FC2ブログ

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』

09030102_X_Men_Origins_Wolverine_Poster_00.jpg『96時間』を見た次の日、映画を見るつもりはなかったのですが、次女に誘われて、3日連続映画鑑賞をしてしまいました
映画三昧ですね
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』を見て来ました

『X‐Men』は、ご存知のように、1963年に初登場したアメリカン・コミックです。
最初はあまり人気が出なかったそうですが、1975年に登場人物(正確には、登場ミュータント)を再編成してからは、最も人気のあるシリーズのひとつとなったそうです。
ウルヴァリンは、1974年、第180号に初登場とのこと。

1990年代からは、フィギュア、アニメ、ゲームなど、マルチメディアに活発な展開をされました。
知らなかったのですが、日本でも、1994年から1995年に、アニメがテレビ東京系で放映されたそうですね。
コミックは、40年以上に渡って、4億冊以上を売り上げるアメコミ史上第1位のベストセラーとなっているそうです。

わたしが、初めて『X-Men』を知ったのは、2000年に公開された映画『X-メン』からでした。
その後、2003年に『X-MEN2』、2006年に『X-MEN:ファイナル デシジョン』が公開され、ひとまず完結しましたが、『スターウォーズ』『バッドマン』『007』などのように、『X-MEN』もビギニングものが作られました。
それが、今回の『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』です。
事実上X-MENシリーズの主役と言ってもいい存在のウルヴァリンのルーツが掘り下げられています。

わたし、ウルヴァリン大好きなんですよね~(⌒◇⌒;)
アウトローで、どこか陰があり、凶暴なんだけど心の底には優しさを秘めている・・・
演じるヒュー・ジャックマンも、惚れ込んだキャラクターらしくて、この作品ではプロデューサーも務め、その意欲は並大抵のものではなかったようです。

333627view001.jpg彼は、ウルヴァリンを演じる時に、「本当は、グッドガイだけどナイスガイではない男」と、心がけているそうですが、まさしくそんな感じのキャラクターかもしれません。

以前、『オーストラリア』を見に行った時に、調べていて知り、記事にも書いたのですが、ウルヴァリンの役は最初は彼ではなかったらしいですね。
『ディープ・インパクト』(’98)、『ミッション・インポッシブル2』(’00)、『ヒットマン』(’07)などのダグレイ・スコットが、キャスティングされていたようです。
『ミッション・インポッシブル2』の撮影が2ヶ月延長されて、疲れ切っていたダグレイに代わって、急遽ジャックマンが抜擢されたそうです。

また、原作コミックのウルヴァリンは、老成したイメージで、「チビ」というあだ名が付けられるくらい猫背で小柄な外観・・・設定は160センチ前後・・・なのだそうですが、ジャックマンは、189センチの長身ですよね。
最初は、彼を実際の身長より低く見せるように、いろいろな工夫がされたらしいです。
びっくりですね

333627view006.jpgそんな苦労に報いるように、最初の作品『X‐メン』は、公開と同時に大ヒットとなり、ジャックマンは、スターダムを駆け上がりました
今では、ウルヴァリンと言えば、ヒュー・ジャックマンです

本作では、過酷なトレーニングに1年の歳月をかけて、ウルヴァリンにふさわしい肉体作りに務めたとのことで、改めて、こんなにぴったりなはまり役はないと思わせる、完璧なウルヴァリンぶりだったと思います

ストーリーは、見てのお楽しみですが(^^;)、ウルヴァリンの悲しい過去が描かれています。
宿命の兄弟セイバー・トゥースや改造手術を施され、究極のミュータントと化したデッド・プールとの戦いも圧巻です。
他にも、いろいろなミュータントが登場していますが、ファンの間では、長年映画への登場が待たれていたものの、ウルヴァリンとキャラがかぶるとして見送られていたガンビットが、初登場します。
演じるのは、1981年、カナダ・バンクーバー生まれのテイラー・キッチュです。
画面に現れた時、ジョニー・デップにイメージが似ていると思ったのは、わたしだけ?(^^;)

http://cinema-blog.nifty.com/cs/catalog/cinema-blog_topics/catalog_081201000618_1.htm

333627view020.jpg監督は、意外な感じですが、アパルトヘイト後も続く南アフリカの過酷な現状と未来への希望を見つめ、第78回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品『ツォツィ』(’05)を監督したギャヴィン・フッドです。
フッドの人物の描き方に惚れ込んだという、ジャックマンのラブ・コールにより、異色の大抜擢が実現されたそうです。
『ツォツィ』は、見ていませんが、こちらはイメージの全く違うド派手な映画で、監督さんってすごいなぁと思いました。
ジャックマンは、パワフルなアクションだけでなく、ウルヴァリンの心の中の葛藤をきちんと描いた映画にしたかったようです。

映画、おもしろかったですよ~
ウルヴァリンのファンということもありますが(;´ω`)ゞ、最強の男たちの壮絶なバトルだけでなく、ストーリー楽しめました

『ウルヴァリン』は、全世界で大ヒットし、今後もさらなる映画化の予定があるそうです。
『マグニートー』、『デッドプール』、さらには若き日のX-MENを描く『X-MEN:First Class』が、『ブレイド3』(’04)や、『バッドマン ビギンズ』(’05)などのデヴィッド・S・ゴイヤー監督の元、現在企画中だそうです。
X-MENフリークには、目が離せませんね

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』オフィシャルサイト

09091302_X_Men_Origins_Wolverine_00.jpg
X-MenCharacterLikenessesTM&(C)2009MarvelCharacters,Inc.Allrightsreserved.TMand(C)2009
TwentiethCenturyFoxFilmCorporation.Allrightsreserved.

にほんブログ村 映画ブログへ

 映画 あ行

4 Comments

ムク  

懐かしい

みーさん、こんばんはーe-320
昨日テレビで2やってましたネv-218
1はもう9年も前ですかーe-330
友達とその子の彼と三人で暇してて観に行った思い出がありますe-420
当時ヒュージャックマンは勿論、ハルベリーも無名(だったような?)で、期待していなかったのに
凄く面白い映画でDVD買いましたもの。
映画館では金属音にいちいちビックリしてましたっけe-260
2002年に病気してからあまり映画館に行かなくなってしまったので2はテレビでしか観たことありませんe-452
zeroもテレビ待ちe-330

某朝の情報番組にヒュージャックマンが生出演されてましたけど、流石!ハリウッドセレブe-451レディーファーストだし、仕事と家族どっちが大事?と聞かれたらファミリーだv-218と即答していて益々高感度アップでしたヨe-272

2009/09/21 (Mon) 20:24 | EDIT | REPLY |   

みー  

★ムクちゃん

こんばんは~e-343
そうそう!
昨日、2やってましたねe-288
ムクちゃん、1、お友達と見に行ったの?
わたし、X-MEN、大好きなんだけど、映画館で見たのは今度のZEROが、初めてだったかも・・・e-351
1は、DVDも買ったんだね。
わたしも、映画館で見たいと思っていても、見逃すことが多くてね・・・i-6
ZERO、早くテレビでやるといいねv-218

お~!
ヒュー・ジャックマンが、テレビの番組に生出演してたの?
それは、日本の番組?
見てないわe-350v-356
ジャックマンは、とっても紳士的な人みたいですね。
アカデミー賞の司会なんかもして、とても評判が良かったらしいですv-354

2009/09/21 (Mon) 21:05 | EDIT | REPLY |   

kuriko  

お~~脅威の3連ちゃん!
ホントに映画が好きなんだねぇ~
2、やってましたね。
テレビだと途中で席を立ったりして何回見ても新鮮だよ。
3回くらい見ると筋が分かるかな~
映画好きには考えられないね。笑

今日は「おくりびと」やってたね。
映画館で見た人も多いんでしょうね。

2009/09/22 (Tue) 00:43 | EDIT | REPLY |   

みー  

★kurikoさん

えへへ・・・。
ほんと、めずらしく、3連ちゃん・・・。
きのう、2やってたね。
わたし、夜は強い方なのに、自慢じゃないけど
家で夜映画見てたら、決まって寝ちゃうのよねぇ・・・(@@;)
きのうも寝ちゃってた。
その前も、アイ・ロボットかなんかやってたけど、途中から寝てた・・・(ーー;)
これだから、いつも見たのか見てないのかわからないような状態なのよね。
ほんと、何回見ても、新鮮と言えば新鮮か・・・(^^;)
家で見ると、2時間前後、テレビから目を離さずに座ってるっていうのは
まず不可能だもんね。

おくりびとは、見れなかったわ。
今度、ゆっくり見たいです。

2009/09/22 (Tue) 01:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment