は、大きなモミジの緑の葉が青空に映え、とてもすがすがしかったです。





CIMG7076.jpg
北山山荘見学の後、4時半頃、植物園を出ました。

森先生、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
講習会はとてもお勉強になりました。
待雪草さん、貴重なビデオ見せていただいてありがとうございました。

そして、たくさんのみなさんとのおしゃべり、楽しいひとときでした。

* 西宮市北山緑化植物園公式HP
* ぽんちゃんのレポート



CIMG6982-2.jpg


 北山植物園

22 Comments

ふうこ  

みーさん、はじめまして。ふうこと申します。
先日は私のつたないブログにお立ち寄りいただいて、
ありがとうございました。
北山山荘、とても良いところですね~。
こんなところをのんびり見たり歩いたりできたら、
心が落ち着きそうです。^^
お車で行ける所にこのような素敵な植物園があるなんて、
みーさんがとっても羨ましいデス。
スギゴケのアップの写真も、
遠目で見るのとは違った可愛さがあって、ステキでした♪
アカオクラのお花も綺麗ですネ。
普段なかなか見れないお花や植物をいっぱい拝見して、
今日は楽しい時間を過ごさせていただきました。
また遊びに来させてくださいね~。(^o^)

2006/09/28 (Thu) 16:41 | REPLY |   

みー  

●ふうこさん
初めまして~♪
ようこそ、おいでくださいました。
すみません。
あちこちネットサーフィンしている間に、どちら様かのサイトから、おじゃまさせていただいたのだと思います。
ふうこさんのブログでも、オクラUPされていらっしゃいますね~。
とてもかわいらしく写ったオクラちゃんです♪

北山山荘、やはり日本人として馴染みますよね。
イングリッシュガーデンもいいですが、やっぱ日本庭園っていいです。
紅葉もきれいだそうですので、また行けたらいいなと思っていますが・・・。
スギゴケもなんか、かわいいでしょう?
ふうこさんの写されたオクラもかわいいですが、このアカオクラ、ちょっと迫力あるでしょう?
なんか、存在感ありました。

また、遊びに来ていただければとてもうれしいです♪
コメントありがとうございました。

2006/09/28 (Thu) 16:58 | EDIT | REPLY |   

polepole  

手入れの行き届いた日本庭園は 気持ちが引き締まりますね。
日本人に生まれてよかったと思える瞬間です。
普段は ここには入ることができないのですよね?
いいなぁ~

最後のオクラ またまた拍手喝采です!
茎の赤がとてもきれいですね。

お差し支えなければ トロロアオイをTBさせていただいてもよろしいでしょうか?

2006/09/28 (Thu) 17:51 | EDIT | REPLY |   

みー  

●polepoleさん
北山山荘を見て思いましたが、日本庭園って、あんまりカンカン照りのところにはないでしょうか。
苔やシダと来ると、しっとりとした日陰でないと育たないですよね。
全体的に木陰のイメージでした。
考えてみると、日本古来の植物は日陰の植物がとても多いように思います。
夏でも、少し温度の低い空気が流れていそうな空間でした。

最後のアカオクラ、また貼ってしまいました(^^;)
TB、どしどしやっちゃってください♪
大歓迎ですよ~♪
ありがとうございます。

2006/09/28 (Thu) 18:07 | EDIT | REPLY |   

げこ  

日本庭園にはやはり日陰の植物が中心ですよね。
でも牡丹や芍薬も華やかな彩りとしても似合いますよね~。
美しい庭とは良く手入れされている庭だと思います。
イングリッシュにしろジャバニーズにしろ、キチンと片付いている事が基本だと何かの本で読みました。いつも綺麗にしておくのは、日々の手入れしかありませんね。
実行はなかなかむずかしいです、、、。
水琴窟、何処かで出会いました。京都だったかも、、。
北山山荘、みーさんレポートで見られたのでとっても良かったです、
ありがとうございました、

2006/09/28 (Thu) 19:57 | REPLY |   

みー  

●げこさん
>イングリッシュにしろジャバニーズにしろ、キチンと片付いている事が基本だと何かの本で読みました。
ほんとにそうですね~。
我が家の2階のテラス、最悪です(@@;)
あ、その基本って、家の外だけじゃなくて家の中もですね(ーー;)

水琴窟、京都あたりならたくさんありそうですね。
なんか美しく不思議な音です。
日本人って、風流なものを考えますよね。
いつもコメントありがとうございますm(*^∇^*)m

2006/09/28 (Thu) 20:29 | EDIT | REPLY |   

ami  

みーさんこんばんは。
あ、ヒメカンアオイ撮影の邪魔してすみません(笑)
庭園をじっくり観賞する・・・なかなか性格上難しいわたしです。

スギゴケはウマスギゴケが庭園によく使われるものみたいですね、コケやシダのサイトってすごいです!暇に飽かして魅入ってました。

謎のシダ類・・・どーもセラギネラの仲間、検索したらイヌカタヒバ?みたいな気がします。
えーこれは見た目とシダサイトにあった「植栽に使われる」という記述が根拠なんですが。
しかしセラギネラのひとつひとつの葉っぱ(?)のつらなり部分の影が見えません。
写真ではその影が飛んでいるのではと推測・・・Web上でのカタヒバとイヌカタヒバの違いについての考察なども目にしました。ややこしそうです。
またまったく違ってましたらお手数おかけします。

イヌカタヒバ、一度も聞いたことなかったのですが検索するとネットオークションなどが引っかかります。不思議な植物。コンテリクラマゴケと同じ属なんですね。
よーく見てるとかわいくなってきました(笑)

日本庭園って苔やシダの緑で森の中みたいに静かですね。

みーさん長編完結、おつかれさまでした。






2006/09/28 (Thu) 20:52 | EDIT | REPLY |   

polepole  

トラバ 上手く行かなかったのですが やっとできたようです。
リンクされていないか 言及しないとされないようで 言及したところ
トラバできました~

ありがとうございます。

2006/09/28 (Thu) 21:42 | EDIT | REPLY |   

みー  

●amiさん
あらあら、あのあんよは(あ、ばっかり^^;)amiさんでしたか・・・。
ばっちりフォーカルポイントになってますね~d(^-^*)!

シダって、わたしも好きです。
コケもなかなか奥が深そうですね。
最近その美しさに目覚めてきました。
それでこのシダのようなの、「イヌカタヒバ」ネットで見てみたのですが、どうもよくわかりません(@@?)
北山で見たのは、さらにやわらかいシダっぽかったような気もしますが・・・。
どっちにしても日本庭園は、やはりシダとかコケが欠かせませんね。
いつも熱心に調べてくださってありがとうございます。

今回こそは短くまとめようと思っていたのですが、気が付けば5つも連ねていました(≧∇≦;)
長編、お付き合いいただきありがとうございました<(_ _ ;)>

2006/09/28 (Thu) 22:43 | EDIT | REPLY |   

みー  

●polepoleさん
TB出来て良かったです。
わたしも先日やった時、全然出来なくて時間を置いて違う日にしたら出来ました。
なかなかうまく反映しないことがあるようですね。
お手数をお掛けしました。

2006/09/28 (Thu) 22:57 | EDIT | REPLY |   

HUKUHUKU  

 こんばんは。
イングリッシュガーデンも素敵であこがれますが
やはり、日本の文化や歴史をそのままに生かした
庭園はやっぱり、ほっとしますね。日本人でよかった
な・・・と思います。
そして、シダも大好きです。亜熱帯系の植物であり
ながら、日本の庭にもしっくりなじみますよね。
数年前に、シダをモチーフにした商品をデザインした
のですが、なかなか難しかったです。
シダに特徴がありすぎて、それがネックでした・・・。

2006/09/28 (Thu) 23:27 | REPLY |   

みー  

●HUKUHUKUさん
ついつい海外のものばかり追いかけてしまいますが、日本のものをもっと見直さないといけないなと思います。
留学でも、外国へ行く前は日本の事を勉強して行かなければいけないと言いますね。
日本の事を聞かれても、案外全然答えられなかったりします。
自分の国のこともろくに知らないで、外国の勉強なんて恥ずかしいことかもしれません。

シダをモチーフにした商品?
どんな商品だったのでしょうね。
HUKUHUKUさんのお仕事も、なかなかやりがいがありそうなお仕事ですね。

2006/09/28 (Thu) 23:49 | EDIT | REPLY |   

ぽん  

みーちゃん レポお疲れ様でした m(__)m
何処へお出かけしても 直ぐ忘れちゃうけど
こうしてメモリアルになれば また、みーちゃんちへきて思い出すことができて助かりますよん

謎のシダは 一般的なカタヒバじゃないかな
イヌヒバは あくまでもレッドデータに載ってるから
植○夢でも たくさん生産してるよ カタヒバのマットを作ってるの
カタヒバは冬に地上部が枯れちゃうけど その前に黄金色から茶色へ紅葉するわよ とても綺麗です
増やし方は簡単で 枯れた葉(裏に胞子が付いてる)を床に播くだけ
ちょっと頂いたら うちの庭にもたくさん増えてます

水琴窟、大好きです
庭に欲しかった☆\(- - ) バシっ!無理よね
実は 私の庭の池でツボから水が流れてるでしょ
あれ、ヒントはここからなのよ ツボの中に水を落とすとと音が反響するからです
リンクありがとうね~~

2006/09/29 (Fri) 00:06 | EDIT | REPLY |   

みー  

●ぽんちゃん
レポ、や~っと終わったねぇ(ーー;)
>何処へお出かけしても 直ぐ忘れちゃうけど
>こうしてメモリアルになれば また、みーちゃんちへきて思い出すことができて助かりますよん
そう言っていただけると、うれしかったりします♪

謎のシダはカタヒバって言うの?
植○夢でも作ってるんだ。
へ~!ぽんちゃんちにもあるの?
今度行ったら見せてもらわなくっちゃ~♪

なに?
水琴窟、作ろうとしてたの?・・・って無理か(^^;)
そうか、ぽんちゃんちのツボは水琴窟がヒントだったのね。
なかなか風流だね。
リンク、お断りもなく、失礼しました。
こちらこそ、ありがとうですm(*^▽^*)m 

2006/09/29 (Fri) 00:39 | EDIT | REPLY |   

ami  

おお、ぽんさん♪カタヒバは生産されているんですね。
昨日庭園植栽リストや生産リストに引っ掛からないかとググってたんですが。

そうなんですよね、不思議なことにイヌカタヒバって学名が絶滅危惧種のリストと外来種のリストに載っていて変だなぁと思ったのですがどうも「山口(沖縄)の自生種」と「中国~東南アジアから持って来たであろうと推測される栽培品が逸出した帰化種」があるようです。で栽培品があるならこっちかなと安直に思った次第。
ああ、毎度憶測の域をでない書き込みです(-"-;)ヾ

この緑のふさふさ感が簡単に増えるとは♪観葉植物好きな妹にもお勧めしておこう。
裏に胞子のできるシダは怖くて直視できませんがカタヒバは大丈夫。

2006/09/29 (Fri) 14:56 | EDIT | REPLY |   

chiemi  

日本の庭園て、すっごく心休まります。
手入れが行き届いた、こんなお庭なら尚更ですね。
一日いるだけで、心と体が癒され、元気になりそうです。
だって、こうして今見ていても、その落ち着いた庭の様子、
緑の色合いが総て違う、植物の息遣いが、
ほぉ~っと、するくらい素敵で、なかなかウインドウを閉じれませんもの。
amiさんの「おみあし」も、素敵です。
イヌカタヒバ・・・勉強になりました。

2006/09/29 (Fri) 17:28 | REPLY |   

みー  

●amiさん
わたしもこういうふさふさ感、大好きです。
風流な日陰がない残念なみー庭ですが、なんとかどこかに植えてみたいと密かに思っている次第です。
妹さんも観葉植物お好きですか?
花もいいけど、観葉ってなんか落ち着きますよね。

それにしても、amiさんの探求熱心にはいつも頭が下がります。
わたしのブログは開設当初から、助けられっ放し!
憶測の域を出なくても、ひとりごとでもなんでもいいですから、カキコ大歓迎です。
いつもほんとうにありがとうございます。

2006/09/29 (Fri) 19:34 | EDIT | REPLY |   

みー  

●chiemiさん
日本庭園はやはりいいですね。
写真がイマイチで残念なのに、たくさん褒めいただいて、ほんとうにうれしいやら恥ずかしいやら・・・。
ありがとうございます。
東京の方も素晴らしい日本庭園はたくさんありますね。
足が良くなったら、またぶらりと行けるといいですね。
amiさんの「おみあし」、素敵でしょう?
chiemiさんも、ふたつのあんよで早く歩けるようになるといいですね~♪

2006/09/29 (Fri) 19:41 | EDIT | REPLY |   

lapis  

北山植物園そして北山山荘の懐かしい風景をゆっくりと拝見させていただきました。
海外にいると、日本庭園や日本の野草に昔以上に懐かしさやすばらしさを感じてしまいます。
こちらに住んで、こちらでガーデニングをやって、こちらの
ガーデン巡りをしてつくづく思うのは、日本人の感性には合わないなあという事です。
庭の片隅のちっぽけな場所に、3年ほど前からJapanese Pateoなるものを作っております。なかなか材料や植物がそろわないし、環境が違うので遅々として進まずいつできるのやら・・・と言ったところですが,庭の中で一番落ち着くのはその場所なんですよ。

一番の親友が西宮にいて、その家族の散歩コースの一つが北山植物園ですので、みーさんのブログのこと、知らせました。

2006/09/30 (Sat) 00:22 | REPLY |   

みー  

●lapisさん
こちらにもコメントありがとうございます。
lapisさんは日本では兵庫県にお住まいでしたっけ?
但馬高原植物園もなつかしいとおっしゃってましたよね。
北山植物園や北山山荘もご存知なのですね。
見ていただいてうれしいです。

やはり日本庭園を見ると、日本人ですねぇ、心安らぐ感じがします。
ガーデニングブームで、イングリッシュガーデンがもてはやされ植物も外国のものばかり追い求めていましたが、ふと足元を見ると青い鳥がいたような、そんな感じさえします。
Japanese Pateoですか?
いいですね~。
また、お写真見せてくださいね。

>一番の親友が西宮にいて、その家族の散歩コースの一つが北山植物園ですので、みーさんのブログのこと、知らせました。
わ~、それは光栄です。
北山植物園をよくご存知の方に見ていただくのは、ちょっと恥ずかしいですが、なにか間違ったことを書いていたら、ご指摘いただければうれしく思います。
説明するまでもなく、ご存知でしょうが、左横categoryの中の「北山植物園」をクリックしていただけたら、今年の1月12日に行った時のこともレポートしています。
よろしければご覧くださいね。

ありがとうございました。

2006/09/30 (Sat) 00:52 | EDIT | REPLY |   

ミュー  

日本庭園は、その中にいたり、眺めているのには心落ち着く場所ですが、もう出来上がっているという気がします。
樹木が多いので、そうそう植え替えたり、模様替えしたり出来ず、楽しみ方が違うように思います。
でも和風庭園の、しっとりした静けさは大好きです。

2006/09/30 (Sat) 19:34 | REPLY |   

みー  

●ミューさん
確かにそうですね。
庭師さんに入ってもらわないといけなかったり、手入れも大変です。
本当の日本庭園を普通の家に造る人は、なかなかいなくなりましたね。
こういうところで見せてもらうのは、だから意味があるようにも思います。
北山山荘では、3~6月と9~11月は、有料で抹茶サービスをされているようなので、ホッと一息、日本を感じられるひと時になるかもしれません。

2006/09/30 (Sat) 20:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  :♪気になる花は・・・:
  • ♪ この花 何の花? 気になる花 ♪ って オクラ? ワタ? 蕾蕾のアップ果実全体像♪ 答えは・・・トロロアオイ(Abelmoschus manihot)アオイ科 ♪ 念願だったトロロアオイをついに発見しま
  • 2006.09.28 (Thu) 21:37 | Bun meets man.