11月19日、雨のガーデンフィールズレポート・・・その2

CIMG0551.jpg

正面の大きな木はエノキです。ガーデンフィールズには大きな木がたくさんありますが、宝塚ファミリーランド時代90年の長い歴史があり、木も大きなものがたくさんあったそうです。庭をデザインするに当たっては、出来るだけ元あった木を生かすように植栽計画を立てたそうですが、古い木はなんでも残した方がいいかと言うとそうでもなく、痛んでいる木は更新した方がいい場合もあるそうです。1本1本、木をチェックして庭のデザインを決め、時には計測間違いで木をどかさないと川や橋が作れなかった場合は、川や橋の位置を変えても、木を生かすようにしたそうです。
ポールさんが言われるには、1本の木を切り倒すと、その木にまつわるたくさんの生態系をすべて取り除くことになり、大変な損失になるのだそうです。
森や林は、一朝一夕には出来ないものですね。樹木の、人間の一生の何倍も何十倍も長い歴史を思うと、畏敬の念を感じずにはいられません。

CIMG7150.jpg

CIMG5619.jpg


上の写真、遠くに写っている背の高いヤシのような木はワシントニア(Washingtonia robusta )という名前ですが、やはりファミリーランド時代から植えられていた木だそうです。
ワシントニアの葉は縁にトゲトゲの突起のある長さ数10cm~1mぐらいの太い葉柄を持ち、直径が1mを越えるぐらいの掌状葉だそうです。この大きなトゲのある葉が、下を歩く人に落ちて来たら危険なので、枯葉を取り除くそうですが、背の高い木なので大変な作業なのだそうです。
そんなご苦労をされながら、歴史あるたくさんの木を大切に育てているガーデンフィールズなのだそうです。




CIMG7119-2.jpg

CIMG7120.jpg


ヤツデの花が満開でした。
これは斑入り種のようです。


CIMG7105.jpg





前回もUPした紫のツルムラサキは、こんな感じでした。




CIMG7112.jpg






緑の方はこんな感じ・・・。前回はこちら。


CIMG7113.jpg








緑がまだ鮮やかなものもありました。








CIMG7111.jpg



つる植物としたら、なかなかおもしろい素材でしょうか。
鑑賞期間は結構長いようです。









CIMG7122.jpg



冬咲きクレマチスのつぼみがいっぱい付いています。








CIMG7123.jpg



赤い実がたくさん生っている木がありました。
ん?グミに似てる・・・。









CIMG7131-3.jpg


この木はサンシュ(山茱萸)学名はCornus officinalis
ミズキ科ミズキ属、原産地は中国と朝鮮半島。
日本に渡来したのは江戸中期だそうです。
「茱萸」はグミのことで、秋にはグミのような実が生り食べられるそうです。
名前はサンシュユとかサンシュウとも呼ばれるとのこと。
ハルコガネバナ(春黄金花)、アキサンゴ(秋珊瑚)などの別名も持つそうです。
2月下旬から4月上旬に黄色い花を咲かせます。








CIMG7132-2.jpg


これは以前(8月22日)にもUPしたヤブミョウガの実・・・。
え!ってことは・・・
3ヶ月も実が楽しめるんですか?
長いなぁ・・・。






CIMG7135.jpg




ツワブキの花は終わっているものが多かったですが、この株はたくさん咲いていました。







CIMG7139.jpg



斑入りグミ ギルトエッジ
Elaeagnus ×ebbingei‘Gilt Edge’



CIMG7139-2.jpg

CIMG7142.jpg CIMG7146.jpg

CIMG7138.jpg CIMG7141.jpg

CIMG7145.jpg CIMG7149.jpg

CIMG7157.jpg

CIMG7167.jpg


 ガーデン・フィールズ

16 Comments

おきろん  

へ~そうだったんですか。。
とっても長い歴史があるんですね。
歴史のある木などを残しつつ
考えながら作ったガーデンフィールズなんですね。
これは、絶対後世にずっと残していきたいですね。

こういう所、ないな~。私のまわりに・・
全部新しく作ってしまったり、立て替えてしまって、
寂しい限りで・・・

新しいものを作るにしても、
こういう考え方で作ってほしいなあって本当に思います。。

2006/11/24 (Fri) 16:46 | EDIT | REPLY |   

pole pole  

ワシントンヤシ 知ってますよ~日比谷公園のなかでひときわ高く聳え立っていました~別名オキナヤシですね。

ツルムラサキまだまだ楽しめそうですね。
うふ!ヤツデの花 満開できれいです。
こちらでは 花の終えたものが果実となってきているようです。
地味なお花ですが よくみると可愛いですよね?
サンシュユ うちにある鉢植えの実1個だけできていたのですが 風か鳥さんの仕業でしょうか なくなってました~(^^;


とってもいいところですね~なんどもみーさんが足を運ばれる訳がよくわかる気がします。

2006/11/24 (Fri) 18:07 | EDIT | REPLY |   

クロはち  


>1本の木を切り倒すと、その木にまつわるたくさんの生態系をすべて取り除くことになり、大変な損失になる

なるほど
樹木を守る事はそのまわりの自然を守ることに繋がっているのですね
だから 薬剤散布もしないし 自然のサイクルに任せるやりかたでガーデンフィールズは 育っていくのですね
今度 行く機会があれば そんなところを感じてみたいです


2006/11/24 (Fri) 19:18 | REPLY |   

みー  

★おきろんちゃん★
宝塚ファミリーランドは遊園地だったのだけど、大掛かりな遊具(バイキングとか)は基礎が尋常でないらしく、それを取り除くのはものすごい労力とお金が掛かるから、なるべくお金を使わないように、基礎はそのままでその上に建造物を作ったり、植えられる植物を選んだりして設計したらしいです。
大きな温室も、池もファミリーランド時代のものをそのまま使っているそうですよ。
遊園地時代、温室には鳥が放されたりしていたそうです。
そんな歴史を聞くのも楽しいですね。

植物園の隣にはドッグランもあるから、おきろんちゃん、近かったらコリンちゃん連れて遊んだら楽しいかもなところよ~ん♪
http://www.gardenfields.jp/dog_run_do.htm

2006/11/24 (Fri) 21:24 | EDIT | REPLY |   

takumama  

いつも楽しみに見せていただいてます
ワシントニアは脇に見える高いビルとも似合っているような^^
家ではシュロがどんどん背高のっぽになって枯葉を高枝鋏で切るのが年々大変になってきてますけど、トゲがないのが救いでしょうか

グミ ギルトエッジは、今年植えたところでした
大きくなるのかな~
なかなか目立つ葉ですよね

2006/11/24 (Fri) 21:25 | EDIT | REPLY |   

みー  

★polepoleさん★
ワシントンヤシって、すごく背が高くなる木ですよね。
あんなにまっすぐ、よく大きくなるなあと思いますが、風で曲がったり歪んだりしないんでしょうかね。
不思議です。

ガーデンフィールズは1ヶ月前にも行ったのですが、何度行っても結構見てないもの、新発見があっておもしろいです。
前見たものも、変化がおもしろいし、結局写真バシャバシャということに・・・(^^;)

晩秋で地味なんですが、枯れ庭もなかなかのものです。

2006/11/24 (Fri) 21:42 | EDIT | REPLY |   

みー  

★クロはちさん★
>樹木を守る事はそのまわりの自然を守ることに繋がっているのですね
そうなんです。
わたしも目からウロコが取れたような気がしました。
ポールさんは、出来るだけ自然を生かしたいという考え方なので、土も石もその土地のものを使いたい。
間違ってもコッツウォルズのレンガなどは似合わないと言われます。
イングリッシュガーデン風に見えますが、しっかり日本の風土を尊重した作りになっていると思います。

2006/11/24 (Fri) 21:51 | EDIT | REPLY |   

みー  

★takumamaさん★
いつも見てくださってるのですか?
わ~!
うれしいな~♪

>ワシントニアは脇に見える高いビルとも似合っているような^^
takumamaさんも、そう思われますか~?
なんか似合ってますよね。
シュロとかヤシとか、こういう植物ってエキゾチックで、カッコイイです。

ギルトエッジは遠目でも目立ってました。
大きくなるといいですね。

2006/11/24 (Fri) 22:07 | EDIT | REPLY |   

せり  

木を移植すると根付くのに2年はかかるからとおっしゃってたと思います。モミジなども昔ながらの剪定にされていたのを、少しずつ自然樹形に戻されていると言う話も聞きました。イギリスの方の植物に対する愛情から、もっと学ばなければいけないなあと思います。この庭はいつ見ても発見がありますね^ ^

2006/11/24 (Fri) 23:48 | REPLY |   

待雪草  

みーさん、お久しぶりです。
晩秋のガーデンフィールズ、見せてくださってありがとうございます。
まだこの時期には行ったことがないので、楽しみましたよ~

わが家もルドベキアは吾亦紅もどきのままです^^;
ちっとも自分の庭の手入れが出来ません・・・

また、行くことがあったらレポートお願いしますね♪

確か、球根の時期はヘレボルスの頃、行ったと思うのですが
出来たばっかりだったかな?まだまだだったような^^;

来年の春も大阪&京都のお手伝いの行くのだけど
そのとき行けたら良いけど・・・その時間がないだろうな^^


先週は新潟へ雪割草の植栽ボランティアに行ってきました。
お友達の仙人のハウスも堪能^^
雪割草より多肉ばかりが目に付きましたよ~

明日は新潟植物園にお勤めの方の講演を聞きに行ってきます。
どちらもレポートはいつになったら書けることやら^^;
みーさん、ほんとに立派★

2006/11/25 (Sat) 00:27 | REPLY |   

HUKUHUKU  

こんばんは~・・・。
 今回も読み応えあるレポート、
 ありがとうございます。
 
 実モノ・ゴールデン尻尾(笑)
 と私の好きな草花達が勢ぞろい
 です・・・。
 
 最近、こういう場で働くのも
 いいな~と思う事が多いんです。
 外の空気にふれながら働く・・・。
 
「隣の芝生は良く見える・・・」
 のかな・・・。(笑)
 

2006/11/25 (Sat) 00:28 | REPLY |   

みー  

★せりさん★
木は何年も何十年も生きるものですが、やはり根付くのに2年はかかると言われていましたか。
安易に植え替えたりしない方がいいですね。

モミジを自然樹形にですか?
なるほど、日本風の剪定っていろんな樹木に言えるかもしれませんね。
日本人は剪定が好きかな?
今回の講演会でも、サツキの剪定についてお話されていました。
剪定し過ぎて、花が咲き終わっても花ガラが落ちるスペースがないって・・・。

2006/11/25 (Sat) 01:47 | EDIT | REPLY |   

みー  

★待雪草さん★
わ~!
お久しぶりです~!
お忙しい毎日なのでしょうね。

ガーデンフィールズは、いつ行っても結構おもしろくて、ついついシャッターをたくさん押してしまいます。
今年は何度も行く機会がありましたが、わたしは春に行ったことがまだないのですよ。
また早春とか、バラの頃も是非行ってみなければと思っています。

来春の大阪&京都のお手伝い、植物園回りなどしている時間はないでしょうか。
残念ですね。

雪割草の植栽ボランティアに、お友達の仙人のハウス?
新潟植物園の方の講演会・・・相変わらずフットワーク良くおもしろそうな体験をされていますね。
レポートは、気長に待っていますよ~。

え~!
わたしが立派だなんて!そんなことないです。
いつも七転八倒しながら、UPしているのですよ~。
こんなに大量にUPして、見てくれる人いるのかなぁなんて心配しながら・・・(^^;)
記事にするのって時間かかりますよね。
待雪草さんはお忙しいから、なかなか時間が取れないと思います。
あ~!
そうこう言っている内にもう12月ですね。
なんか12月っていうだけで、気があせります。

また、春にお会いするの楽しみにしていますね~♪

2006/11/25 (Sat) 02:11 | EDIT | REPLY |   

みー  

★HUKUHUKUさん★
いつも見に来てくださってありがとうございます。
とてもうれしいです。

秋は実物が多いので、わたしもうれしいです。

>最近、こういう場で働くのも
>いいな~と思う事が多いんです。
わたしの友達のご主人が植物好きなのですが、定年になって、こういう植物園で植物の世話をするのが夢だって話されてるそうですよ。
(バラ園一緒に行った友達・・・。)
なかなかいいかもしれませんね。
重労働でなければ・・・なんて(^^;)

2006/11/25 (Sat) 02:18 | EDIT | REPLY |   

ちか  

おはようございますー!!!
雨のガーデンフィールズレポート楽しく読ませて貰いました!!
やっぱりみーさん今回もいっぱい写真撮られたんですねー!!!
ついつい写真って撮ってしまいますねー私も気づいたら凄い数で写真を選ぶだけでもかなり時間かかってしまいますー(笑)
それと今日のレポートの木の話。すごーく関心しました!!
できるだけ前からあった木を残すようにしてたんですね。
そっか~木にまつわる生態系か~!!納得です。
やはりここは管理がしっかりしてますねー!!!
それとちょっと聞きたかったんだけどポールさんって日本語ぺらぺらなんですか???

2006/11/25 (Sat) 09:14 | REPLY |   

みー  

★ちかちゃん★
おはようございます~♪
見に来てくれてうれしいわ~♪
ありがとう。
写真はほんとに撮り過ぎ・・・(-″-;)
困ったもんです。

木の話はいいお話でしょう?
わたしもなるほどな~と思いました。
公の施設だけど、うちの近所の大きな桜の木が何本も切り倒されて、新しく施設が出来たのよ。
公の施設が充実するのはいいけど、大きな木がなくなるのはすごい損失だよね~。
毎年楽しみにしていた桜だったから、ほんとに残念でした。

ポールさんは、日本語全く支障なくペラペラに話されますよ。
ジョークもいっぱい・・・(^^;)
英語の講演会だったら、じぇんじぇんわかりましぇ~んヽ(*≧m≦*)ノ

2006/11/25 (Sat) 10:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment