秋のホスピタル・パーク

CIMG4763.10.4-3.jpg

(撮影日:2007/10/4)

CIMG5588.2007.11.14.jpg

(撮影日:2007/11/14)

CIMG5465.2007.11.8.jpg

(撮影日:2007/11/8)

以下、撮影日同じ。

CIMG5468.2007.11.8.jpg

CIMG5469.2007.11.8.jpg

CIMG5490.2007.11.8-2.jpg

CIMG5479.2007.11.8.jpg

CIMG5493.2007.11.8.jpg

CIMG5495.2007.11.8.jpg

CIMG5497.2007.11.8.jpg

CIMG5506.2007.11.8.jpg


<近況報告>
11月も半ばを過ぎ、ずいぶん肌寒くなってきました。皆様お元気でお過ごしでしょうか。
病院の植物のUPが続き、薄々お気付きの方もいらっしゃったかと思いますが、あまり楽しい話ではないので、ここでお話するべきかどうか、かなり迷っていました。

実は9月24日に主人に体調異変があり、翌25日にこの労災病院で初めて受診をしました。検査の結果、直腸癌と診断されました。最近は、癌でも本人にあっさりと告知するもんなんですね。
もっとドラマのように、わたしだけ呼ばれて、「ご主人には、お話しますか?」なんて、ものものしく言われるのかと思っていました。
わたしは、実家の父を肺癌で亡くしているのですが、その時は最初に余命三ヶ月と言われ、本当に三ヶ月で亡くなってしまったのですが、最後まで病気のことは本人には話しませんでした。もう20年以上も前の話です。最近は医学が発達して、癌でも治る確率が高く、告知して一緒に治していきましょうという時代になったのかもしれません。

主人はその後、様々な検査を外来で受けていたのですが、発熱が続き、11月7日に緊急入院をしました。熱の原因は腹部の炎症ということがわかり、11日に化膿したところの膿を抜く手術をしました。
そして、これは最初から先生に言われていたことですが、このままだと腸閉塞の可能性もあるということで、人工肛門を付けることになり、15日にその手術をしました。手術は無事終わり、主人も元気です。7日の入院以来10日間、水やお茶は飲んでいましたが、いっさい食事を取ることが出来なかったのですが、今日初めて、おかゆなどを食べることが出来ました。
また、11日以来寝たきり状態でしたが、今日は歩く練習もしました。
先生のお話によると、早ければ今月終わりまでに退院できるだろうと言われましたが、癌治療の方は仕切り直しということのようです。腹部の炎症が治まらないと、手術も出来ないとのこと・・・。検査もまだ全部終わっていないそうです。なんと検査の多いことでしょうね。

そんなこんなで、バタバタな毎日を送っていました。
すっかりオープンに包み隠さずお話してしまいました。申し訳ありません。
近況を書いていたら、闘病記になりそうですね。このブログは園芸のブログなので、なるべく暗い話はしないようにしたいと思いますが、また折あらば、近況をご報告させていただければと思っています。
引き続き、更新が間遠になったり、皆様のところにおじゃますることが、なかなか出来ないかもしれませんが、皆様との交流はわたしの大切な楽しみや励みになっていますので、これからも変わらず、よろしくお付き合いいただければ大変嬉しく思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 夫の闘病記

28 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/18 (Sun) 11:38 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/18 (Sun) 16:39 | REPLY |   

ぽん  

みーちゃん 告白したんだね

二人三脚で これからの闘病、頑張ってください 
体にだけは気をつけて 無理をしないように それだけが心配です

このブログが みーちゃんの休息、癒し、励ましの場になるならば
いくらでも ここで吐露してください

2007/11/18 (Sun) 19:14 | EDIT | REPLY |   

みー  

★11:38の鍵コメさん

主人の場合は、入院前の書類に、告知を希望するかどうかという欄があり、希望しない方に丸を付けたのですが、あの「告知」はなんの告知なのかな?と思いました(^^;)
「余命何ヶ月」とかいう「告知」なんでしょうか?
癌であるかどうかというのは、ほんとにあっさりと告知されますね。
でも、ちゃんと病気と向き合って治していくためには、理性ある大人なら、告知して正しい情報を教えられる方がいいのかもしれません。

ほんとうに生きている限り、病気も付きものですね。
お見舞いいただきありがとうございます。

2007/11/18 (Sun) 19:56 | EDIT | REPLY |   

みー  

★16:39の鍵コメさん

お見舞いいただき、ありがとうございます。
鍵コメさんの義両親様も、ご高齢でも癌告知があったのですね。
ほんとうに、こちらの方が戸惑いますね。
今は、癌=死というものではなくなったということなのだと思います。
お知り合いの方も良かったです。
みなさんからいただくコメントが、とても感激です。
ありがとうございます。

2007/11/18 (Sun) 20:13 | EDIT | REPLY |   

みー  

★ぽんちゃん

そうなのよね~。
どうしようかと思ったのだけど、奥歯にものが挟まった書き方をするのも、なんだか不本意だったので、全部包み隠さず書いてしまいました。
とは言え、昨夜更新ボタンをポチッと押す時、かなり躊躇はしましたが・・・。
オブラートに包まなくてすんません(^^;)

まだまだ闘病は始まったばかりですが、心身共に健康であるよう、介護者も気を付けます。
いつもありがとう。

2007/11/18 (Sun) 20:26 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/18 (Sun) 21:07 | REPLY |   

ジュン  

やはりご主人がご病気なのですね。
ご家族がご病気なんだとは思っていましたが、まさか直腸癌だなんて…。
今までも色々大変だったんですね。本当にお疲れ様です。
私も今年、親戚を含めて3人が大病を患い、祖父は亡くなりましたが
他の二人は無事退院しました。そのうち一人も癌だったんですが、
やっと手術が終わり、これからは検査の日々です。
これから色々検査、検査で大変だと思いますが、ご主人はもとより、みーさんも
元気に頑張って過ごしてくださいね。
陰ながら応援、お祈り致します。

2007/11/18 (Sun) 21:10 | REPLY |   

haniwa  

みーさん そうだったの・・・ぼんさんと同じにブログが癒し、
憩いの場になりますように。。。

うちのツレアイも6年まえに胃を四分の三 切除しました。
ほんとうに簡単に告知されましたよ 本人に知らせるか否かの選択もなしでした。
そのときの思い、それからの思いは忘れようがありません。
くりかえしになりますが少しでもブログで癒されますように。。。
風邪ひかないようにね。

2007/11/18 (Sun) 21:28 | EDIT | REPLY |   

みー  

★21:07の鍵コメさん

心強い応援いただき、とても嬉しいです。
鍵コメさんも、お辛い時期があったかと思いますが、ブログのお仲間は、様々な形で心の支えになったかと思います。
ほんとうに、ありがたいことですね。
お心、充分に伝わりました。
ありがとうございます。

2007/11/18 (Sun) 22:11 | EDIT | REPLY |   

ミュー  

私の思い過ごしであれば良いと思ったのですが、そうだったのですね。
主人の父も腸の癌で手術をしましたが、90才まで元気でした。
主人の兄も、10数年前に腸の癌で人工肛門の手術をしていますが、今もとても元気にしています。
ご主人も手術が終われば、元気になられますよ。
癌という字は見たくない字ですね。これは実感。
今は医学が発達しているので、告知もあるのでしょう。
闘病生活のお世話は本人以上に、大変なことと思いますが、お体に気をつけてください。
ご主人も早く退院が出来ますように、お祈りいたします。

2007/11/18 (Sun) 22:22 | REPLY |   

みー  

★ジュンちゃん

そうなのですよ~。
あからさまに書くのも、どうだかな?と思いましたが、単刀直入でごめんなさい。

ジュンちゃんのまわりでも、大病の方が3人もいらっしゃったのですね。
重なる時は重なるものですよね。
お祖父様は残念でしたが、お二人はお元気になられたようで、良かったです。
主人も、手術が出来るようになればいいのですが・・・。

応援いただいて、ありがとうございます。
健康に気を付けて、頑張ります。

2007/11/18 (Sun) 22:24 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/18 (Sun) 22:28 | REPLY |   

みー  

★haniwaさん

まあ、haniwaさんのご主人も、胃を四分の三 切除されたのですか?
王監督も、全摘だったかと思いますが、今ではお元気で現役復活されていますね。
ご主人の時も、普通に告知されたのですか?
でも、告知されるということは、やはり治るからかもしれませんね。
haniwaさんも大変だったことと思います。

みなさんとこうしてお話しすることが、いつも楽しみになっています。
お付き合いくださって、ありがとうございます。
お見舞いいただき、嬉しいです。

2007/11/19 (Mon) 01:42 | EDIT | REPLY |   

みー  

★ミューさん

まあ!
ご主人のお父様は、癌の手術をされても、90歳までお元気だったのですか?
すごいですね。
お兄様も?
皆様のお話を聞くと、身近でも多くいらっしゃるので、ほんとうにめずらしくない病気になってきたと実感します。
でも、やはり癌と聞くと、いい気持ちがするわけありませんね。
主人の落ち込み具合も、相当なものでしたよ。
ご心配やお見舞いいただき、ありがとうございます。

2007/11/19 (Mon) 01:52 | EDIT | REPLY |   

みー  

★22:28の鍵コメさん

そうなのですよ。
ブログで皆様とお話出来るのは、とても癒しになっています。
ただし、皆様のところにおじゃまする余裕がなくて、ほんとうに申し訳なく残念な限りですが・・・。
鍵コメさんの身近でも、癌の方がいらっしゃるのですね。
でも、お元気になられて何よりです。
お見舞いと、応援いただきありがとうございます。

2007/11/19 (Mon) 01:59 | EDIT | REPLY |   

takumama  

みーさん 心身共に大変でしょうけど 
みーさん自身のお身体も気をつけて下さいね

うまく気持ちを伝えられないけど、、応援しています

2007/11/19 (Mon) 08:21 | EDIT | REPLY |   

mikan  

みーさんもお体大事にしてくださいね
なんてコメントしたらみーさんの励ましになるのだろうと思いつつ、ただただ良い方向に向かう事だけをお祈り申し上げます。

うちは姉がもう10年位前になるのかな、子宮がんで入院し完治しました。
今も元気に保母さんしてます。
明るく穏やかな生活が一番のようです。
がんばれ!パパ!  

2007/11/19 (Mon) 13:19 | REPLY |   

みーすけ  

みーさん、こんばんわ。
みーすけです。
記事を読んで驚きました。
みーさんは、いつも明るいのでそんな大変な状況だなんて思ってもいませんでした。
旦那さん、とても心配ですね。
心から良くなる事をお祈りしています。
みーさんには、娘さんもみーちゃんもついているので、一人で抱え込まずに発散しながら、旦那さんの病気と闘って下さい。
私には何も出来ないけれど、みーさんの心が癒されるのなら、いつでもおばかなお話しますよf(^ー^;
ブログで弱音を吐いて元気になるなら、みんなおつき合いしてくれると思います。
旦那さん、絶対治ります!愛する妻、可愛いみーさんがいるのですから!!頑張って下さい←とお伝え下さい

2007/11/19 (Mon) 17:35 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/19 (Mon) 19:20 | REPLY |   

みー  

★takumamaさん

ありがとうございます。
今日は、朝7時20分頃家を出て、帰ったのがさっき7時でした。
こんな日ばかりではありませんが、具合が悪いわけではないのに、寂しいらしく、男の人はダメですね。
お陰で家の中がひっくり返ってきました(あ、それはいつも?^^;)
明日は、ちょっと朝遅くに行かしてもらうことにしました。
帰って来てもきっと大変でしょうが、病院通いもなかなか大変ですね。

2007/11/19 (Mon) 19:35 | EDIT | REPLY |   

みー  

★mikanさん

まあ!
mikanさんのお姉様は、子宮がんが完治してお元気になられたのですか?
良かったですね~。
身の回りに、結構いらっしゃるものですね。
今や治る病気になってきたので、恐れることはありませんね。

応援、ありがとうございます。
ちょっとへなちょこパパですが、カツを入れておきます(^^;)

2007/11/19 (Mon) 19:42 | EDIT | REPLY |   

みー  

★みーすけちゃん

こんばんは~!
そんなこんなで、ちょっとバタバタとしていたのですよ。
おかしなもので、ペットの不調のことは、ためらいもなく書けるのですが、人間の不調の話は、なかなか書けないものです。
深刻になっちゃうからかな?
でも、病気の話は恥ずかしいことではないので、包み隠さず書いてしまいました。
ブログは楽しいものにしたいとは思っていますが、出来る限り正直に書きたいと思っています。
個人的な話で申し訳ありませんが、たまには弱音を吐いちゃうかもね・・・。
おばかな話も、めちゃめちゃ嬉しいです♪
みーすけちゃんのブログで、また笑わせてください!(*'-'*)エヘヘ
応援、ありがとうございますね。

あ、そうそう!
わたしが一日中いないもんで、みーちゃんがずいぶん寂しがっているのですよ。
病院に何度か泊まったのですが、次女が帰ったらベッタリ甘えて大変だそうです。

2007/11/19 (Mon) 20:05 | EDIT | REPLY |   

みー  

★19:20の鍵コメさん

ありがとうございます。
全然ブログにおじゃま出来ないでごめんね・・・。
そちらも、大変だったのですね。
ほんとに病院にいてくれた方が、絶対安心だわ。
だんだん寒くなって来たので、お互い風邪には気を付けましょうね。

2007/11/19 (Mon) 20:17 | EDIT | REPLY |   

kuriko  

みーさんの素敵な写真に見とれて、まったく分かりませんでした。
私の父は、食道癌でした。
次女が予定日より早く生まれたので、顔を見てもらえました。
二十歳なので、二十年経ったんですねぇ。
もう私が父の歳に近づいています。
家族が具合が悪いと、本当に心配ですね。
優しいみーさんに傍にいてほしい気持ち分かります。
なるべく居てあげてください。
みーさんも無理しないで、手抜きして下さいね。

2007/11/20 (Tue) 00:49 | EDIT | REPLY |   

みー  

★kurikoさん

kurikoさんのお父様は食道癌だったのですか?
20年前?
なんだか、わたしと似ていますね。
名前もですが・・・(^^;)
主人はほんとうにちょっと心の弱い人なんです。
だいたい女の人の方が肝が据わっているものですが、男の人って、結構もろかったりしませんか?
入院前はしおらしかったのに、入院後は急に亭主関白になったり・・・。
おかしいですね。

2007/11/20 (Tue) 01:07 | EDIT | REPLY |   

yoko  

ちょっとご無沙汰している間にみーさん、大変だったんですね。
労災病院だ~~懐かしい~~ってお気楽に見ていて
記事読んで本当に吃驚しました。
淡々と(決してそうではないのにあえて)書かれているみーさんの心境を思うと
胸が詰まりました。
ご夫婦で頑張って癌と戦ってくださいね。
旦那様の快復を心より祈っています。
義父も17年前に同じ病気で手術しましたが
とても元気にすごしていますよ。
人工肛門は奥様が大変かもしれませんが
頑張ってくださいね~~陰ながら応援しています。
労災病院のお花達がみーさんの心も癒してくれるといいな。

2007/11/20 (Tue) 08:14 | EDIT | REPLY |   

みー  

★yokoさん

こちらこそ、すっかりご無沙汰してしまって申し訳ありません。
労災病院のホスピタル・パークは、yokoさんのブログで初めて様子を教えていただき、たまたまお友達との待ち合わせ場所だったので、6月に行った時写真を撮りました。
記事をリンクさせていただいたのに、ごあいさつもなく、ごめんなさいでした。

yokoさんのお義父様も、同じご病気だったのですか?
お元気になられて、ほんとうに良かったですね。
きのう初めて人工肛門の処理について、看護婦さんに教えていただいたのですよ。
なかなか、自分は人工肛門ですなんて言っている人はいなし、プライバシーなので正面切って聞ける話ではないので、よほど身近な人でない限り、馴染みのないものですよね。
でも、結構たくさんいらっしゃるようですし、みなさん普通に生活していらっしゃると看護婦さんにお聞きしました。
運命共同体、二人三脚で頑張っていきたいと思います。
たまたま行った病院ですが、たくさんのお花や木々が、ゆっくり見る時間はあまりなくても癒されます。

応援いただき、とても嬉しいです。
ありがとうございます。
全然、皆様のブログにおじゃま出来なくて申し訳なく思っていますが、またゆとりが出来ましたらおじゃまさせてくださいね。

2007/11/20 (Tue) 08:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment