実家の植物 その1

20060424164644.jpg

実家の母も花が好きでたくさん育てていましたが、昨年病気をしてから土を運んだり重い鉢を移動させたりが危なくて、ずいぶん整理してしまいました。家の前を通る方が「お花を見るのを楽しみに通っていたのに、もうされないのですか?」などと言われると聞けば、残念だなとは思いますが致し方ありません。健康で、じっとしているのを見たことがないくらい働き者の母でしたが、寄る年波には勝てませんね。2年前にはふとした事から玄関先で転倒して大腿骨骨折という事態も経験しました。母のイメージはいつまでも若くて元気というものでしたが、修正を余儀なくされるここ数年です。
そんな訳で庭の植物は鉢物がたくさんありましたが、整理して手の掛からないものにして行っています。もっと近ければ頻繁に来て庭の整理をしたいところですが、なかなか思うに任せないのが残念です。

シロヤマブキ(白山吹)
(学名)Rhodotypos scandens
バラ科シロヤマブキ属
原産地:中国、朝鮮半島、日本(中国地方)
落葉低木

上の植物はシロヤマブキですが、黄色い花の咲くヤマブキ(Kerria japonica)とは別種だそうです。以前1月23日のブログでUPした北山植物園(その2)の中の四つ並んだ黒い実の植物の花です。(な~んだ。実家にあったんじゃん!^^;)結構大きな株になってたくさんの花を付けていました。

20060424174043.jpg

ツルニチニチソウ(蔓日日草)
(学名)Vinca major 
(英名)greater periwinkle
キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属
常緑蔓性半低木
原産地:地中海地方

ありふれた植物(雑草に近い ^^;)ですが、斑入りの葉と水色の花が辺りを明るくして、なかなか捨てたもんではないなと改めて思います。地植えですので伸び伸び育っています(^^;)
学名のVinca(ビンカ)は、ラテン語の「vincire(結ぶ、巻き付く)」が語源とのことで、茎が柔らかく曲がりやすいことから付いたそうです。調べてみると、ヨーロッパでは、「蔓日日草を身につけていると悪いものを寄せつけず、繁栄と幸福をもたらしてくれる」という言い伝えがあるのだそうです。また、常緑で冬の間も枯れないので不死の力や魔力を持っていると信じられていたそうです。(・0・。) ほほーっ?!

20060424180422.jpg

このスミレは名前がわかりません。いつか植えたのが毎年あちこちからこぼれダネで出て来ているようです。弱いスミレもありますが、ほっといても出て来るものはなかなか重宝なものです。切れ込みの深いかわいい葉っぱ、なんでしょか??
 
*追記4/25 さくらさんから切れ込みの葉っぱの植物はアメリカフウロか姫フウロではないかとの情報をいただきました。姫フウロではなさそうですので、アメリカフウロと思われます。ありがとうございました。

アメリカフウロ
(学名)Geranium carolinianum
(英名)Carolina geranium
フウロソウ科フウロソウ属
原産地:北アメリカ

アメリカフウロはほとんど雑草扱いですが、葉っぱは意外にもかわいらしく、わたしも昔前年に植えたゲルマニウムのこぼれダネだと思って大事にしていたらこれだったという記憶がよみがえりました。アメリカフウロは70年程前の昭和初期に、京都市伏見区深草で初めて見つかったとされているそうです。

20060424184929.jpg

プリムラマラコイデス
(学名)Primula malacoides
(英名)Pairy primrose
(和名)オトメザクラ
サクラソウ科
原産地:中国

多分ウグイス系と思われます。これもこぼれダネで毎年出て来るので母はいつもたくさん育てていましたが、今年はこの一鉢だけでした。一鉢あるだけでも庭が華やかになります。
ところで下の植物はなんでしょう。18日に来た時にはつぼみだったのですが、咲いてみると思いがけず赤い花・・・。背丈は花まで入れても25㎝くらいでしょうか。母は名前を忘れたそうです。

20060424185303.jpg

20060424185454.jpg


中はチョー派手な黒と黄色で、見つめていると吸い込まれそうです
(^^;)つぼみは一見枯れてるのかと思うような赤茶色のケバケバに覆われています。


*追記4/25 Tokoちゃんからスパラキシスとの情報をいただきました。
ありがとうございました。


スパラキシス
(学名)Sparaxis Cultivar.
(別名)スイセンアヤメ
アヤメ科スパラキシス属
多年草、球根草
原産地:南アフリカケープ地方

花の基部黄色の発色は、受粉を成功させるために昆虫に蜜の所在を示すマークになっているのだそうです。

 実家の植物

5 Comments

さくら  

みーさんの植物好きはお母様ゆずりなのですね。
とても素敵なお花を育てていらっしゃるのですね。
きれこみの葉っぱはアメリカフウロか姫フウロかな。
シロヤマブキは葉もいいですね。

2006/04/24 (Mon) 22:27 | REPLY |   

み-  

さくらさん、コメントありがとうございます。
実は花好きはどちらが先かわかりませんが、小さい頃家の庭にバラの花がたくさん咲いているのを覚えていますのでやはり母でしょうか。
その後わたしがセントポーリアに熱中していた頃は、母もワーディアンケースを買ってたくさん育てていましたね。
庭の植物に移行してからは、わたしが毎年苗を見繕って送ったりしていました。
母はそれをとても喜んでくれ、次はこんなの送ってなどとリクエストしてくれたりしていました。
またリハビリも兼ね、少しずつでも再開できればいいなと思っています。

2006/04/25 (Tue) 08:51 | EDIT | REPLY |   

Toko  

おはようございます。
お庭のお花、どれも綺麗に咲いていて、
お身体に無理がかからないような範囲で楽しめるようになるといいですね。

最後の写真の赤い花は、『スパラキシス』という花だと思います。
ブログ友達のお庭で見せてもらいました^^
ビビットな色が綺麗ですね~♪

2006/04/25 (Tue) 09:30 | EDIT | REPLY |   

み-  

字数がいっぱいになり、書きそびれてしまいました。
さくらさん、切れ込みのある葉っぱの植物の情報ありがとうございます。
多分アメリカフウロなのでしょうね。
昔庭にたくさん生えて来て、大切にしていたらアメリカフウロでがっかりしたという思い出があります(;^_^A
雑草ですが、葉っぱがやけにかわいいですよね。母の庭にもたくさん生えて来ています(^o^;

2006/04/25 (Tue) 11:29 | EDIT | REPLY |   

み-  

Tokoちゃん、カキコありがとう(o^o^o)
なぞの植物はスパラキシスって言うんだね。
どうもありがとです♪
母の庭も来た時にはつぼみだったものも、次々に咲いて来ています。
この時期は成長の激しい時期ですよね。
自分の庭の植物も気になりつつ…(;^_^A
今日はこれから2回目のカテーテル治療です。
今度はトラブルがありませんように…。

2006/04/25 (Tue) 11:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment