FC2ブログ

リビちゃんが、お星様になりました。

CIMG0262.jpg

リビちゃんのことは、9月4日に近況報告をしたばかりでしたが、その2週間後くらいに、やはり具合がすぐれないので再入院をしました。目が老化からか乾燥してしまい、閉じにくくなっていました。腎臓が悪くなり、おしっこも出にくくなり、腸も働きが悪くなってお医者様から多臓器不全と言われました。
それでも頑張って病院で生きていました。毎日お見舞いに行っていましたが、義妹が病院だとやはりかわいそう、家に連れて帰りたいということで、きのう9月30日の朝、連れて帰りました。

もう全く起き上がれない状態でした。でもきっと家に帰ったことはわかったのではないかと思います。体をきれいに拭いてやり、義母が手作りしたかわいらしいお布団に寝かせてあげました。義妹がそばに寄り添って夜は寝たのですが、次の日の朝、リビちゃんは息をしていませんでした。発作を起こすこともなく、息を荒げることもなく、眠るような最後でした。
亡くなったのは10月1日、義父の月命日だと義母が言いました。天国で、きっと一緒にまた散歩しているに違いありません。

ペットの移動火葬車に来てもらい、みんなでお骨拾いをしました。リビちゃん、よくがんばったね。苦しかったでしょう?安らかに眠ってね。今まで家族にたくさんの幸せをくれてありがとう。

CIMG1885-2.jpg
   

 リビー君

30 Comments

こまち  

リビちゃん、慣れ親しんだお家で永眠に就けて、幸せだったと思います。。。
ずっとみんなに思われて、きっと幸せだったと思います。。。(涙)

2006/10/02 (Mon) 02:25 | EDIT | REPLY |   

げこ  

愛犬との別れは、本当に辛いですよね。
私もゆうちゃんからたくさん幸せをもらって
有難うってお礼を言ってお別れしました。
リビちゃん、幸せな一生だったと思います。
義妹さんも暫くは寂しいでしょうが、くれぐれもお大事にして下さい。

2006/10/02 (Mon) 08:06 | REPLY |   

みー  

●こまちさん
ありがとうございます。
妹は最後まで望みは捨てていませんでしたが、最後は自分の家で過ごさせてやることが出来、良かったのではないかと思います。
病院でいつの間にか亡くなってしまうのはやはり寂しいです。
無理をしても連れて帰って、家族みんなでお別れをすることが出来良かったです。

2006/10/02 (Mon) 08:51 | EDIT | REPLY |   

みー  

●げこさん
ゆうちゃんも先月亡くなったばかりですよね。
ペットとの別れはほんとうに辛いですね。
きのうも家族で思い出話は尽きませんでした。
最後の方は手が掛かりましたが、妹にとっては我が子のような存在だったと思います。
げこさんも悲しみはすぐには癒えないと思いますが、天国でゆうちゃんとリビが一緒に楽しく遊んでくれてたらいいですね。
お悔やみありがとうございます。

2006/10/02 (Mon) 09:04 | EDIT | REPLY |   

polepole  

リビちゃんのこと心からお悔やみ申し上げます。

病院ではなく 大好きな方たちに看取られてリビちゃんはきっと幸せだったと思います。
家族同様のワンとのお別れは辛いですね。
私も何年か前に経験しました。

今頃は虹の橋の向こうで苦しさから逃れて 楽しく遊んでいると思います。
生あるものが必ず通過しなくてはならない門ですが お辛いですね。
きっと皆様のことを天国から見守っていてくれると思います。

2006/10/02 (Mon) 09:52 | EDIT | REPLY |   

みー  

●polepoleさん
ありがとうございます。
人間でもペットでも、最後は自分の家で終えたいかもしれませんね。
polepoleさんも愛犬を亡くされた経験がおありですか?
妹もイヌは4匹、ネコは2匹飼った経験がありますが、リビが一番長生きだった(13歳)ときのうも言っていました。
飼い主より先に逝ってしまうのが、なんとも切ないですが・・・。
ペットが飼い主家族に与えてくれる幸せは、計り知れないものがありますね。
心から感謝して見送ってやりたいと思います。

2006/10/02 (Mon) 10:25 | EDIT | REPLY |   

あおいとり  

リビちゃんのご冥福をお祈りいたします。
最後は我が家に戻れて幸せでしたね。きっと安心して安らかな最後を迎えられたことと思います。
この年になっても、ペットとのふれあいで、癒され、純な、清らかな心が取り戻せるような気がします。

2006/10/02 (Mon) 10:32 | REPLY |   

みー  

●あおいとりさん
ほんとうにペットとの触れ合いは、何物にも換え難いものがありますね。
この年になってもどころか、植物療法と共にペット療法(動物介護療法)というのもあるくらいですから、動物との触れ合いが人間に及ぼす影響の大きさは万人が認めることでしょう。

お悔やみ、ありがとうございます。

2006/10/02 (Mon) 10:55 | EDIT | REPLY |   

ちか  

こんにちは~。まさかこの前紹介して貰ったリビちゃんがお星様になっちゃっただなんて・・・。
とても悲しくなりました。
でも最後発作もなく穏やかに息をひきとったって文章を読んでもうすっごいホッとしました。
それに絶対病院で息をひきとるより、家の方がいいもの。
もしかして家に帰ってくるリビちゃん待ってたのかも。
リビちゃんは最後は病気で苦しんだけど、絶対に絶対に何年もの間大切に愛情注がれてほんとに幸せだったと思いますよ。
そう天国で元気に走り回ってますよ。
みーさん。しばらくは思い出して辛いと思うけど頑張ってくださいね。

2006/10/02 (Mon) 11:10 | REPLY |   

みー  

●ちかちゃん
そうなのよ。
先日近況報告したばかりだったのだけどね。
リビちゃんは家に来たばかりの頃、腸炎を起こして死にかけたり、アレルギーがひどくて毛がボロボロになったり、腰が悪くて一時は後ろ足が立たなくなって散歩の時、サポーター付けて持ち上げてやらないといけない時期が続いたり、最後は心臓病が悪化して、決して健康なイヌではなかったけれど、13年よく生きてくれたと思います。
最後ねぇ、焼いた後、真っ黒のものがあってびっくりしたのだけど、火葬社の人にこれは癌ですって言われたのよ。
癌は焼いても黒く残るのですって。
肝臓癌だって言われたの。
病院では言われなかったけど、知らない間に癌にもかかっていたみたいね。
ペットも人間とおなじような病気になるものです。
痛みや苦しみから解放されて、天国で元気に走り回っていて欲しいです。
お悔やみありがとね~。

2006/10/02 (Mon) 12:09 | EDIT | REPLY |   

クロはち  

最後苦しまずに 住み慣れた家で天国に召されたのですね
人間も 動物も最後は 気を使わない我が家で みんなの側で死にたいですよね リビちゃん13年間幸せだったと思います
この前乳母車に乗ったリビちゃん 見たとこだったので本当に残念です
ご冥福を お祈り致します

2006/10/02 (Mon) 14:15 | REPLY |   

みー  

●クロはちさん
ありがとうございます。
ほんとうに、最後苦しまずに逝っってくれたことが、せめてもの慰めです。
お医者様も、発作とか苦しむことが多いのに良かったと言っていただきました。
義母はさみしがりやで、昨夜は心細がり、そばに妹と主人が寝ました。
義父もリビも手が掛かりましたが、手が掛かるほどいなくなると寂しさが倍増するかもしれませんね。

2006/10/02 (Mon) 15:02 | EDIT | REPLY |   

chiemi  

お家に戻れてよかったですね。
一番幸せだったところに帰れて・・・
私の母も、連れて帰ってあげたかったけど・・・

でも、もう病気に苦しむことが無く、
元気に走り回ってますね。

ご冥福、お祈り申し上げます。

2006/10/02 (Mon) 15:35 | REPLY |   

みー  

●chiemiさん
そうですね。
家は一番幸せだったところですね。
人間の場合はなかなかむつかしいです。
実家の父も義父も、最期は病院でした。

みんな天国で幸せに過ごしていて欲しいですね。
お悔やみありがとうございます。

2006/10/02 (Mon) 15:58 | EDIT | REPLY |   

ぽん  

えっ! リビちゃんが・・・
急な事だったのね 義妹さん さぞ力落としでしょう

お家で それも安らかに旅立っていったとの事
それを読んで 安心したわ
最後を看取る事が出来たので
家族の皆さんも 納得がいく お別れが出来て本当に良かったです
リビちゃんも お家に帰るまではと 頑張っていたのかもしれません
皆さんに きっと最後のお礼とお別れがしたかったのよね

リビちゃん、安らかに 

2006/10/02 (Mon) 17:04 | EDIT | REPLY |   

ami  

リピちゃん、お別れのとき、お家でお母さんに見守られて良かったですね。
画面を見てると泣けてきます・・・。

17歳だったヨークシャも病院に連れて行く途中タクシーの中で母に抱かれて無くなりました。母と泣きながら2駅先から歩いて帰った記憶があります。
しばらくは全身がしびれたような感覚の悲しさが抜けませんでした。

妹さんもご家族のみなさんもお力落とされませんよう。





2006/10/02 (Mon) 18:35 | EDIT | REPLY |   

HUKUHUKU  

みーさん
  びっくりです。心より、お悔やみ申し上げます。
 でも、きっと、リビちゃん、お家にもどれて
 大好きな家族に囲まれて、安心して天国に旅立
 ったと思います。とは言え、今まで家族の一員
 として一緒にいたワンコが居なくなるのは、本当
 つらい事です。お気持ち、察します。思わず
 泣けてきます・・。(私も2匹のワンコの最期を
 看取ったので) 
 
 ご冥福をお祈り申し上げます。

2006/10/02 (Mon) 19:39 | REPLY |   

ささゆり  

こんばんは
 つぶらな瞳のリビちゃん残念でしたね。
 犬って何でこんなに優しい目をしているのでしょうね。
 我家のさくらは、昨年の夏信州の母の家で亡くなりました。
 私たちが行くのを待っていたかのように、泣き声も出さずに静かに・・・
 猿や猪の番をしてくれていました。
 

2006/10/02 (Mon) 19:46 | REPLY |   

みー  

●ぽんちゃん
あのまま病院にいたら、まだ生きていたのかどうかはわからないけれど・・・。
先生は連れて帰っても、病院でもどちらでもいいとおっしゃっていたようです。
連れて帰った時は、わたしが声を掛けると、バタバタと起きそうになってみんなびっくりしました。
目は見えていなかったかもしれないけれど、声はなんとか聞こえていたみたいです。
家に帰ってホッとしたかなぁ・・・。
人間でも動物でも、最期を看取るということは辛いね。

2006/10/02 (Mon) 20:11 | EDIT | REPLY |   

みー  

●amiさん
amiさんも、そんな悲しい体験があったのね。
辛いことを思い出させて申し訳なかったです。
でも、17年も生きていたら無くてはならない存在だったでしょうね。
母も妹も、家の中にリビちゃんのものがいっぱいだと切なそうにしています。
お悔やみありがとうございます。

2006/10/02 (Mon) 20:26 | EDIT | REPLY |   

みー  

●HUKUHUKUさん
ほんとにあっけないものです。
母も妹も、しばらくはぽっかりと心に穴があいたように寂しいことかと思います。
HUKUHUKUさんも2匹のワンコを看取られたのですね。
ペットを亡くすのは辛いですね。
お悔やみいただきありがとうございます。

2006/10/02 (Mon) 20:56 | EDIT | REPLY |   

みー  

●ささゆりさん
ワンちゃんの目ってほんとに優しいですよね。
ささゆりさんも、さくらちゃんっていうワンちゃん、亡くされたのですか?
猿や猪の番とは、賢い子だったのですね。
どんなペットもたくさんの思い出がありますよね。

2006/10/02 (Mon) 21:10 | EDIT | REPLY |   

takumama  

別れの時は辛いですよね。
私も何度か経験しています。

リビちゃん、最後はみんなの側にいられて幸せだったと思います。

2006/10/02 (Mon) 21:45 | EDIT | REPLY |   

ミュー  

かわいい乳母車に乗っていた、リビちゃん覚えていますよ。
ほんの少し前でしたね。
ペットと言えど、家族同然ですから、別れは本当に辛いですね。
特にお妹さんは、お力を落とされていらっしゃることでしょうね。
私も何回も経験しています。
何回経験しても慣れるというものではありません。

リビちゃん 最後は家族一緒のところに帰ってこれて良かったですね。
きっと満足していたと思います。

2006/10/02 (Mon) 22:14 | REPLY |   

みー  

●takumamaさん
みなさん、ご経験があるのですね。
リビちゃんが最後に帰って来てくれて、わたし達家族もうれしかったです。
きっとお別れに帰って来てくれたのですね。
ありがとうございました。

2006/10/02 (Mon) 22:51 | EDIT | REPLY |   

みー  

●ミューさん
乳母車を引いていた妹は、ほんとうに自分の子どもを散歩させているように見えました。
義父が具合が悪くなった時、リビも一緒に悪くなったので、両方共亡くなってしまったらどうしようと義母も妹も思ったようです。
喪失感は二倍になったことと思います。
リビは1年余分に生きてくれましたが、残念でした。
リビの最期は義父を思い出させて辛いものがありましたが、今頃は天国で一緒に楽しく過ごしてくれていると思います。
ありがとうございました。

2006/10/02 (Mon) 23:00 | EDIT | REPLY |   

Toko  

久しぶりにのぞいてみたら。。。びっくりです。
でも、みなさんの側で安らかに旅立てて、
リビちゃん、お幸せだったと思います。
今頃、おとうさんと大好きなお散歩を楽しんでいるんじゃないかな。。。
ご冥福をお祈りします。。。

2006/10/03 (Tue) 19:10 | EDIT | REPLY |   

みー  

●Tokoちゃん
ありがとう。
Tokoちゃんのとこも、5月にミーシャちゃんがお星様になりましたね。
ペットが亡くなるのは、ほんとうに辛いですね。
リビちゃんは、たくさん頑張ったから、きっとお父さんがもう頑張らなくていいよと、迎えに来てくれたのでしょう。
寂しがり屋のお父さんだから、今頃は天国で仲良く散歩をしていると思います。

2006/10/03 (Tue) 21:51 | EDIT | REPLY |   

ココアママ  

みーちゃん、今夜こちらへ訪問して。。。ビックリです
リビちゃん、虹の橋へ渡ちゃんたんですね~
皆に最後はお別れして、沢山の思い出を残して。。。
幸せな、犬生を最後まで全うできたんですね~
ペットとは言えど何年も一緒にすごせば言葉も理解し、子供のようで
本当に可愛い存在です。
我家のコニーも、旅立ってから早2年余り、今でも思いだすと、鼻水ズルズルですよん
妹さんの悲しみご家族の悲しみ痛いほど解ります。。。。
心からお悔やみ申し上げます

リビちゃん、今ごろは、コニーとも出会ってるかな~

2006/10/04 (Wed) 23:57 | EDIT | REPLY |   

みー  

●ココアママさん
そうなんですよ。
がんばってくれましたが、残念でした。
母も妹もいつも「この子は5歳くらいの知能がある。」と褒めちぎっていました。
イヌは賢いですもんね。

ココアママさんちのワンコちゃんも、亡くなったのですね。
何年たっても悲しいものですね。
リビちゃんもコニーちゃんと会って遊んでるね、きっと・・・。

お悔やみありがとね~。

2006/10/05 (Thu) 00:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment